豊田市足助観光協会ブログ

2014.02.22

足取り軽やかに

天候に恵まれ、足取り軽やかにおひなさんを見に来られている方でにぎわう足助の古い町並み。町の至る所におひなさんはもちろんですが、手作りの小物や食べ物などのお店が並び、見ていてワクワクしてきます。

20140222_%C4%AE%CA%C2%A4%DF_c.jpg 足助の古い町並み

本日、『土びな絵付け実演』を本町区民館にて開催。 20140222_%CB%DC%C4%AE%B6%E8%CC%B1%B4%DB_c.jpg

20140222_%C7%A9%B5%B9%C5%C4%BB%E1_c.jpg 三河大浜土人形作家の禰宜田徹氏による絵付け実演です。本日以外に、2月23日(日)・3月1日(土)・2日(日)と行われます。この機会に、どのように色が付けられているのがご覧ください。

こちらは『紙屋』の特別公開です。 20140222_%BB%E6%B2%B0%C6%FE%B8%FD_c.jpg 紙屋の特別公開がされていました。ちょっと低めの入り口を通り、中に入ります。

20140222_%BB%E6%B2%B0%C3%E6_c.jpg ※普段、公開はしていません。(※3/1(土)10時〜15時も公開します。) ※その他詳細は足助支所までお問合せ下さい。

その他にも、足助交流館では『絵てがみ体験』開催中!大人からお子様まで、絵てがみを描くことができます。おひなさんの記念にいかがでしょうか。

20140222_%B3%A8%A4%C6%A4%AC%A4%DF_c.jpg


2014.02.16

足助の町並み(香嵐渓を一望できる宮町)

久しぶりに晴天に恵まれ、本日は多くの方にお越しいただきました。

こちらは宮町になります。主にお土産屋が多くあります。また、別に五平餅が個々に味が異なり、一本200円前後となり、食べ歩きをするには絶好です。

さて、本日の宮町。 20140216_%B5%DC%C4%AE_%B0%E6%BE%E5.jpg 大型バスでの方や視察の方で賑わった宮町。 おひなさんやお土産を見るだけで、あっという間に時間が過ぎてしまいそう。

20140216_%B5%DC%C4%AE_%C3%F3%BC%D6%BE%EC%A4%B9%A4%B0.jpg 宮町駐車場近くの様子。

20140216_%B5%DC%C4%AE_%C6%FC%A4%CE%BD%D0.jpg 日の出屋。色々なお土産がありますので、それぞれのお店を覗いてみてください。こちらからは足助八幡宮へ足を延ばしてみるのもおすすめです。

20140215_%B5%DC%C4%AE%A5%DE%A5%F3%A5%DB%A1%BC%A5%EB.jpg さて、宮町だけではないのですが、可愛らしいデザインされたマンホールを発見。五平餅と待月橋がデザインされています。

おひなさんは1番〜134番まであります。さらに、拠点などを合わせると約140件。全部回っても良し、所々気ままに回っても楽しめる中馬のおひなさん。

ブログにて足助の町(宮町、西町、新町、本町、田町銀座、新田町)を紹介させていただきましたが、まだまだアップしきれていないところはたくさんあります。ぜひ、足助へ直接おひなさんを楽しみにお越しください。

みなさまのお越しを、お待ちしております。


2014.02.16

足助のまちなみ(町並みの入口・西町)

西町は足助の町並みの入口にあたります。常夜灯が目印です。

20140216_%C0%BE%C4%AE_%B6%CC%C5%C4%B2%B0.JPG 玉田屋旅館。お昼は雛御前ランチをされているようです。

20140216_%C0%BE%C4%AE_siono.jpg 塩の道づれ家の中では、そば打ちをご覧いただけます。軒先には『柚べし』。奥には蔵の中にギャラリーなどもあり、食事や、小物雑貨をご覧いただくことができます。

20140216_%C0%BE%C4%AE_%B6%E2%B8%B6%A4%B5%A4%F3%C2%F0.jpg 金原生花店。おひなさん展示後ろには今までのポスターが掲示されていました。

その他にも、展示しているところはまだまだあります。また、交流館では段飾りをはじめ、御殿雛を展示してあります。


2014.02.16

足助の町並み(新町)

こちらは足助の新町です。『第16回 中馬のおひなさんマップ』の中橋を渡り、すぐの町です。

20140216_%BF%B7%C4%AE_%B4%DD%C8%AC.jpg 商店の中にもおひなさんが展示中。

20140216_%BF%B7%C4%AE_%B6%BF%C2%A2.jpg 郷蔵のなかにはどんなおひなさんがあるのか覗いてみてくださいね。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%A4%A4%A4%ED%A4%CF1.jpg こちらは、中橋を渡り左に歩いていくとある『いろは』。お食事ができます。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%A4%A4%A4%ED%A4%CF2.jpg 変わっているのが、おひなさんは竹で出来ている、竹ひなが展示されています。

20140216_%BF%B7%C4%AE_%C2%AD%CE%C8.jpg お米屋さんの前には、俵が展示されています。もちろんおひなさんも中に展示されています。

20140216_%BF%B7%C4%AE.jpg 土日となると、出店の数が増え、賑やかに感じます。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%A4%B5%A4%AB%A4%BF%A4%E4.jpg ウィンドに展示されているおひなさんを見たり、広場での小物を見たりなど、見どころたくさん。

20140216_%BF%B7%C4%AE_%B9%AD%BE%EC.jpg 新町の広場には軽食をとれたり、物品販売がされています。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%C2%BC%C4%EA.jpg もち花

20140216_%BF%B7%C4%AE_%A5%DE%A5%F3%A5%EA%A5%F3.jpg 『マンリン小路』はマンリン書店の横。小路を散策してみてはいかがでしょうか。


2014.02.15

足助の町並み(本町)

本日(16日)は天候に恵まれ、多くの方に足を運んでいただきました。 昨日と本日の写真を混ぜながら、本町の様子をお伝えします。

20140216.jpg 小松邸では『もち花』を体験(有料)することができます。

20140216_%CB%DC%C4%AE_%CE%BE%B8%FD%B2%B0.jpg こちらは和菓子屋、両口屋の前にて。昨日とは打って変わって人通りが多く、賑わいを見せています。

20140215_%CB%DC%C4%AE_%C2%AD%CE%C82.jpg こちらは足助糧穀。

20140215_%CB%DC%C4%AE_%C2%AD%CE%C8.jpg 御殿雛のおひなさんが展示されているのですが、こちらまで笑顔になりそう。

20140215_%CB%DC%C4%AE_%CA%FA%A4%AD%C3%CF%C2%A2.jpg だき地蔵。

20140216_%CB%DC%C4%AE_%C3%CF%C2%A2.jpg だき地蔵は、『出兵した息子が無事に換えることを祈願して、母親がこの地蔵を抱きしめたところ、ひょいっと持ち上がったそうです。このことから、だき地蔵を抱っこして願いをすると、願い事がかなうと言われています』(パンフレット『足助イレブンいい気分』より) 立ち寄られる方が多くみえました。

20140216_%CB%DC%C4%AE_%C5%C4%B8%FD%C5%A1.jpg 田口邸ではガラス工芸や小物など販売されています。普段入ることができない建物です。この機会に中を覗いてみてはいかがでしょうか。

20140215_%CB%DC%C4%AE_%B2%C3%C5%EC%B2%C8.jpg 加東家の『つぼっこ』。竹寒天です。子どもたちに人気のよう。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424