豊田市足助観光協会ブログ

2011.02.19

やっとこさーのおひなさんびより

先週とは打って変わって、今日は暖かで穏やかな土曜日。梅の花が町のあちこちで咲いています。 春が近づいていますねぇ。 さてさて、今日は暖かい陽気に誘われてか、たくさんのお客様が足助の町に遊びにいらっしゃっていました。

20110219-1.JPG 西町の玉田屋さん前です。江戸時代から続く旅館です。今も営業されています。 玄関先に衣装雛、土びなが飾られて気軽に見ることができます。

20110219-2.JPG 新町、千賀クリーニングさんのおひなさんです。 竹筒の中にガラスのおひなさんが飾られているんですよ。

20110219-3.JPG 天王社の角を曲がって、

20110219-4.JPG マンリン小路です。ここはいつも撮影スポットで賑わっています。

20110219-5.JPG 通りを進んでいくと、もち花教室をしている小松さんのお宅前です。 いつも盛況ですねぇ。

20110219-6.JPG 本町区民館です。

20110219-7.JPG ここは土びなだけが飾られています。

20110219-8.JPG 今日は、土人形絵付け実演の日ということで、碧南市大浜から人形師の禰宜田徹さんがお見えになっていました。作業を間近で見ることができます。

20110219-9.JPG 白い素焼きの人形に鮮やかな色の顔料が塗られていきます。

20110219-10.JPG 傍らには禰宜田さんの作品が飾られています。招き猫もありますねぇ。 禰宜田さんは、明日20日(日)、来週26日(土)、27日(日)にもいらっしゃいます。 時間は10時〜4時までで、随時行っていますよ。

20110219-11.JPG 田町にやってきました。

20110219-12.JPG 藤屋油店さんのおひなさんです。 黒光りした柱や梁に鮮やかな色のおひなさんがよく映えますね。

20110219-13.JPG 名古屋牛乳さんにやってきました。

20110219-14.JPG 今日は看板猫のまるちゃんがお出迎えしていました。 雑誌に載ったときと同じポーズでキリリとした面持ち。

20110219-15.JPG 今日はお見えになるお客さんになられたり、写真を撮られたりとかなりの人気です。

20110219-16.JPG お向かいのひつじ堂さんがなんとバッジを作ってくれたそうな。かわいいですねぇ。

20110219-17.JPG お向かいのひつじ堂さんです。面白いクラフトを販売しているお店で、物色するだけでも面白いですよ。

20110219-18.JPG 店長の荒木さんです。 あの中馬人形もこの方がお作りになりました。

20110219-18-2.JPG 鶴の恩返しの作り物や招き猫のおひなさんと変わったものがたくさん展示されています。

20110219-18-3.JPG 今年はお店の外でおみくじを取り扱っているようです。

20110219-27.JPG ずんずんと進みまして、新田町までやってきました。 バンバン横丁のみついも屋さん(焼き芋屋さん)が忙しそうにしていました。 ここのお芋はおいしくて評判です。

20110219-19.JPG さて、山ごぼうの味噌漬けで評判のスズマンさんをちょっとすぎるとこんな看板が立っています。

20110219-20.JPG この狭い路地を上がっていくと・・・・

20110219-21.JPG こんなところへ出ます。見上げると丘の上に家が建っていますねぇ。 あそこは昨年、できました「体育とスポーツの図書館」なんですが、あちらでもおひなさんを飾っているとのことなんですが、行ってみましょう。

20110219-22.JPG 曲がりくねった坂道をヨイコラセと登っていき、玄関へ。

20110219-23.JPG 一見小さな民家に見えますが、れっきとした図書館。びっしりとスポーツに関する書籍が保管されています。

20110219-24.JPG おひなさんのほかに、実は期間中、平安貴族がたしなんだといわれるあの『蹴鞠』の鞠が展示されているんですよ。初めて見ました。 なんでも鹿の皮でできているんだとか。詳しくは館長さんに聞いてみてね。

20110219-25.JPG それから、お隣には昔のスケート靴も展示されていました。スケート靴っていうよりもスケート下駄ですな。コレワ・・・。 昔の人はよくこんなもので滑っていたものです。すごいです。

20110219-26.JPG この図書館は高台にあるので、足助の町並みが一望できるんですよ。 これを見に来るだけでも価値はありますよ。

20110219-28.JPG 通りに戻ってきました。 そのまま今朝平橋の方面へ歩いていくと、松美屋さんにたどり着きます。

20110219-29.JPG ここのおひなさんは、足助の町の中のおひなさんでも一番古いといわれているおひなさんで、江戸時代後期の物なんだそうです。 でーんっと大きなおひなさんが玄関先に飾られ、皆さんをお待ちしています。 是非、この松美屋さんまで来ておひなさんをみて、折り返してくださいね。 途中で帰ると勿体ないですよ。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424