足助観光協会ブログ

2010.01.27

もち花

a9.jpg  おひなさん開催まで10日ほどとなりました。足助の町の中もそろそろおひなさんの準備に入るお宅も出てきているようです。  さて、毎年、おひなさんに欠かせないのはもち花などのお飾りですね。 観光協会では、おとといからおひなさんの拠点会場に飾るもち花を作っています。 花の咲かないこの冬の時期、もち花はおひなさんを華やかにしてくれる重要な役割があります。これがあるとないのとではぜんぜん違うんですよ〜。

 もち花と一言で言っても名前を初めて聞く方にはよく分からないと思いますが、足助ではもち花というと色粉を混ぜて作ったお餅を柳の枝や笹竹に付けて、花のように似せて作ったものです。 作り方は簡単で、まずはお餅を温めて柔らかくし、よく揉んで粘土のような状態にします。 冷めて固くならないうちに手で小さくちぎって枝に付けていくんですが、お餅を枝に付けるときに大きな粒ばかりで付けてしまうと枝がしなりすぎて花のように見えないので、粒を小さく付けていくのがベストです。そうすると上品に見えます。  また、付ける色も重要で、普通は紅白、黄色、緑が一般ですが、青や紫などの冷色系で作ってしまうと寒々しくなってしまうので、注意が必要です。一枝の配色、配置の方法も結構重要です。たとえば、色を赤赤白白、粒が1センチ間隔なんていう付け方をすると見栄えがよくありません。 もし、ご家庭で作られるときは以上のことを気をつけてみてくださいね。

a10.jpg  もち花は、おひなさん期間中に足助の町の中で、売られていたり、教室を開いて体験ができるところがありますよ。詳しくは足助観光協会までお問合せ下さい。


2010.01.22

中馬のおひなさんマップできました!!

01.jpg  みなさん、お待たせしました!! 大変遅れましたが、今年の中馬のおひなさんのマップがやっとできました。 今年もカラーB3サイズで作りましたので、見やすい大きさになっています。 香嵐渓周辺の公営駐車場、足助交流館、本町区民館などの拠点、展示協力のお店・民家に配布します。  また、観光協会ホームページからもダウンロードできるようにしますので、ぜひこれを入手して、おひなさん見学を楽しんでくださいね。

ちなみに、中馬のおひなさんは2月6日(土)〜3月7日(日)です。皆様のお越しをお待ちしております。


2010.01.12

カタクリの群生地 枯れ枝拾い

20100112-1.jpg  今日は、毎年恒例のカタクリの群生地枯れ枝拾いの日。 カタクリの花が無事、3月の開花期に咲いてくれることを祈りながら、豊田市役所足助支所と、地元『香嵐渓を愛する会』のメンバーの方々と山に入って、もみじや杉の枯れ(落ち)枝を拾いました。

20100112-2.jpg カタクリの群生地は香嵐渓・西町第2駐車場の近く、飯盛山のふもとから中腹までなので、普通に道を歩いてほんの5分ほどなんですが、柵の中に入って、山の斜面を枝を拾いながらいくのはそれとはぜんぜん違い、本当に疲れます。厚着していたので、背中に汗をかいてしまいました。

20100112-3.jpg 昨年の台風と年末の雪の影響があり、太くて長い枝がゴロゴロ落ちてました。 こういう枝を放置していてはカタクリの開花に悪影響を及ぼしてしまうので、早速、除去。 これくらいの枝でも結構、重いんですよね。

20100112-4.jpg 開始から30分、早速、上から狭い山道を二束抱えて下へ降りていくメンバーの方。

20100112-5.jpg 下で枝を下ろして、また上がっての繰り返し。大変な作業です。

20100112-6.jpg 道沿いに除けられた枝の束、まだまだこんなものじゃないです。これからたくさん出てきます。

20100112-7.jpg 作業のしっぱなしは足腰に悪いので、ちょっとみんなで休憩。お茶を飲んでホッと一息。

20100112-8.jpg 作業再開!! 太子堂や遊歩道の落ち葉もお掃除。

20100112-9.jpg

20100112-10.jpg 上から見下ろすと結構、広いものです。 3月中ごろになるとカタクリの花々で一面が埋め尽くされます。

20100112-11.jpg 足助支所、愛する会のみなさんの努力の結果、普通トラック約3台分の枝を集めました。 毎年、これくらい出るんですよ〜。でも、今年はちょっと多かったかな。 これで、カタクリも元気に芽を出して、私たちにかわいらしい姿を見せてくれるでしょう。

みなさん、お疲れ様でした。


2010.01.07

足助八幡宮七草粥

遅くなりましたが、皆さん明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。 年が明けて、早くも7日過ぎてしまいました。時が過ぎるのは本当に早いものです。  さて、今日は1月7日ということで、毎年恒例となりました『足助八幡宮七草粥』の振る舞い(無料)がAT21クラブの主催で行われました。 春の七草は文字通り、7種類の植物で構成されていますが、皆さん、全部答えられますか? 答えは今日のブログの最後にお答えします。

a1.jpg 今日は朝から細かい雪が降り、とても寒い朝を迎えました。 天気が悪いと参拝者の方々の出足が少なくなるので、お粥が余ってしまったらどうしようかと心配しながら振る舞いの準備をしていましたが、朝も10時を過ぎるとだんだんと人出が増えてきて、お粥の振る舞いを待つ人でいっぱいになってきました。

a2.JPG 11時ごろには、地元の老人会の方もお見えになって境内はにぎやかになってきたので、定刻には少し早いですが、振る舞いを始めました。

a3.jpg 振る舞いを始めるとすぐにお客さんがつめ掛け、絵馬殿の席がいっぱいになってしまいました。

a4.JPG お席では、おじいさんやおばあさんが無病息災を願いながら、静かに召し上がっていました。 みなさんにおいしく食べていただいているのを見ると本当にうれしいですね。

a5.JPG  さて、絵馬殿の外では、正月飾りのお餅を揚げて軽く塩を振ったお菓子『ぼろ』(足助ではこう呼んでいます)というものを参拝にみえたお客様に無料で配布しました。 このぼろは八幡さんのお供え餅のお下がりも入っているので、縁起のよいお菓子としてお客さんに喜ばれます。

a6.JPG 今年はどういうわけか長蛇の列が!! すごいです!!

a7.JPG あまりの列にお餅が揚げきれず、待ってもらわなければいけないことがしばしば。 とうとう揚げるお餅もなくなってしまったので、急遽、若い衆がせっせと堅いお餅を鉈で砕いていました。 私もお手伝いしましたが、ものすごく堅かったです。若い衆のみなさん、ご苦労様でした。

いつも余ってしまうお餅が、今回はきれいになくなってしまいました。こんなにうれしいことはありませんね。みなさん、ありがとうございました。

a8.JPG さぁて、最後に、七草の答えです。 上から順番にゴギョウ、ナズナ、セリ、ハコベラ、スズナ、スズシロ、ホトケノザでした。 ちなみに、私は6つまでしか言えませんでした。残念。 来年はありがたくお粥がいただけるように、しっかりと覚えておきたいものです。


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424