豊田市足助観光協会ブログ

2011.07.17

足助の民話2

もうすぐ夏休みですね。 お子さんの夏休み中は、ご家族で海に行ったり、山登りをしたりと普段、なかなか行けないところ、やれないことをやろうと計画されている方がいらっしゃるかと思いますが、この夏は、是非足助の町へ遊びに来て見ませんか? っというのはですね。今から3週間後になりますが、8月7日(日)に香嵐渓の三州足助屋敷で『母屋で聞こう 足助の民話2』という催しがあります。

minwa1.JPG 足助屋敷の母屋で、足助に昔から伝わる民話を演者の方にお話していただくものなんですが、昨年、好評であったこともありまして、また今年も開催することとなりました。

日本の田舎の雰囲気がまさに漂う足助屋敷。 日中の暑さがゆっくりと和らいでいく夕暮れ時に、山に響くヒグラシの声と母屋の囲炉裏など昔懐かしい空間の中で、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか? ゆっくりと日が落ち、あたりが薄暗くなる頃には、庭に飾られた「たんころりん」のあかりが揺らめき、幻想的な雰囲気を見ることができますよ。

minwa1%20%281%29.JPG また、語りのほかにもオカリナの演奏会もあります。普段は日中しか開館しない足助屋敷の夜の風景も一緒に楽しめます。

minwa1%20%282%29.JPG このイベント終了後に、足助の町並みで開催されている『たんころりんの夕涼み』への案内もあるので、足助の町並みも一緒に散策してみてくださいね。

『母屋で聞こう 足助の民話2』 開催日時:平成23年8月7日(日)17:30〜19:30頃(受付は、17:15から開始) 場所   :三州足助屋敷 入館料 :無料 問合せ :三州足助屋敷 電話:0565-62-1188


2011.07.17

本格的な夏がやってきました

20110716.jpg 夏真っ盛りですね。 山の濃い緑と青い空がとても綺麗です。 ただ、こう毎日、カンカン照りだと植物も人間も参ってしまいます。せめて夕立でも降ればいいんですけどね。

20110716%20%281%29.jpg 足助川でもアユを釣る釣り人がチラホラ見かけるようになりました。

20110716%20%282%29.jpg 今日はたんころりんの会長さんのところで、ちょっとした作製講習会が行われました。 豊田市朝日ケ丘地区の方がいらっしゃってました。

20110716%20%283%29.jpg この暑い中、皆さん、熱心にレクチャーを受けていましたよ。

20110716%20%284%29.jpg 会長さんも自らレクチャーしていました。

20110716%20%286%29.jpg この方は、たんころりんの頭の部分を作ってます。 一番の難関ですが、ここさえ過ぎてしまえば、後はおんなじ編み方をするので、大分楽になります。

20110716%20%287%29.jpg 会場をあとにし、町並みへやってきました。 ちょうどお昼頃でしたが、この暑さのせいでほとんど人がいない状態でした。 いつもなら車が停まっていたりするのに、今日はそれすらもなかったです。 そりゃぁ、暑すぎるもんねぇ。

20110716%20%288%29.jpg 町並みの奥、新田町までやってきました。

20110716%20%289%29.jpg 今日はなごやか市ということで、野菜やお菓子などの販売、フリーマーケットなどが催されていました。その一角で、たんころりんやマイタウンおいでんでも活動していた『笑顔の展覧会』も開催されていました。

20110716%20%2810%29.jpg こちらでもやはりこの暑さの影響か、お昼にはお客さんが帰ってしまっていました。 でも、短時間でもこれだけ描いていかれたそうです。

20110716%20%2811%29.jpg 最後に、香嵐渓までやってきました。 凄いです。 川で水遊びをする人たちばかりで、まるで、海水浴場のようでした。 そりゃぁ、この暑さですもの。無理はないですね。 橋の上から、気持ち良さそうに泳いでいる人たちを見るとうらやましく思えます。

7月も半分過ぎました。 8月には、たんころりんや万灯まつり、灯篭流しなど、足助夏まつりが催されますので、是非、遊びに来てくださいね。


2011.07.12

香嵐渓での涼

梅雨明け宣言されてからというもの、毎日、ギラギラと太陽の光が照りつける暑い日が続いております。ここ足助でも、30度は普通に越す暑さが続いております。みなさんのお体は大丈夫でしょうか?  さて、この時期、香嵐渓は避暑地として賑わい、たくさんの方が巴川で川遊びを楽しみにいらっしゃいますが、今日は、森での楽しみ方をお伝えします。

20110711.JPG 飯盛山をまず登ります。カタクリの群生地の登山口から入っていきました。 風が麓から上がってくるので、涼しく登れます。

20110711%20%281%29.JPG 春はカタクリ、ヤマルリソウ、ナベワリ、ホウチャクソウ、マムシグサ、トチバニンジンと様々な草花が交代しながら生えていきます。夏の時期はほとんど緑一色ですが、所々で、トチバニンジンの赤い実が見られます。

20110711%20%282%29.JPG これがその実。まるでコーヒー豆のような形と色です。

20110711%20%283%29.JPG 頂も中腹までやってくると、枝の合間から日の光が差し込むところが出てきます。 もみじの葉が日に透かされて輝いていました。こうして見るとまるで新緑の時期のように見えます。

20110711%20%284%29.JPG 途中、振り返ると黍生山(きびゅうやま)の頂上が見えました。 あちらの山は374メートル(ちなみに飯盛山は254メートル)。低い山の割りに意外と景色がよくて、名古屋の街や猿投山や恵那山、遠く御嶽山や伊吹山まで見えることがあるそうですよ。

20110711%20%85%29.JPG 飯盛山の頂上付近まで来ました。

20110711%20%286%29.JPG 頂上まで行くと、町並みが見えるところがあります。 ここからは本町、田町の様子が見えますね。

20110711%20%287%29.JPG 頂上をあとにして、今度は北側斜面へ下りていきました。 オカトラノオを発見しました。写真を撮っていたら、偶然、黒い蝶が蜜を吸いに来ました。

20110711%20%288%29.JPG 山紫陽花も見られました。もうそろそろ花も見納めでしょうか。花の数が少なくなっていたように見えました。

20110711%20%289%29.JPG 近頃の伐採でだいぶ日の光が入り、明るくなりました。 とても綺麗です。

20110711%20%2810%29.JPG 途中、ナルコユリ?と思われる実を見つけました。つやつやして綺麗でした。

20110711%20%2811%29.JPG 落部を過ぎて、一の谷のつり橋までやってきました。 のどかな風景が望めました。

20110711%20%2812%29.JPG おや、一の谷さんがヤナを築いていますね。 もう夏も本番、そろそろ子供たちがアユをつかみ取りする光景も見られます。

20110711%20%2813%29.JPG ヤブカンゾウの花がチラホラ。 香嵐渓でなくともどこの山野でも見られますね。

20110711%20%2814%29.JPG ワスレグサという別名もあります。若葉や花は食用になるそうですよ。

20110711%20%2815%29.JPG 香積寺の参道では、ウバユリのつぼみがニョキニョキ生えていました。 緑白い花が咲く頃には、葉っぱがなくなってしまうので、「葉(歯)がない」ということからウバ(姥)ユリというそうです。面白いですね。

20110711%20%2816%29.JPG 香積寺付近の参道です。秋の紅葉もすばらしいですが、濃緑の時期も素敵な場所です。 風が気持ちよく、視覚からも涼しく感じられます。

20110711%20%2817%29.JPG 最後に待月橋を渡って、対岸から見ました。どこを見ても涼しげな風景です。 香嵐渓の河川は意外と川原の幅が広いので、たくさんの方が川遊びにやってこられます。 流れも穏やかで、浅いところも多いのですが、深いところも結構あります。 最近は、水の事故が増えてきています。川で遊ばれるお客様は、十分、気をつけて夏の涼を楽しんでください。


2011.07.08

夏がやってきました

今日は、昨日の大雨と打って変わって、朝から蒸し蒸しギラギラの天気。 気象庁によれば、今日から梅雨明けしたそうです。暦の上でもちょうど小暑。 これから本格的な夏がやってきます。

さて、夏といえば、涼しい香嵐渓の巴川の風景を写してしまうんですが、今日は真弓橋から足助川の風景を撮ってきました。

20110708.jpg 町並みの奥、新田町・川の上流の風景です。 朝のまぶしい光、山の緑、涼しげに流れる川、そして家並み。 やはり、こういう風景の中で夏を過ごしたいですよね。視覚だけでも涼しくなれますからね^^

ところで、左側に続いている遊歩道(上の段)は、かつての中馬街道です。 奥に架かっているあゆみ橋のもっと奥まで道は続いていて、最後には国道153号と合流して長野県塩尻まで続いているんですよねぇ。

20110708%20%281%29.jpg 橋の反対・下流側を撮りました。 香嵐渓の飯盛山がバックに家々が川に沿って並んでいます。 石垣が綺麗ですね。こっちの遊歩道は中馬街道ではありませんので、お間違えなきように^^

8月13日14日の夜には、足助川万灯まつりが催され、約7000個のロウソクがこの遊歩道沿いに並べられます。 街道のたんころりんとは違った雰囲気を味わえますので、是非、遊びに来てくださいね。


2011.07.03

マイタウンおいでん

昨日は、足助地区のおいでんまつりが行われました。 昨年は途中から土砂降りの雨の中で行いましたが、今年は朝から天気がよくて絶好のお祭り日和でした。 20110703.JPG 今年もOIDENの合図と共に花火が打ち上げられ、ダンススタート!!

20110703%20%281%29.JPG みなさん一斉に元気良く踊り出しました。

20110703%20%282%29.JPG 威勢のよい若い衆がかっこよく踊っていました。

20110703%20%283%29.JPG こちらも負けじとがんばっていましたよ。

20110703%20%284%29.JPG 衣装もですけど、踊りもかわいらしかったです。

20110703%20%285%29.JPG おおっ!! これはなかなかアクロバティックですねぇ。

20110703%20%286%29.JPG

20110703%20%287%29.JPG

20110703%20%288%29.JPG 途中の休憩では、芳泉会の皆さんが津軽三味線を披露してくださいました。

20110703%20%289%29.jpg 一方、本部テント周辺では、震災復興プロジェクトと位置づけて震災復興の想いを込めた手形スタンプの『絆フラッグ』の参加を呼び掛けていました。 ちょうど、司会の葵真弓さんが押しているところでした。

20110703%20%2810%29.jpg 各地区のおいでんまつりでも実施され、最終的においでんファイナルで全てのフラッグがそろい、豊田スタジアムで展示されるそうですよ。

20110703%20%2811%29.jpg 日は完全に落ち、たんころりんのあかりが浮かび上がってきました。 今年のたんころりんは、足助中学校、足助小学校の作品も展示されました。

20110703%20%2812%29.jpg 中学生の作品です。文字が力強くてかっこいいですね。

20110703%20%2813%29.jpg たんころりんのあかりを楽しむ参加者。 休憩にはこんな場面がいくつも見られました。

20110703%20%2815%29.jpg おととい小学校で作られたたんころりん。 しっかり活用させていただいております。児童の皆さん、ありがとうございました。 また8月のたんころりんにも飾ってね。

20110703%20%2816%29.jpg 次の休憩では、三州足助太鼓の皆さんの演奏が披露されました。 威勢のいい太鼓の響きと掛け声が会場、そして町並みへとこだましました。

20110703%20%2817%29.jpg そしてまた、踊りが再開されました。 夜も蒸し暑かったですが、みなさん、暑さも忘れて踊りに熱中していました。 おいでんファイナル当日も暑くなると思いますが、皆さんがんばってくださいね。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424