豊田市足助観光協会ブログ

2011.02.16

おひなさんハガキ、ポスター、只今販売中です

お知らせです。 足助観光協会では毎年、からさわてるふみさんが描かれた絵のポスターを作製しておりますが、今年もそれを絵ハガキにして皆さんに販売しております。

hagaki22bara.JPG これは今年22年度のポスターの絵柄、「八重垣姫と武田勝頼」の絵ハガキ・バラ版(1枚60円)です。

hagakiseta.JPG こちらは平成17年度〜22年度(6枚入りセット300円)です。 今年度のハガキが入っていますので、一番人気ですよ。

hagakisetb.JPG こちらは平成11年度〜16年度(6枚入りセット200円)です。 残念ながら初回ポスターからではなく、2回目ポスターからのものとなりますので、新年度セットと同じ枚数ですが、100円お安くしてあります。

足助交流館・本町区民館(土びな会場)・足助観光協会にて販売中です(3/6まで)。 もちろん、今年度ポスター(B1サイズ)も1枚300円で販売いたしております。 おひなさんめぐりの記念にいかがでしょうか?


2011.02.15

連休のおひなさん

おひなさん開始から2週目の日曜日。 3連休最後の日でしたが、ようやくお天気が回復し、おひなさんめぐりをするお客さんで賑わいました。 それでは、西町からご紹介します。

20110213-1.JPG 香嵐渓の信号機の交差点から歩いて程なく行くと、展示番号22番の「からさわてるふみ」さんのギャラリーがあります。今日もお客さんがたくさん入っていました。

20110213-2.JPG からさわ(柄澤)さんは、中馬のおひなさんのポスター画を初年度から描いていただいている観光協会お抱えと言っていいほど長いお付き合いのある画家さんです。 今年もかわいいおひなさんや干支の作品を展示・販売されています。 たくさん飾られた作品たちにも驚きますが、それよりも玄関を入ってすぐに、どーん!!と飾られている屏風にはもっと圧倒されると思います。 かわさわさんが長年の歳月を掛けて描かれた中馬街道屏風(岡崎城下)で、現在は足助の屏風を製作中だとか。早く見てみたいですね。

20110213-3.JPG 西町、横地さん宅(展示番号なし)の土びなを見せていただきました。 他のお宅と違って土びながお庭の中に飾られていました。昔は鯉の池だったそうです。 こういう飾り方も風情がありますね。

20110213-4.JPG 新町に入ってきました。

20110213-5.JPG 馬頭観音の方面へ歩いていくと、弓矢・釣り具店を営んでいる「いろは竹工所」さん(49番)があります。 ここは釣竿や弓矢を作っていらっしゃるので、こちらのご主人が製作された竹のおひなさんが飾られています。

20110213-6.JPG 新町のさかたやさん付近にやってきました。

20110213-7.JPG マルニモータースさん(58番)のおひなさんです。 店先に土びなが飾られています。その傍らにお孫さんの着物が飾られていました。 ただ単におひなさんが飾られているのは寂しいものですが、こちらのお店のように華やかな着物を飾るというのも素敵ですね。

20110213-8.JPG さかたやさん(59番)のおひなさんです。 さすが、呉服屋さん。鮮やかな色調でおひなさんがセンスよく、かつ豪華に飾られています。 おひなさんの奥には、ご主人が作られたたんころりんが灯されていました。こちらではコーヒーなどの飲み物もいただけますので、休憩がてらゆっくりご覧下さい。

20110213-9.JPG 続いてマンリン小路にやってきました。 この日は澄み切った青空が広がっていたので、漆喰の白とよくあって綺麗でした。

20110213-10.JPG 小路を歩いて登っていくと、マンリンさんのギャラリー(63番)の入口付近に繭玉で作られたおひなさんが飾られていました。

20110213-11.JPG 本町に入るとすぐにもち花がたくさん飾られたお宅が目に入ります。 毎年、こちらでもち花体験(有料)を行っています。

20110213-12.JPG ちょうど女の子たちがもち花作りに挑戦していました。ちょっとびっくりさせちゃったみたいです。 ごめんなさい。

20110213-13.JPG 本町区民館の土びな会場までやってきました。

20110213-14.JPG 中では土びなだけを集めて飾っています。中ではボランティアガイドさんが常駐していますので、わからないことがあればお気軽にお尋ねくださいね。 ここでは、中馬のおひなさん特製ポスターと絵ハガキ、土びな辞典も販売していますよー。

20110213-15.JPG お隣の田口さん宅(78番)にやってきました。

20110213-16.JPG あいちの職人衆さんの販売コーナーの奥におひなさんが飾られています。

20110213-17.JPG お向かいの近藤自転車店さん(77番)です。 おひなさんのほかに足助まつりの山車のレプリカも飾られています。 興味のある方は是非、覗いてみてくださいね。

20110213-18.JPG 田町にやってきました。

20110213-19.JPG 中馬館前のひつじ堂さん(102番)にやってきました。 例の中馬人形が置かれています。この人形は昨年の甲冑行列で実際に人が乗って町内を引き回しました。 みなさんも乗ることができます(但し、動きません)ので、このお客さんのように写真を撮ってみるのもいいですね。 今週末20日(日)には10時から甲冑行列がありますので、是非遊びに来てくださいね。 ※雨天は27日に延期です。

20110213-20.JPG 新田町にやってきました。

20110213-21.JPG 田町交流館です。こちらでもおひなさんの展示があります。 ここでは、新田町商店街のおかみさんたちの「いなり茶屋」がおひなさん期間中、開いています。 喜久蔵ラーメンやお飲み物がいただけますよ。散策で体が冷えてしまったら、ここで温まっていってくださいね。


2011.02.10

おひなさんと猫ちゃん

 今日もお知らせでーす!! 先日、足助観光協会のツイッターでお知らせいたしましたが、足助田町の名古屋牛乳さんの看板猫・まるちゃんが日本出版社から発行されている『猫びより』3月号に掲載されました。 どうも夏のたんころりんの時に観光協会のブログでまるちゃんを紹介したら、その記事を見た編集者の方に見初められたらしいんです。 なので、こちらも鼻が高ーい高ーい(笑)

nekobiyori01.jpg えー、さてさて、雑誌ですがこんな感じで表紙にデカデカと載っております。 季節柄、綺麗に飾られたおひなさんの前で撮られた凛々しいお姿。 おおっ!!o(^o^)o

nekobiyori02.jpg 本を開いてみても、見開きで紹介されていました。 まるちゃんだけでなく、足助の町に住んでいるいろんな猫ちゃんも紹介されていましたよ。

いつも不機嫌そうに香嵐渓を闊歩している足助屋敷のタマまでもが白いおなかを出して愛嬌よく写真に撮られていました(苦笑)。 どんな風に撮られているのかは、雑誌を買ってからのお楽しみで〜す(笑)

話は戻りますが、今、足助の町は中馬のおひなさんで賑わっています。 もしかしたらまるちゃんがお店に出てきてるかもしれません(でも、まだ寒いから無理かなぁ)。 もし、田町を通ることがありましたら、名古屋牛乳さんに寄ってみてください。 運がいいとまるちゃんに会えるかもしれないですよ〜。


2011.02.09

ほのか〜彩〜

 今日は、お知らせです。 今週2月12日(土)夕方5時より、新町発展会主催の『ほのか〜彩〜』という灯りのイベントが催されます。

honoka2011s.jpg 地元たんころりんをはじめ、たんころりんと交流のある全国各地の灯りを集めて、新町の通りに並べ灯します。 灯りのほかに、ミニライブも開かれますので、興味のある方は是非、中馬のおひなさんとともに足をお運び下さい。

以下は、昨年の様子です。 20110209-1.JPG いろんなタイプの灯りが揃ってました。 行灯や竹筒、様々な様式の灯りが点灯されました。

20110209-2.JPG 氷の灯りは長野県木曽福島の方から送っていただきました。 さむーい木曽福島では、外に放っておいても2日は原型のままなんだそうです。 暖かい足助では当然、考え付かない灯りです。

20110209-3.JPG ショーウインドウに灯りがともるとおひなさんが一際、鮮やかになります。 夜の散策もなかなか素敵です。

20110209-4.JPG 色とりどりの灯りの猫じゃらしのようなタイプの灯り。面白い形をしています。

20110209-5.JPG 昨年のライブの模様。

20110209-6.JPG 冬のたんころりんの灯りは本当に暖かく見えます。本来時期の夏よりも人の心を癒してくれそうです。

20110209-8.JPG 天気予報によると、今週末は寒くなるとのことですので、暖かくしてお越し下さい。


2011.02.05

おひなさん、見せて〜

 中馬のおひなさん、ついに始まりました。 年末からずーっと静まり返っていた足助の町並みに活気が戻ってきました。やっぱり町は明るくないといけません。  そして、今日はイベント初日ということで、恒例の『がんどう』が行われました。 がんどうって何?という方に説明いたしますと、その昔、足助の農村に伝わってきた風習で、おひなさんの時期になると、子供たちが家々を回ってお菓子やお餅をもらうというものなんですが、これをおひなさんの初日に合わせて、毎年、和菓子屋さんなどのお店にお願いして行っています。

20110205-1.JPG  ということで、今日は朝9時から様子を見に、まずは新町の風外さんにやってきましたが、今日はどういうわけか人通りが少なかったです。 やっぱり早く来すぎたんでしょうか・・・。 去年、一昨年は雪の降る寒い朝にもかかわらず、子供たちがお店めぐりにいそしんでいたんですが・・・。 そういってる矢先にやっと一組目の方がいらっしゃったので、早速、写真を撮らせていただきました。

20110205-2.JPG  店内は現代のおひなさんから古い土びなが飾られていました。おひなさんが飾られているだけでも、雰囲気が明るくなりますね。

20110205-3.JPG  「おひなさん、みせて〜」という合言葉で、お店の方からお菓子がもらえます。 女の子もおばあちゃんもうれしそうでした。

20110205-4.JPG 続いて、本町の両口屋さんに行ってきました。 ここでも、先ほどの女の子がお菓子をもらっていました。各店先着100名なので、違うお店ならお菓子をいただけちゃうんですよ。両口屋さんでは、お団子をいただいていました。おいしそうです。

20110205-5.JPG  3軒目の本町・加東屋さんです。 やっと子供たちを通りで見かけるようになってきました。

20110205-6.JPG  お店の中に入ると、男の子のグループがお菓子をもらっていました。

20110205-7.JPG おひなさんだからと言って、男の子は参加できないわけじゃないんですよ〜。ちゃんともらえます。

20110205-8.JPG  今度は4軒目、田町の川村屋さんです。 1軒目の風外さんで出会った子供たちがすでにお菓子をもらっていました。 風外さんから川村屋さんまで結構、距離があるのに早いですね〜。

20110205-9.JPG  田町・名古屋牛乳さんです。

20110205-10.JPG  壁に歴代のポスターがびっしり!! すごいです。よく集めていらしたものです。

20110205-11.JPG  5軒目、新田町のエルさんです。

20110205-12.JPG  新町から新田町まで1キロくらいはあるでしょうか。みんな全部回れたかな?

20110205-13.JPG  余談ですが、ここ新田町では、明日2月6日(日)、13日(日)、20日(日)、27日(日)、3月3日(木)と新田町奥の松美屋さんまで行くとお菓子の引換券がもらえ、鈴木建築さん前でお菓子と交換してもらえるそうです。 時間は朝10時〜、各日先着50名様(中学生以下)です。 もしよろしければ、参加してみてくださいね。

20110205-14.JPG  折り返して、西町方面へ。 続々と子供たちがやってきました。町を回るのにやっぱり時間が早かったみたいです。

20110205-15.JPG  田町・塩座前。

20110205-16.JPG  本町区民館の土びな会場です。 ボランティアガイドさんがここでは常駐して町の案内や土びなの説明をしてくださいます。

20110205-17.JPG  西町・玉田屋さんまでやってきました。 ここは江戸時代から営んでいる旅籠で、現在も営業中です。

20110205-18.JPG 玄関先からでも見えるようになっていて、現代の物から古い土びなと時代の違うおひなさんが飾られていました。

20110205-19.JPG メイン会場である足助交流館にやってきました。 ここには、中馬のおひなさんを始めるにあたり、大変お世話になった徳島県勝浦町の方々から寄贈されたお雛様や地元で寄贈された御殿びなが飾られています。

20110205-20.JPG ロビーの一角では、絵てがみコーナーがあり、おひなさん期間中、作品を募集しています。 土日祝日は、こちらで絵てがみ教室(有料)も行っています。 詳しくは足助交流館までお問合せ下さい。

20110205-21.JPG 絵てがみの先生のレクチャーを受け、わき目も振らず、作品制作に没頭しているちびっこたち。 かわいい作品を描いていましたよ。

20110205-22.JPG ここでは足助まゆみこども園の園児さんの作品も展示していますので、是非、ご覧下さい。

20110205-23.JPG 交流館でも、観光サポート隊のみなさんが町並み、おひなさんのご案内をしていますので、わからないことがございましたら、お気軽にお声を掛けてくださいね。 もちろん、散策マップも入手できますので、マップを手にして町並み散策をお楽しみ下さい。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424