足助観光協会ブログ

2014.02.26

春を告げる花“かたくり”

ここ数日、空気は冷たいものの陽気の良い天候が続いています。

そんな柔らかな陽に包まれる中、足助の町中にはお雛さんを見に来られている方で賑わい、また国道153号線を挟んだ向かい側の飯盛山では木々の間を風が通る音や小鳥の囀りがどこからともなく聞こえてきます。

さて、小鳥の囀りに導かれて飯盛山を登ってみると、カタクリの葉が顔をだしていました。春の訪れを知らせてくれているかのように、あちらこちらにかたくりの葉が顔を出し始めていました。

20140225_%B2%D6%B2%EA%A4%BF%A4%C1_c.jpg 落ち葉の合間からずくずくと姿を現すかたくり。

20140225_%B2%D6%B2%EAappu-_c.jpg かたくり独特、葉の模様がよく分かります。

20140225_%C2%F4%BB%B3%A4%CE%B2%D6%B2%EA_c.jpg あっちにも、こっちにも、カタクリの葉。まだ5cmほど。

20140225_%A5%D2%A5%E1%A5%AB%A5%F3%A5%A2%A5%AA%A5%A4-_c.jpg ヒメカンアオイ。

かたくりの開花時期:例年3月中旬〜4月上旬ごろ


2014.02.23

『中馬のおひなさんグッズ』好評発売中。

木々に注ぐ光の中から、小鳥の囀りが聞こえてくるこの頃。外を歩くには調度良い一日となりました。 さて、中馬のおひなさんが始まり、春雪に2度見舞われましたが、暖かな日差しに照らされた足助の町中は賑わいを見せています。

現在、中馬のおひなさんハガキを好評発売中。 IMG_3849_c.jpg 『中馬のおひなさんハガキ』第2回〜8回(7枚セット)、9回〜15回(7枚セット)、16回(一枚のみ)のセットです。

7枚セットはセット300円、今年のハガキ50円、土びな辞典100円、ポスターA3サイズ300円にて発売しています。今年のおひなさんの思い出にいかがでしょうか。

販売場所:足助観光協会、足助交流館、本町区民館、足助屋敷、百年草


2014.02.22

アマゴ特別解禁

アマゴの特別解禁についてお知らせです。

2014amagotokubetukaikin.jpg

主催:巴川漁業協同組合 電話:0565-62-0015


2014.02.22

3月2日甲冑行列が行われます

3月2日(日)に田町にて甲冑行列が行われます。

6名ほどですが、勝ちどきを上げながら豊信から観音寺までを行き来します。

時間は、1回目11:00〜/2回目13:30〜

主催:田町発展会


2014.02.22

お釜稲荷へ行ってみよう!

足助の田町には『お釜稲荷』というところがあります。

稲荷の中をのぞくと、大きな大きなお釜の中にお稲荷さんが祭られているのです。

そして、最近お釜稲荷のすぐ横に、おっきなお釜が出現!

なんとも見事な釜。

20140222_%A4%AA%B3%F8.jpg お釜稲荷すぐ横!

20140222_%A4%AA%B3%F8%B0%F0%B2%D9%A5%AD%A1%BC%A5%DB%A5%EB%A5%C0.jpg

そして、近くのお店でカラフルなお釜稲荷のキーホルダーを発見しました。

お釜稲荷は以下のような言い伝えがあります。

『昔、700年前ほど前じゃがのう。一升釜を一つ下げた白髪の老人があらわれたのじゃ。この老人、どういう力をもっていたのか、占いから予言まで、百発百中、あたらぬということはなかったそうな。村人たちは、老人のところへ教えを請うては集まってきたのじゃ。するとのう、老人はいつも一升釜でご飯を炊いて「サァサ、どんどん食べなされ」とふるまったが、どれだけ食べても、お釜の中のご飯はなくならないのじゃ。不思議に思って聞いてみると、「われは、これより三十里離れた山奥に住む平八稲荷であるぞよ」と言ったかと思うと、どこへともなく立ち去ってしまったということじゃ。それから数百年。足助の領主の本多淡路守様に、夢でこのことが告げられたので、淡路守様は、この釜をさがしだされ、陣屋の裏に祀られたということじゃ』(新・三州足助より)

そんなお釜稲荷がすぐ隣にある、田町交流館では、おひなさん期間中『稲荷茶屋』を開いています。お稲荷さんや炊き込みご飯や時にはおこしもんなどを販売されています。覗いてみてはいかがでしょうか。


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424