足助観光協会ブログ

2011.08.26

足助まつりのポスター

足助まつりのポスターが出来上がりました。 今年はこんな感じです。

2011asuke_matsuri.jpg さて、これはどこでしょう?

いつもとは違う方向から写していますので、わかる方はいらっしゃるかな?

実は、これは新町区にあるマンリン小路なんですね〜。 いつもは通りから見られる方が多いと思います。たんころりんの時もよく通りから撮影される方が多いんですが、実は、ある時はこちらから見た方が情緒があるんですね〜。

それがこの山車の写真。 通りから見たほうが迫力があるんですけど、この狭い路地から見る風景もなんとも素敵です。 この写真を撮られた方も逸る気持ちをぐっと堪えて撮影したに違いありません。 その成果がこの一枚です。

このポスター、家の中にも飾っておきたいですねぇ。 もし、このポスターが欲しいという方は、観光協会までご連絡下さい。


2011.08.23

キツネノカミソリ まだまだ見れます!!

夏祭りが終わっても香嵐渓の巴川では、水遊びを楽しむ方でいっぱいですが、香嵐渓の飯盛山は、逆にとても静か。静かすぎるといっていいでしょう。 そんな飯盛山、今、カタクリの群生地でキツネノカミソリが花のピークを迎えています。

kitsune20110823.JPG 茎と花しかない姿はまるで彼岸花のよう。いつも見間違えられてしまいますが、私はこちらの方が大好きです。山の入口にたくさん咲いているので、ここしかないのかと思われてしまいますが・・・。

kitsune20110823%20%281%29.JPG 実は、もっと上の斜面にもあるのです。

kitsune20110823%20%282%29.JPG キツネノカミソリのほかにもヤマホトトギスの花も咲いていました。 ホトトギスの胸のような模様に似ているというところから名前が付いたそうです。 形と色からどちらかというとイカのイメージがあるんですけど、それは私だけですね、きっと。

kitsune20110823%20%283%29.JPG アレチノヌスビトハギの花。外来種で北米原産の植物。 花は綺麗ですが、イノコヅチとおんなじで、不用意にこの植物が生えているところを歩くと、衣服にべっとり張り付いてしまうあのいやらしい実の花なんですよ。 初めて知りました。花は綺麗なんですがねぇ〜。

kitsune20110823%20%284%29.JPG カタクリのようにワッと咲くと綺麗なんですが、あまり増えると春、カタクリの見栄えに影響するので、これ以上増えて欲しくないんですが、花は綺麗なので・・・・。微妙な心境です。

kitsune20110823%20%285%29.JPG なんか今年は花の範囲が広がってるような・・・・。気のせい?

kitsune20110823%20%286%29.JPG 春はカタクリ、夏はキツネノカミソリ。二つの花が楽しめるのはいいんですけどねぇ。

kitsune20110823%20%287%29.JPG シダの葉の間からにょきっと生えてます。なんか南国の花ように見えます。

kitsune20110823%20%288%29.JPG 花のアップ。たまたま日の光に当たっているのを写真に収めました。どうです?彼岸花よりも綺麗に見えませんか?

花は、8月末まで持つかな?天気次第なんでしょうけど、お早めにご覧になってくださいね。


2011.08.17

たんころ提灯??

たんころりんの夕涼みも終わり、町の中は少し静けさを取り戻してきました。香嵐渓は今でも水遊びにいらっしゃる方々でいっぱいですが・・・(^^;) たんころりんが終わるとあっという間に9月になり、月見の会、10月の足助まつりと準備であわただしくなってきます。そして、紅葉シーズンに突入!!っと。 気が早いように思えますが、時間が経つのは本当に早いものです。うかうかしてると準備が遅れるなんてことにもなり兼ねんので、気をつけないとね。

さて、前置きが長かったですが、ある方からこんな写真をいただきました。

tankoro20110814.jpg 夏まつりの最中に撮られたいつものたんころりんの写真ですが、葦簾にかかっている電気の灯り。 あの灯り、たんころりんの作り方を応用して作られたランプシェードですが、光が道路に漏れて、漏れた光も六つ目の形になっています。 たんころとは違った光の見え方で、とても綺麗ですね。 屋外でなくても、屋内で飾れてしまいそうです。 それから、屋台提灯の代わりにたんころ提灯なんていうのもいいかもしれませんね。


2011.08.16

足助夏まつり 灯篭流し

1週間近く続いた足助夏まつりも最終日。 昨夜は、香嵐渓で『地蔵まつり』お灯篭流しが行われました。

20110815.jpg 日中、川遊びに来る人たちでいっぱいだった川原も日が暮れるとともに少なくなり、代わりに灯篭を持った方々が川原に降りてきました。 地元の方たちのほかにも、一般のお客さんも多くいらっしゃいました。

20110815%20%281%29.jpg 流しを行う川原には、待ちきれないばかりに長い列ができていました。

20110815%20%282%29.jpg 受付で預けられた灯篭がたくさん運ばれてきました。 自治区の役員さんがこれを一つ一つ流します。

20110815%20%283%29.jpg 灯篭が流され始めました。 手から手へと渡される灯篭がひとつ、またひとつと川に浮かべられました。

20110815%20%284%29.jpg 開始から10分。順番を待つ人々の列が絶えません。 奥に見える国道の巴橋で見物している方々がだんだんと増えてきました。 あちらではどんな風に灯篭が見えているんでしょうか?

20110815%20%285%29.jpg やっと列が切れてきたので、ちょっと休憩。灯篭を流す役員さんも大変です。

20110815%20%286%29.jpg 薄紫の夕焼け空と山のは、そして巴川を静かに流れる灯篭。とても美しい光景でした。 そして、川岸には、流れる灯篭に手を合わせて静かに拝む方の姿も見られました。 子供の時に、おばあさんと灯篭に手を合わせて拝んで見送った記憶がありますが、今はなんとも感じなくなってしまった自分に気が付き、情けなくなりました。 亡くなった人々を偲び、先祖の霊を見送る気持ちはいつまでも大事にし、忘れてはいけませんね。 今夜は、足助の夏まつりの最終日にふさわしく、静かで厳かな時間が流れました。

20110815%20%287%29.jpg 灯篭流しの合間には、毎年恒例の『金魚花火』が行われました。 いわゆる水上花火なんですが、赤、白、緑といった鮮やかな色の花火が水上を走ります。

20110815%20%288%29.jpg 打ち上げ花火と違って地味ですが、毎年、これを楽しみに来られるお客さんが多くいらっしゃいます。

20110815%20%289%29.jpg 花火が終了し、盆踊りが始まりました。 昨夜は、いつになくにぎやかで人も多く、盆踊のスペースが狭くなってしまうほど盛況でした。 地元の婦人会や消防団までもが盆踊りに参加。楽しい雰囲気でしたよ。

20110815%20%2810%29.jpg 夜も20時半を過ぎ、大分賑わいも下火になってはきましたが、盆踊りの熱は冷めやまず、最後の最後まで踊り明けられました。 これで、足助の夏まつりは終了いたしましたが、夏はまだまだ続きます。


2011.08.14

たんころりん第8夜・足助川万灯まつり

足助夏まつりもクライマックスに近づいてきました。 昨日は、たんころりんと万灯まつりの両方が開催され、たくさんのお客さんで賑わっておりました。

20110813.JPG 新町・マンリン小路。 いつもは写真を撮る方でごった返す場所ですが、まだ明かりがつく前だったので、そのすきに撮影。 もうちょっと綺麗な写真が撮りたかったんですけど、この日は仕方ないですね。 最近、写真を撮られる方が写真を撮ることに夢中になりすぎて、歩行者の方のご迷惑になっているそうです。マナーを守って楽しんでください。

20110813%20%281%29.JPG いつも何かしらと演奏場所として利用させていただいている深見さんのお宅前。この日は地元の大正琴のグループの皆さんの演奏がありました。

20110813%20%282%29.JPG 本町・両口屋さん前。 子供たちが集まってワイワイ何かをしているのを見ました。 何か氷を触って溶かしているようなんですが、中に何かが入ってるようです。何だろう?お菓子? 両口屋のおばあちゃんがニコニコ笑って眺めていました。

20110813%20%283%29.JPG 田口邸までやってきました。 小松大さんと小堀光さんのフィドルとギターの演奏がありました。 僕、今までフィドルというのを何だか知らなかったんですけどヴァイオリンのことなんですって。ヴァイオリンviolinはイタリア語から派生した読み、フィドルは英語Violinの俗語Fiddleなんだそうな。 へぇ〜、知らなかったぁ。勉強になりました^^

20110813%20%284%29.jpg はい、場所は足助川へと移りまして、六地蔵公園までやってきました。 ロウソクがすでにセットしてあって、観光サポート隊の方々が点灯するところでした。

20110813%20%285%29.jpg こちらは遊歩道の様子。 火をつけながら移動するって、とても大変な作業。しゃがんでは点火、移動してまたしゃがむ。これは腰にきそうですぅ(-x-) 綺麗なイベントの裏側では、こういう方々がいて、お力を添えていただいているからこそイベントができるというもの。ボランティアの皆さん、ありがとうございました。14日もどうぞよろしくお願いいたします。

20110813%20%286%29.jpg 日が沈み、夕焼けの綺麗な空が広がり、家並みがくっきりと浮かんできました。

20110813%20%287%29.jpg 万灯の火もはっきりと見えてくるようになり、遊歩道で歩くお客さんが増えてきました。

20110813%20%288%29.jpg 六地蔵公園のカーブが綺麗に見えています。

20110813%20%289%29.jpg 街道に戻ってきました。いつもより夜店の数も増えて、大変賑わっていました。 たんころりん、屋台提灯が夏を感じさせますねぇ。ちょっと明るすぎるくらい町の中は光でいっぱい。 たんころりんのあかりが負けちゃってますが、仕方ないですね。

20110813%20%2810%29.JPG ひつじ堂さん前です。 この日はアズリーさんの演奏がありました。 お客さんもズラリと周りを囲んで聴いていらっしゃいました。

20110813%20%2811%29.JPG アズリーさんは地元・足助でがんばっているバンドさんです。

20110813%20%2812%29.JPG 折り返して、田口邸に戻ってきました。 フィドルとギターのお兄さんから今度はLonging Star on the Mountainさんというバンドでアコーディオンとハープのお姉さん方に代わっていました。

20110813%20%2813%29.JPG 最近はハープを演奏される方って多いんですね。今年の演者さんによくいらっしゃいます。

20110813%20%2814%29.JPG 今度は西町の玉田屋さんにやってきました。 ここでは、ゲーリー杉田さんのバンドが演奏されていました。 ジャンルはサンバ、カンソン、ボサノバとありますが、あまりよく知らない私には何がどのジャンルなのか皆目検討が付きませんでした。でも、楽しげな雰囲気で夏の夜にぴったり^^

20110813%20%2815%29.JPG そこにもう一組の演者、モーニングサットが参入!! 西町界隈がラテンの音楽でとてもにぎやかになりました。 すげぇ〜 ヘ( ̄ー ̄)ノ

まちかど演奏会もこの日で最終日。 演者さんも今まで聴きに来て下さったお客様にも感謝です。 今年もどうもありがとうございました。また来年もにぎやかで楽しい演奏会にしたいと思います。またご協力くださいませ。

20110813%20%2816%29.JPG さて、最後に万灯まつりの様子を見に行きました。 遊歩道の先の先までず、ずいーっとロウソクが並んでいました。

20110813%20%2817%29.JPG 新田町・あゆみ橋付近。 西町の落合橋からこのあゆみ橋まで全部歩くと約1キロほどあります。 ちょっとした運動にもなりますので、是非歩いてみて下さい。ただし、足元には十分気をつけてくださいね。

万灯まつりは14日(日)まで、たんころりんは15日までです。 15日には香嵐渓河川敷で灯篭流し・金魚花火が開催されますよ。 足助の夏を最後までお楽しみ下さい。お待ちしております。


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424