豊田市足助観光協会ブログ

2012.02.06

今年も『ほのか』で照らします

お知らせです。 今週2月11日(土)夕方5時より、足助の町並みで『ほのか』という灯りのイベントが催されます。 今年はこれで3回目の開催となります。 honoka.jpg 地元たんころりんをはじめ、たんころりんと交流のある各地の灯りを集めて、町並みに並べ灯します(一部の区間で)。

honoka%20%281%29.JPG 夏のたんころりんとは違って、この時期は寒いですので、暖かくしてお越し下さい。 灯りのほかに、4時から足助交流館にてギター、ハープなどのロビーコンサートも開かれますので、こちらも足をお運び下さい。

『ほのか』 開催日時 : 平成24年2月11日(土) 午後5時〜7時 点灯区間 : 足助交流館(西町)〜新町(マンリン書店付近)の通り 内   容 : たんころりんと各地の灯りを街道に点灯 その他催し : 足助交流館 ロビーコンサート(アズリー、足助のかじやさん、ハープ、三味線) 午後4時〜 主   催 : 新町発展会、足助たんころりんの会 協   力 : 足助観光協会、足助交流館


2012.02.05

木曽福島へ!!

中馬のおひなさんまであと7日。 昨日は、初日11日(土)に行われる『ほのか』のイベント準備のため、長野県木曽福島までたんころりんの会さんたちとある物を貰い受けに行ってきました。

20120205%20001.jpg そのある物とは『氷』なんですね。 氷とは言ってもただの氷じゃありません。 芸術作品です。

実は、この木曽福島で行われている灯りのイベント『雪灯りの散歩道』のメンバーの皆さんとたんころりんの会さんは交流があり、去年の『ほのか』でも作品提供していただくなど、大変お世話になっております。 また今年もその作品をたんころりんと展示していただきたく、現地へ赴いたわけです。

20120205%20002.jpg 『雪灯りの散歩道』、たんころりんと同じように木曽福島の町の街道沿いに氷の灯篭(?)が並べられており、大変美しい光景を眺めることができました。写真はメイン会場の様子ですが、龍やトトロなどの大きな作品も見ることができました。

『雪灯りの散歩道』http://www.nanchara.net/yukiakari/2011/2011%20yukiakari.htm

20120205%20003.jpg 氷の塔かな? キャンドルの光が反射して大変綺麗でした。こういうのってキリスト教の教会に飾ってありそうな感じですよね〜。

20120205%20004.jpg こちらは作品にモザイクがかかっておりますけど、何かがここに描かれています。それは秘密です。 来週、足助の会場でご覧くださいね。

20120205%20005.jpg 「個人の作品以外は持っていっていいですよ」と会長さんがおっしゃられたので、遠慮なく物色!! 会場に飾ってあるもの全てが素敵なので、あれもこれも集めました。 でも、欲しいっ!!と思うものは、全部、でっかいんです(笑)。しかも壊れやすい・・・。 なので、でっかいのは2、3点にあきらめ、たくさん積み込める中くらいの物をたくさんもらってきました。

20120205%20006.jpg 夜も10時過ぎまであれやこれやと散々騒いで作業をしました。さぞ、ご迷惑だったでしょうね(笑)。 申し訳ありませぬ・・・。 帰りには、木曽福島のみなさんからお土産もいただいて、足助へと帰りました。

木曽福島のみなさん、本当にありがとうございました。来週の土曜日、しっかりと飾らせていただきます!!  また、足助での様子はブログでお伝えしますね。


2012.02.03

貴重な写真が届きました

さて、今日2回目のブログです。 三州足助公社のOさんから貴重な写真をいただきましたので、ここで是非、ご紹介させていただきます。

nebiso20120203.JPG はい、これは何でしょう・・・・と言ってもわからないですよね。

これは足助地区にある『寧比曽岳(ねびそだけ)』の山頂からの風景なんですね。なんと今朝、登って撮ってきてくださったものなんです。 Oさんによると、「写真を撮ったのは朝7時ごろ。東の方面に富士山(東よりやや北に見える。この写真だと中央より少し右)や南アルプスの百名山(聖(ひじり)岳・光岳(てかり)・塩見(しおみ)岳)が見えました。場所によってはその北の間ノ岳や北岳が何とか見えそうなところだった。」とのことです。

おお、確かに奥のほうに富士山の形が見えてますね〜。 足助地区で富士山が拝めるって凄いですよね。感動しました。 私、足助に生まれ育ったにもかかわらず、全く知らなかったです。お恥ずかしい。

nebiso20120203%20%281%29.JPG 一昨日に降った雪がかなり積もっていますね。雪国みたいです。

nebiso20120203%20%282%29.JPG またまた、Oさんによると、「北東方面の百名山は恵那山や空木(うつぎ)岳が見えました。今回、北の方面は百名山だと御嶽山(写真に写りにくかったので写真なし)が見えましたが、

nebiso20120203%20%283%29.JPG 晴れていれば乗鞍岳や白山も見えますよ。

nebiso20120203%20%284%29.JPG 大多賀峠の気温は午前6時頃−10℃、寧比曽岳山頂の午前7時頃の気温は−12℃でしたが、風があまりなかったので、それほど寒く感じませんでした。」だそうです。

「また、大多賀峠〜寧比曽岳は多い所で積雪が20cmほど、アイゼンが無くても登れますが、下りはあると安心ですね。なお、積雪時は、大多賀峠まではスタッドレスタイヤやチェーンなどの装備が必要ですよ」とアドバイスもいただきました。

最近、お客様から寧比曽岳へのお問合せをよくいただきますが、その理由が良くわかりました。 こんないい景色が見られるんですから。 Oさん、寒い中、貴重な写真を撮ってきてくださって、本当にありがとうございました。


2012.02.03

土人形

中馬のおひなさんまであと1週間あまりになりました。 会場に飾る餅花も作り終えました。あとは各会場におひなさんを飾るのみですが、一足おさきに観光協会で土人形(土びな)を出しました。飾りはもう少しあとで・・・(^^;)。

ushiwaka.jpg

写真は牛若丸(義経)、土人形でもいわゆる「武将もの」と呼ばれるものです。 この他にも牛若丸と切っても切れない弁慶や勧進帳の富樫、熊谷直実と平敦盛とかもあるんですが、これは本町区民館の方で展示されます(多分・・・)。 おっと、今年の大河ドラマの主人公、平清盛も保管されているそうですので、今年はそれを出して皆さんに見ていただきたいなぁと思います(これも私の勝手な希望です・・・)。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424