豊田市足助観光協会ブログ

2015.08.02

川遊びが気持ちいい!

香嵐渓の巴川では川遊びをする子どもたちで賑わっています。


待月橋から見た巴川(鮎つかみ会場)


二日目の巴川鮎つかみ


家族で楽しい思い出に♪


また来年、香嵐渓でお待ちしております。


2015.08.02

優しい明かり

宮町からたんころりんが並べられています。


今年も「たんころりんの夕涼み」が始まりました。

期間は8月1日(土)~15日(土)までです。
町かど演奏会も開催中。時間は日没~夜9時まで。
※町かど演奏会が行われない日も、たんころりんは灯されます。

昨日は初日で各町の各家でお持ちのたんころりんが宮町から田町まで並べられ、各所で町かど演奏会の歌声や三味線、オカリナ、ギター、ハープなど、様々な音色を耳にすることができ、涼しく夜を過ごすことができました。昨日の様子です。どうぞご覧ください。


西町


玉田屋:昔の旅籠屋。現在でも宿泊できます。外でビールをいただけます。


西町 柴田邸にて


西町ではPAKI De SATの演奏。三味線とタブラという太鼓演奏(唄)を聞くことができました。


西町から新町へ


川沿いにも竹の灯りが灯されています。


今年は竹筒(名前募集中!)灯りも飾られています。



本町


たんころりんのお菓子と豆乳くずもち。ひんやり♪


新町ではお菓子やの風外にて、冷たい和菓子が販売されていました。中でいただくことができます。


マンリン書店前に出ます。


旧鈴木家住宅も灯りが灯されています。


本町


田口家にて


田口家では、ちゃぼによるボーカル・グループ演奏が行われました。


本町に入ると色とりどりの灯りや、白久商店ではつくりもの作品として、影絵がお目見え。
皆さん、なんの影絵かわかりますか?
是非、実際に正面からご覧ください。


白久商店


作品紹介:「ももたろう」 場所:店舗の二階
内容:こうし(格子)をどうしようと思い巡らせ、こうしようと、シルエットを試み、そのこうし(嚆矢)としたのが「少女たんころりん」。こうして5年目を迎えます。

と教えていただきました・・・むむむ!(笑) とにかくダジャレがお好きなお店ですね。外には手の込んだ風車も販売(150円)しています。よく回ります。


遊び心あり 足助牛乳(小さな手のひらサイズのたんころりんが大きく見えます)


こちら中馬館の町まど演奏会



演者はMISAとGumi、アイリッシュハープとフィドル/ギターの演奏。


浴衣を着て、夜の町歩きはいかがでしょうか。


飯盛山と足助城がライトアップされています。


2015.08.01

賑わい見せる鮎のつかみどり(8/1土曜日)

猛暑が続き寝苦しい夜が続きますが、そんな猛暑はどことやら、夏休み中の小学生以下のお子さまにお勧めのイベント『鮎まつり』が(今日と)明日まで行われます。冷たい川に入り、鮎つかみ(500円/回)は自然の中で体験できます。

本日は巴川鮎まつりには大変多くのお子さま(小学生以下)に鮎つかみを体験していただきました。そして、手でつかんだ鮎を塩焼きにしておいしそうに食べていました。

※明日は早朝から巴川鮎まつりが開催されています。朝五時~始まります)
詳細はこちら


本日の香嵐渓は賑わっています。


鮎のつかみどり一日目


香嵐渓広場下の川では池が作られており、会場となります。一生懸命、鮎を探している姿が伝わりますね。


上手につかめたね!


つかんだ鮎は塩焼きにしてもらいます。


栗の木茶屋では流しそうめんをすることができます。夏ならではのイベント!


その他、足助屋敷では夏休み限定の体験も行っています。
下記チラシを参考に、この夏休みは香嵐渓・足助へ遊びに行こう!



足助屋敷のイベントチラシ


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424