足助観光協会ブログ

2015.02.28

山肌をふんわりと覆う かたくりの葉

暖かな陽気に誘われ、かたくりの花芽がぽつりぽつりと姿を出し始め、飯盛山の北西斜面にはカタクリの葉がふんわりと山肌を覆い始めています。群生地の景色が変わりつつあります。


飯盛山のかたくりの群生地


北西斜面


西斜面


全体を見渡しても、花芽をすぐに見つけ出すのは一苦労ですが、花芽が姿を出し始めているかたくりの花が数本みつかりました。


踊っているかのようなかたくりの花芽


花芽は薄らとしたピンク色に。


花開くのはいつ頃・・・?とつい聞きたくなってしまいます。


かたくりの花の開花は、例年3月中旬~4月上旬ごろ。

今年の見頃は、さていつになるのか、これからの天候に左右されそうですね。

中馬のおひなさんに足を運ばれる予定の方、ぜひ、香嵐渓飯盛山を歩いてみてはいかがでしょうか。もうすぐ可愛らしい春に出会えるかもしれません。


2015.02.25

土びなの絵付け実演



現在、『第17回 中馬のおひなさんin足助』開催中♪

週末土日には、土びなの絵付け実演をご覧いただけます。

どのように土びなに絵付けをされているか知る良い機会です!

詳細はこちら↓

【土人形の絵付け実演】
日にち:2月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、3月1日(日)
時 間:10:00~16:00※時間中随時
場 所:土びな会場(本町区民館)
内 容:三河大浜土人形作家・禰宜田氏による実演をご覧いただけます。白い素焼きの土人形たちが職人の手によって鮮やかに彩られていきます。

その他のイベントはこちらをご覧ください。

みなさまのお越しをこころより、お待ちしております。


2015.02.13

大賑わいの祝日

足助の町並みと足助城が良く見える場所、新町。


2月11日(水)祝日は天候に恵まれ、町中は賑わいを見せており、特に学校が休みということもあってか、親子連れの方を多く見かけました。


足助交流館


足助の町中、賑わっています。


なんと2階に段飾り。


いろは:竹で作った特製おひなさまが飾られています。


大きな鮎の塩焼き。お客さんから「おいしいよ~」と声をかけていただきました。


蔵の中におひなさん。


足助糧穀:中には手作りの立派な御殿があり、見ごたえがありました。


こちらは、先日、中日新聞で記事が取り上げられていた、足助塩を使ったサブレを置いている「足助まいど商店」。お店の表には桜の香りのチョコサブレが並べられていました。足助中学生が考案したゆるきゃら「かたくりん」が描かれています。


サブレ


まいど商店


町のほんの一部の紹介となりますが、足助の西町~新町~本町~新田町~田町、そして香嵐渓でおひなさんめぐりを楽しんでいただければと思っております。

みなさまのお越しをお待ちしております。


2015.02.13

かたくりの花芽と山野草

かたくりの花芽


中馬のおひなさんが始まってから、比較的暖かな気候がとおもえば、雪が降ったり、みぞれになったり…また晴天になりの繰り返しが続いていますが、日にひに太陽の陽ざしが心地よく感じられるようになってきました。

そこで、飯盛山でヒメカンアオイが咲いているかどうか、足を運んだところ、ヒメカンアオイはすでに顔をだし、また、かたくりの花芽が5cmほど顔を出していました。

こころ温まるような春はすぐそこまで来ているようです。


ヒメカンアオイ


かたくりの花芽


2015.02.08

見て、歩いて、食べて楽しもう♪

中馬のおひなさんを楽しむには、とにかく歩いて、食べて、見て、話して楽しむ。
そんなワクワクする「中馬のおひなさん」が始まりました。

足助の町中は、段飾り、土びな、御殿飾りなどが、またその周りには手作りのもち花で飾り付けがされ、華やかさを醸し出しています。

まずは、足助の重伝建の町並みを歩いてみました。


足助糧穀


と、その前に本日は塩の道づれ家で昼食。お蕎麦はもちろん、蕎麦湯がまた美味、身体も温まり、デザートに蕎麦湯を使った寒天をいただいてきました。


塩の道づれ家にて


さて!腹ごしらえをした後は本腰を入れて町並み散策です。
新町の町並みにはいると、五平もちや草餅のお店があり、本町へ入ると、建物が新しく建て替えられた「地蔵堂」があり、参拝者で賑わっていました。


五平餅・草餅


地蔵堂


本町区民館


こちらは、本町区民館。土びな会場となっています。
2月14日(土)・15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、3月1日(日)に土びな絵付け実演が行われる会場でもあります。これからご予定の方、ぜひ、足を運んでみてください。三河大浜土人形作家の禰宜田氏による実演をご覧いただけます。


もち花に似せて作られた、手作りの飾り


町中を歩いていると、店内や店先に色鮮やかな飾りが置かれています。販売されているところが多々ありますので、お土産にいかがでしょうか。


以下、足助の町並みを写真でご覧ください。


加東家


カネサン


田町銀座


井筒亀お肉屋はリニューアルしました!


さて、次に足助の重伝建の町並みから、香嵐渓へ足を運んでみました。
こちら三州足助屋敷には入館しませんでしたが、長屋門の左には五店から内裏雛などが展示されています。ライトに照らされ、神秘的な雰囲気でした。


長屋門


こちらの桧茶屋で、五平餅を食べて小休憩。
小腹に調度いい五平餅!
寒茶も美味しく、おかわりしてしまいました♪


寒茶


寒茶



まだまだお伝えしきれないのですが、その他にもまだまだ見てまわるところがあります。
是非、一日ゆっくりと足助の重伝建の町並み、香嵐渓周辺を楽しんでいただけたらと思います。
みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。

パンフレット、資料の請求は足助観光協会の問合せフォームよりどうぞ。


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424