豊田市足助観光協会ブログ

2012.02.21

ちょっと変わったお店へ

今日も西町から町の様子を見に行ってきました。

20120221.jpg 昔、造り酒屋だった山与さんの前。ここのお宅のワンちゃん・タマちゃんが表に出ていました。 なんだか眠そうな顔をしていました。でも、いっつもこんな顔してる(^^)

20120221%20%281%29.jpg 玉田屋さんまでやってきました。ふと上を見ると土びなが飾られていました。 あそこに置いて、日に焼けないのかな????

20120221%20%282%29.jpg 玄関に入りました。

20120221%20%283%29.jpg 衣装雛、土びなの中に招き猫が置いてありました。よく見ると招き猫の前掛けに『玉田屋』の屋号が書かれていました。

20120221%20%284%29.jpg 人形は新しいし、屋号が書いてあるので、誰かに特注で作ってもらったのかなぁと見ていたら、ここのご主人から「実はバンバン横丁のご主人に作ってもらった」と聞いたので、早速、新田町のバンバン横丁さんまで行ってみることにしました。

20120221%20%286%29.jpg 新田町の田町交流館のちょっと手前にバンバン横丁さんはありますが、

20120221%20%285%29.jpg 通りより奥入った所に玄関があるので、ちょっとわかりにくいかも。。。 でも、通りには焼き芋の旗が立ってるので、それを目印にしてくださいね。

20120221%20%287%29.jpg 中に入ると福助の土人形があり、扇子にはバンバン堂と書かれていました。

20120221%20%289%29.jpg もう一つ変わった土人形もありました。「馬乗り鎮台」という土人形で、いわゆる明治の兵隊さんです。 日の丸の代わりに三州足助の旗が掛かっていました。

20120221%20%2810%29.jpg バンバン横丁のご主人、鳥居さん。 足助の雰囲気、佇まいに魅了され、碧南から一家ともども足助に引っ越してこられました。引っ越されたときは林業をされていましたが、今は町の中でご商売をされています。

このおひなさんの時期は、焼き芋屋さんになり、焼き芋を飛脚が持っているような木の箱に入れて町の中で販売されたりしていますが、最近はこの土人形も作って販売しているそうなんです。当然、彩色もされるので、古くなりすぎて塗料がぼろぼろに剥がれてしまった土びなを彩色し直したりもしているそうです。

20120221%20%2811%29.jpg この足助の土人形のほとんどは碧南付近で作られたものですが、現在、碧南でこの土人形を作っていらっしゃる土人形師さんは数えるほどもなく、後継者の確保に困難されているとのことです。 この鳥居さんは同じ碧南の出。碧南の土人形師の一人、高山八郎さんとはご縁があり、人形の製作方法を教えていただいたそうです。 お話によると、高山さんから後継者のお墨付きをいただいたとか。是非、この技を引き継いで残していただきたいですね。

20120221%20%288%29.jpg 店内の棚にはズラーッと土人形が並べられていました。 中には高山さんの作品もあるそうです。

20120221%20%2812%29.jpg 小さなかわいい招き猫の土人形が売られていましたよ。

20120221%20%2813%29.jpg お店の奥には、鳥居さんの奥さんの土びなが飾られていました。 お内裏さんのほかに右大臣、左大臣もついていました。この大臣のセットがあるのは非常に珍しいそうですよ。

20120221%20%2814%29.jpg こっちが左大臣

20120221%20%2815%29.jpg 右大臣だとか・・・・(ちがうかも) とにかく、一見の価値ありですよ。バンバン横町さんは他にも和小物なども扱っているそうですよ。

20120221%20%2817%29.jpg 最後に、鳥居さんからおいしい焼き芋をいただきました。 店先で焼かれていますので、新田町にお越しになったら、是非、食べてみてくださいね。


2012.02.20

十二単の着付け見学がありました

後日談ではありますが、昨日、新田町で行われました『十二単の着付け見学』の様子をお伝えします。

20120220.JPG さて、この日は町の中でなごやか市が行われていたので、朝から人出が多かったんですが、十二単のイベントの時間が近くなると新田町一帯がお客さんであふれてきました。

特に、えびすやさんは、足助の町の中でもはずれにある方で、お客さんに足を運んでもらうのがなかなか難しい場所なんですが、11時ごろに会場に行ってみたところ、店先は大分お客さんでいっぱいでした。やっぱりおひなさんらしいこういうイベントは人気ですねぇ。

20120220%20%281%29.JPG ちょっと覗いてみたところ、工程が終わりのほうで、着せる着物があと一枚というところでした。 しまったぁ〜、時間読み違えた。。。。結構、進行が早かったみたい。。。。

20120220%20%282%29.JPG 係りの方に頼んで特別に奥へ入れさせていただいて撮りました。 写真からもわかるようにお客さんがかなり詰め掛けているのがわかります。

20120220%20%283%29.JPG この日、着付けをご協力くださった(財)民族衣装文化普及協会の委員長さんにご説明いただきながら着付けを行いました。お客さんの目はモデルさんに釘付け。熱心に説明を聞いていらっしゃいました。

20120220%20%284%29.JPG ピクリとも動かないので、パッと見、お人形さんのように見えますが、本当に娘さんが着付けられているのです。つい見間違えてしまうほど、とても綺麗でしたよ〜。

20120220%20%285%29.JPG 後ろも撮らせていただきました。

20120220%20%286%29.JPG 相方の公達が登場されました。お姫さんの着付けが終わるまで奥で待機していらっしゃいました。ちょっとかわいそうですが、仕方ありません(笑) 揃いましたところで、最後の仕上げ。

20120220%20%287%29.JPG お姫さんに扇を持っていただいて写真撮影です。

20120220%20%288%29.JPG 扇をたたんでもう一枚。絵になりますねぇ。

20120220%20%289%29.JPG この後、お菓子配りがありました。お姫さんから子供たちに一個一個配られました。 初日のがんどうのときとは違って、お子さんは緊張した面持ちでお菓子をいただいてました。

20120220%20%2810%29.JPG ご家族で記念撮影。。。。だけど、このアングルが良かったのかなぁ???

20120220%20%2811%29.JPG 午前の部では時間を読み間違えたので、午後の部は30分前にやってきました。 でも、お店の前はもうこんな感じ。。。。お客さん、すごい・・・・・・

20120220%20%2812%29.JPG 午後は最初から撮ることができました。 白い小袖に萌黄色?若草色?とでも言うんでしょうか、とても色鮮やかなグリーンの着物から着せはじめ、

20120220%20%2813%29.JPG 今度は桜色?緋色?の着物が次々と掛けられていきました。

20120220%20%2814%29.JPG 柄の入った抹茶色(ごめんなさい、色の名前がわかりませんので)の着物と最後の一枚・茜色の着物を掛けます。この後に後ろに長く伸びた『裳』と呼ばれる衣装をつけて完成(かな???)。

20120220%20%2815%29.JPG お顔を扇で隠してポーズ!! あなうるわし。。。

20120220%20%2816%29.JPG そして、後ろを向いていただき、撮影。 足まで長く伸びた『おすべらかし』がとても美しいですね。もちろん、付け毛ですけど(^。^;)

20120220%20%2817%29.JPG はい、またお相手の公達に出てきていただきました。殿方はここでもお姫さんの引き立て役です(笑)

20120220%20%2818%29.JPG 記念撮影が終わると、午前の部でもありましたお菓子配りです。 今度は公達も一緒に配ってもらいましたが、どうも子供たちはお姫さんからもらいたくてお姫さんに集中!!(笑) あなよしなし。。。。。 でも、お孫さんを背負ったおばあちゃんが来てくださいました。ありがとうございます(^。^)

20120220%20%2819%29.JPG 最後に、しずしずとお姫さんが退出する姿を子供たちが追うように見とれていました。 「私もおとなになったらあんなのが着たいなぁ」と思ってるのかもしれませんね。

20120220%20%2820%29.JPG 足助の町の奥の奥までお越しいただいたお客様、そして、着付けにご協力下さいました(財)民族衣装文化普及協会の先生方、誠にありがとうございました。 また来年もこのようなイベントができたらいいですね。


2012.02.19

田町・新田町をたずねて

おひなさん2週目の日曜日。 今日も快晴で、しかも風がなくて暖かい。昨年は週末ごとに雨が降っていやな思いをしましたが、今年は出だしから良くてありがたいです。 さて、今日はなごやか市がありました。その中心である田町・新田町をご紹介したいと思います。

20120219.JPG 田町の玄関先には豊田信用金庫さんがあります。 ここにはおひなさんの顔出し写真の看板があり、今日もちびっ子たちが顔を出して写真を撮ってもらってました。大人の方も結構、遊んでいかれます。

20120219%20%281%29.JPG 日月もなかの川村屋さん。

20120219%20%282%29.JPG20120219%20%283%29.JPG 日曜日だということもあって、店内はお客さんでいっぱいでした。 お店の一角におひなさんが飾ってあります。

20120219%20%284%29.JPG カネサン茶舗さん。 時々、お茶を焙じたときの香りが漂ってきます。おや、古風な乳母車が置いてありますね。

20120219%20%285%29.JPG20120219%20%286%29.JPG お向かいの藤屋さん。 ここは町並みのイベントでは度々、会場として使わせていただいてます。 内部は大変、趣があって何を展示しても様になってしまいますが、特におひなさんは大変綺麗に見えます。

20120219%20%287%29.JPG20120219%20%288%29.JPG 名古屋牛乳さんです。 牛乳のほかにみたらし団子や五平餅も売ってます。夏はラムネも売ってますが、今も売っているのかな? おひなさんはいつも玄関先にどーん!!と飾られています。壁には歴年のポスターが飾られていますので、興味のある方は一度見てみてね。

20120219%20%289%29.JPG そのお向かいの駐車場にはひつじ堂さんが作った中馬人形が置いてあります。 大きな馬は大人でも乗れちゃいます。ただ、小さい馬はお子様用ですよ。

20120219%20%2810%29.JPG20120219%20%2811%29.JPG お隣の中馬館です。 元は銀行だったところですので、ちょっと変わった作りになっています。 奥には名残の金庫がちゃんとあって、そこにもおひなさんが飾ってあるんですよ。

20120219%20%2812%29.JPG20120219%20%2813%29.JPG 塩座さん。 昔、塩問屋だった建物で、最近、改修されました。商売もなさっていて、塩に関するグッズを取り揃えています。

20120219%20%2814%29.JPG 井筒屋陶器展さん。 お店のお隣では何かのオブジェ??が飾られていました。。。。

20120219%20%2815%29.JPG20120219%20%2816%29.JPG なごやか市の中心・赤い大鳥居の前にやってきました。 ZiZi工房のフランクフルト、花もみじのあすけんぼう、いとやの新鮮な野菜や果物、

20120219%20%2817%29.JPG 丸竹商店の雑貨、ブリキのおもちゃなどが並んでいました。

20120219%20%2818%29.JPG 新田町に入りました。「アサヒビール」と書かれた建物があります。この大鳥居あたりは昔、バスターミナルがあり、この建物も大衆食堂だったそうです。しかも当時としてはモダンな存在だったそうですよ。もちろん、今は営業されていません。

20120219%20%2819%29.JPG もっと進んでいきます。

20120219%20%2820%29.JPG あ、焼き芋が売ってました。

20120219%20%2821%29.JPG 田町交流館です。ここも拠点のひとつでおひなさんが飾られていますが、ここはおひなさんの時期だけ『いなり茶屋』として新田町のおかみさんたちがラーメンや肉まんなどを提供しています。

20120219%20%2822%29.JPG20120219%20%2823%29.JPG カーブを曲がったところでは、なごやか市のメイン会場がありました。 おしるこの無料サービスがあり、お越しになったお客さんに配られました。 今日は外国人のお客さんもたくさんいらっしゃって、おしるこをおいしそうにいただいてましたよ。

20120219%20%2824%29.JPG20120219%20%2825%29.JPG 今日は比較的暖かい日とは言え、こういう温かい物が無料でいただけるのって本当にうれしいですね。おっと、綿菓子は販売でしたので、お間違えのないように。。。。。

20120219%20%2826%29.JPG 下駄萬さんの引き出し階段におひなさんが飾られていました。こんな風に飾るのもいいですね。

20120219%20%2828%29.JPG20120219%20%2829%29.JPG この人だかりは今日の目玉イベントである十二単の着付け見学のものですが、その様子はまた明日のブログでお伝えします。

20120219%20%2833%29.JPG20120219%20%2834%29.JPG 新田町最大の見どころは松美屋さんのおひなさん。 町のはずれの雑貨屋さんですが、みなさんここを見ないで帰られる人が多いんですよね。 これは見ていかないと非常にもったいないですよ。江戸末期ぐらいのものと聞いておりますが、すっごく大きなおひなさんです。

20120219%20%2835%29.JPG20120219%20%2836%29.JPG 新田町、もうひとつの見どころはこの観音山。小さな山ですが、頂上に展望台があります。 今日は天気がいいので、結構、お客さんが登っておられました。

20120219%20%2837%29.JPG この山には桜やモミジが植えてあって春秋ともに景色がよいところですが、広場の中央に紅梅の木が植わっていました。つぼみも大きくなって来週くらいには咲くんじゃないかなぁ。

20120219%20%2838%29.JPG 展望台からの景色です。 天気がいいとこう見えます。家が川や道に沿ってたたずんでいるのがはっきりわかりますよ。 機会がありましたら、見てみてくださいね。


2012.02.18

19日の日曜日はイベント満載です

おひなさんイベント開始から早くも1週間が過ぎました。今週は雨が降ったり、寒かったりと不安定な天気でしたが、それでも「おひなさんを見に行こう」とたくさんのお客様がお見えになりました。誠にありがとうございます。 さて、今週の19日の日曜日は、朝からイベント尽くしです。それでは、ご案内いたします。

20120218.jpg 『十二単(じゅうにひとえ)着付け見学』

足助の町並みの一番奥にある「新田町」で『十二単の着付け見学』というイベントが開催されます。 残念ながら、着付けを体験される方はすでに応募で決まってしまっているのですが、当日、お越しになった方にも着付けの工程を見学することができ、記念撮影もできるそうです。

場所は、田町交流館横の『えびすや』にて行います。 開始時間は1回目を午前9時30分から、2回目を午後12時30分から行いますので、ご興味のある方は、是非ご見学下さい。 ※足助交流館ではございませんのでお間違えのないようお願いいたします。

20120218%20%281%29.JPG 『中馬なごやか市』(写真はイメージ)

毎月1回、足助の商店街一帯で市場を開催しておりますが、今回はちょうど中馬のおひなさんの期間に開催されます。 時間は午前10時〜午後3時、メイン会場は新田町(協)駐車場付近です。ちょうど赤い大鳥居のあるところです。 寄せ豆腐(長久手市・豆粋)、地元野菜の販売、手作り雑貨市、フリーマーケット、五平餅、お団子、焼き芋、ポップコーン、シシ汁などの食べ物が販売されます。

無料サービスとしておしるこも振舞われます(なくなり次第終了)ので、「新田町まで遠いじゃん」な〜んて言わないで、おひなさんめぐりを楽しみながら、お越し下さい。 お待ちしておりますよ〜。

<足助商工会ブログ> http://http://akibito.jp/shokokai/blog/2012/02/post-45.html

20120218%20%282%29.JPG 足助交流館ロビーコンサート(写真はイメージ)

最後に足助交流館でもイベントがあります。 時間は午後12時30分〜1時、ハーモニカの合奏があります。入場無料です。 30分ほどの短い演奏ですが、こちらも是非、足をお運び下さい。 また、3月3日(土)午後2時からも足助中学校吹奏楽部の演奏がありますので、こちらもよろしくお願いします。


2012.02.17

カタクリの芽が出てきました

町並みでは、中馬のおひなさんで賑わっておりますが、一方、香嵐渓では、カタクリの芽が出てきていました(確認できたところで、日向でまだ数十株程度)。

20120217.jpg 大体3〜4センチの芽が落ち葉の間から顔を出してきていました。 昨年は、3月まで芽が出てきたことに気付かずにいましたが、今回は確認することができました。

20120217%20%281%29.jpg 日陰の斜面でも数本、見ることができました。

この他にも「キツネノカミソリ」の芽が出てきていました。 キツネノカミソリは、カタクリよりも生命力旺盛。 カタクリの花の時期には長い葉っぱをニョキニョキのばして、主役であるカタクリの花の出番(?)を邪魔をする困ったちゃんですが、花の少ない夏の終わりには美しいキツネ色の花を咲かせてくれる助っ人なので、少々のことは目をつむらないといけません(笑)

 とにかく、まだまだ寒いが続いてますが、植物は着実に春への準備をしてきているんですねぇ。びっくりです。

カタクリの花の開花はいつになるのか正確に言えませんが、例年3月中頃に開花し始め、4月の頭まで見られます。今後の天候、気温の状況で変わってきますので、今しばらくお待ち下さい。 これからこのブログ等でお伝えしていきたいと思います。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424