足助観光協会ブログ

2010.08.22

「月見の会」参加者受付中

今年の「月見の会」は9月22日(水)の中秋の名月に開催します。 この会では、足助の料理人たちが腕によりをかけて月見料理を提供します。 そして、今年は、ビオリラの生演奏が行われます。 風情ある秋を楽しむ催しに、参加してみてはいかがでしょうか。 受付は、先着100名様までとなっておりますので、お電話にてお早めにお申込ください。

開催日 9月22日(水) 時 間 受付18:00〜     開宴18:30  場 所 香嵐渓広場 参加費 1名3,800円 申込先 足助観光協会 0565−62−1272   _MG_8993.jpg

_MG_9057.jpg

_MG_9054.jpg

IMG_7491.JPG

昨年の演奏はギターのデュオでした。 演奏が雰囲気を高めてくれました。


2010.08.16

香嵐渓地蔵まつりが行われました

 お盆も過ぎ、夏休みもあと半月となりました。早いものですねぇ。  さて、昨日15日は足助夏まつりの最終日ということで、西町区の地蔵まつりが行われました。 地蔵まつりは、香嵐渓の入り口にあるお地蔵さんのおまつりで、灯篭流しや金魚花火、盆踊りが行われます。  ただ、昨日は、灯篭流しが始まる7時ぐらいからちょうど雨が降り、出足が遅れてしまいましたが、消防団の方の協力もあって何とか行うことができました。 tourou2010.jpg 雨が降らなければ、ロウソクの火も長く持ち、もっと綺麗に見えたんですが、残念です。

kingyo_fw2010.jpg 金魚花火です。 雨は関係ないので、通常通り行われました。 ただ、風があまりなかったので、煙が充満してちょっと見えづらかったです。

bonodori2010.jpg  最後に盆踊りです。 足助音頭や香嵐渓音頭、綾渡おどりなどが西町の住民の方々が中心になって踊られました。 中には、たまたま遊びにこられたお客さんも一緒になって踊りを楽しんでいました。

 この地蔵まつりでたんころりん、綾渡の夜念仏を含む、8月のイベントは締めくくられたわけですが、9月からは、栗拾いに、芸術さんぽ、月見の会、10月は夢里まつり、足助まつり、11月は紅葉シーズンとこの後も足助にはいろんなイベントやお祭りが控えていますので、また遊びに来てくださいね。


2010.08.14

足助夏まつり 開催中!!

只今、足助の町並みでは夏祭り真っ最中!! 特に、昨日、今日は、たんころりんと足助川万灯まつりが行われますので、町の中は大変にぎわいます。 %A3%C821mantou-1.jpg これは足助川での様子。万灯まつりが開催されており、川の遊歩道に約7千個のロウソクが灯されます。 川の遊歩道には自由に降りられますが、少し、危険なところがありますので、散歩されるときは足元に十分ご注意下さい。 また、カメラマンの方にお願い。遊歩道は歩かれる方が優先となります。遊歩道は狭いですので、撮影されるときは十分、配慮してください。

%A3%C821mantou-2.jpg 毎年のことですが、14日はたんころりん、万灯まつり、花火大会と3つのイベントが一気に楽しめるので町の通りがこんなに人でいっぱいに!! 一年で一番大賑わいする夜です。町ごとでいろいろな出店が出ますよ。

%A3%C821mantou-3.jpg たんころりんの会さんのガレージでの様子。 ここでは、大きいものから小さいものまでいろんなたんころりんが並べられます。 噂によると、かぶりもののたんころりんがあって、会の方にお願いすると実際にかぶることができるようですよ・・・・。

%A3%C821mantou-4.jpg 最後に、六地蔵公園からの花火の様子。 六地蔵公園は、花火が一番綺麗に見られるところで人気のスポットですが、どこの橋の上からでも綺麗に見えるそうです。打ち上げは夜8時半から9時ごろまでです。 都会の花火のようにたくさんの打ち上げができませんが、数が少ないながらも、山の間から見える花火は、大変趣がありますよ。

 今日は、ちょっと雨の心配がありますが、花火は少しくらいの雨ならば、打ち上げるそうです。 ただ、万灯まつりの方は雨が降ってしまうと火が消えてしまうので、途中で雨が降ってしまうと終了となってしまいます。  また、たんころりんの場合は、雨が降っても行いますが、普段よりも灯される数が減ってしまうので、その時はご了承下さい。

それではみなさん、雨が降らないように祈って、お祭りを楽しんでくださいね。

 明日、15日はたんころりんの最終日、また、香嵐渓にて「灯篭流し」が行われますので、こちらも是非、遊びに来てくださいね。

※ 写真は昨年のものです


2010.08.11

射的屋さん登場

P8071092.JPG

たんころりんの開催時間に合わせて、射的屋さんが登場しました。 なつかしの射的。 子供さんだけではなく、お父さん達にも大人気でした。 レトロな景品もあり、店主のこだわりが見えますよ。 射的の隣では、駄菓子を販売してました。 ちょっとタイムスリップした感じです。 お越しの際は、射的にチャレンジして、昭和な感じを満喫してみては? 8月15日までの営業です。 お間違いなく。

 092.jpg


2010.08.06

足助の町並みに新たなお店ができました

 こんちはっ、毎日暑いですねぇ。山里・足助でも毎日、30度以上を越える日が連日・・・。 もう外を歩くのも嫌になります。

さて、今日は、皆さんに耳寄りなお知らせがあります。実は、足助の町並みに新しく洒落たお店ができたんです。

shioza20100806-1.jpg みなさん、田町という場所はわかりますか? 中馬館や赤い大鳥居がある町なんですが、ちょうど通りの真ん中付近に『塩座』さんというお店ができました(中馬館の近くですよ)。

 かつて、足助が中馬街道の中継地、宿場町として栄えていた頃、ここは塩問屋を営まれていました。当時は、三河湾で取れた塩、産地の違う塩をブレンドし(足助直し)、馬で信州までの険しい道のりを運んでいきやすいように荷を積みなおしたそうです。

 しかし、時代の流れとともに中馬街道も鉄道や車などの交通機関の発達により衰退し、塩の流通の形も変わっていきました。それにより塩問屋も閉じられ、長い間、商売もお休みされていました。

 ところが、今回、建物の修復に合せて、お店を再開されました。

shioza20100806-2.jpg  中に入ると、出来立てホヤホヤの土壁の香りがします(このにほひ大好きです)。 入口を入ってすぐのところに、商品がズラリと並べられています。 もちろん、置いてある商品も塩問屋だったということで、塩が売られています。 看板商品は、復刻版「足助直し」!! 当時の製法にできるだけ近づけて、今回復活しました。昔ながらの足助の味。 この時期、スイカや枝豆などで是非、ご賞味ください。 

shioza20100806-3.jpg 塩だけでなくて、昔懐かしいお菓子やお漬物、籠や洗濯板など、昔の道具も売ってます。

shioza20100806-4.jpg お店の奥は、ちょっとしたギャラリーになっています。 町並みの写真かなぁと思ってよく見てみると、実は精密に描かれた絵がずらりと並んでいました。 座敷もありまして、囲炉裏のようなものがありましたが、どう利用するか検討中だとか。 これからどんなお店になるのか楽しみです。

shioza20100806-5.jpg この日はたんころりんのイベントがありましたので、夜も営業されていました。

shioza20100806-6.jpg お店の軒に座って眺めるのもなかなか風情があります。なんか新鮮です。 みなさん、田町にお越しの際は是非、塩座にお立ち寄りくださいね。

●『足助まいど商店・塩座』● <住 所>豊田市足助町田町10番地 電話0565-62-1205 <営業日>金・土・日・月 午前10時〜午後5時 ※但し、「たんころりんの夕涼み」イベント期間中(8/7〜8/15)は、無休です。   時間も午前10時〜午後9時まで延長します。   お向かいの、不思議で奇妙なかわいい小物屋『ひつじ堂』にも寄ってみてくださいねぇ〜。


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424