足助観光協会ブログ

2013.02.22

鶴藤さんのあめ細工

17日の日曜日、足助交流館で飴細工師、鶴藤さんによる実演販売会が行われました。 交流館ロビーの一角には多くの人が集まっていました。

IMG_9686.JPG

日本の伝統工芸である飴細工が歴史に登場するのは、「延暦15年(796年)の東寺の建立時に飴細工がつくられ、供物としてささげられた」とWikipediaに紹介されています。

IMG_9709.JPG

子供たちは目の前でぞうさんやうさぎさんが現れる光景に大興奮。3分ほどの間に可愛らしい姿が出来上がります。

IMG_9712.JPG

温められた飴の温度はなんと80度!すぐに固まってしまうので時間との勝負です。形を整え、ハサミでチョキチョキと。

IMG_9708.JPG

最後は筆を使って鼻や口が描かれます。名前も入れてもらえます。

鶴藤ホームページ

町の様子です。最近は冷え込みが厳しく、まだ多くのお客様にはお越しいただいておりません。これから暖かくなるとどんどん賑わってきます。お問い合わせも日々何件もいただいています。

IMG_9756.JPG

田町で皆さんが覗いているのは、十二単の着付けの様子です。

IMG_9750.JPG

足助の重伝建の町並みが面白いのは一時代の建物だけではないこと。江戸、明治、大正、昭和、平成。しかも実際に生活の場としてその建物が機能していることです。

IMG_9727.JPG

大人気のもち花作り。皆さんも一度体験してください。


2013.02.10

中馬のおひなさん がんどう

昨日2月9日から中馬のおひなさんが始まりました。初日には「がんどう」が行われました。 がんどうとは、この地方にに古くからある風習で、おひなさんの日に子供たちが「おひなさん見せて」と言って家々を回ると、お菓子がもらえるという行事です。中馬のおひなさんのイベントとしては、5軒のお店がご協力下さいました。

IMG_9598.jpg

自ら籠をつかみ...なかなかたくましい可愛いお嬢さんです。

IMG_9630.jpg

「ありがとう」と大きな声で言えました。

IMG_9619.jpg

本町の田口邸。ガソリンスタンドを昔から経営されていらっしゃり、素晴らしい日本家屋に、歴史あるおひなさんとレトロな貝殻のマークがお洒落です。

IMG_9620.jpg

町なかでは可愛いおひい様たちに会えるかもしれません。


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424