足助観光協会ブログ

2014.07.18

足助交流館ロビーコンサート

足助交流館にて『あかりの灯る道』ロビーコンサートが行われます。

足助は8月2日~15日まで『足助夏まつり』が開催され、同時のフラダンスや琴、オカリナなどをお楽しみいただけます。

期間中、足助の町並みではたんころりんも飾られます。

浴衣を着て町並み散策なんて、いかがでしょうか。



2014.07.18

あすけなつバケ(イベント紹介)

とよたデカスプロジェクトにて『足助ゴエンナーレ』プレイベントとが開催されます。



なつやすみをうんと楽しくするおまじない

「あすけなつバケ」

いったいぜんたいなんだそりゃ?

一緒にあそべばすぐわかる。



【イベント名】
  なつやすみワークショップ~あすけなつバケ~

【日時】平成26年8月13日(水)・14日(木)
  午後10時~午後16時(参加受付午後3時まで)

【会場】
  寿ゞ家(すずや)、田口家住宅

詳細はPDFにてご覧ください。



ファイルイメージ

あすけなつバケ表


ファイルイメージ

あすけなつバケ裏


2014.07.13

足助の町並みあるき、食べ歩き~和菓子~

足助には和菓子屋が5軒ありますが、そのうちの一つ、川村屋。

こちらではなんといっても『日月もなか』。(にちげつと読みます。)
「日月もなか」の「日月」とは傘置山の合戦の折に、足助次郎重範公が使用していた軍旗に記されていた「日月」の文字が由来しています。

サクッと音を立てて食べる最中の中には、白いんげんの白あんが入っており、上品な甘さがお茶の相性よく、足助の手土産として定番のひとつとなっています。


さて、足助の町並みは、国の重伝建に選定されています。足助の秋といえば香嵐渓!ですが、町中散策もおすすめです。今年は電線の地中化や道路の整備が行われ、足助の町並みがより美しく変わりました。空は一層広く感じ、道路も白線がなくなり、町並みがはっきりとした雰囲気が伝わってきます。

ぜひ、夏休みには川遊びや森林浴、そして足助の古い町並みを散策したり、美味しいものを食してみてはいかがでしょうか。


日月もなか


2014.07.13

もうすぐ『足助夏まつり』~夏夜のお菓子~

昨日は暑いあつい一日となりましたね。本日は昨日と比べても涼しく過ごしやすいです。

さて、8月2日(土)~15日(金)まで『足助夏まつり』が開催されます!

期間中、『たんころりん』が足助の住民の方により並べられますが、そのたんころりんをイメージした和菓子があります。

こちら、
『風外』ではこちらの“たんこりん”が店頭を飾ります。

たんころりんのほのかな灯りをイメージしたお菓子。
可愛らしい籠を開けると、カスタードクリームがコーヒー味のわらびもちで包まれた、ぷるんとした見た目で、もっちっとした食感のお菓子が入っています。中では一休みする場所も設けられていますので、町歩きの休憩に、いかがでしょうか。

『御菓子司 風外虎餅』詳細はこちら


風外


2014.07.07

製菓舗 志賀屋の涼しげな和菓子

今日は七夕。生憎の天候、夜の天気も思わしくないようです('_')

足助の町中を歩いてみると、七夕飾りをされているところがあり、飾り付けや願い事が書かれていました。なにか願い事はされましたか・・・?



さて、今日は製菓舗『志賀屋』の水まんじゅうを紹介します♪

志賀屋は有機農法の大豆(豆)にこだわっており、こちらの写真は水まんじゅうです。こしあんのやさしい柔らかさが特徴です。一つは通常の水まんじゅう、もう一つはコーヒー味。コーヒーは風味がふわっと伝わってきます。生地はもっちっとした重みのある食感。

足助の川のせせらぎを耳にしながら、香嵐渓で一休み・・・なんていいですね♪

製菓舗 志賀屋の場所などはこちらをご覧ください。




RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424