豊田市足助観光協会ブログ

2012.04.21

これからは新緑、山野草の季節です

ソメイヨシノが散り、なんだかさみしいですが、その代わり遅咲きの山桜が山々の所々で咲いてきました。 淡く燃え始めた山の木々の中にポツポツポツと咲いている姿も美しいものですよ。 さて、今日は、これからシーズンとなる香嵐渓の様子をお伝えします。

20120421.jpg ますは、香嵐渓のもみじ。 葉はすっかり開き、色も乗ってきて、今は鮮やかなライトグリーンがとても綺麗です。 もうしばらくすると山全体がもさもさーっと葉っぱでいっぱいになり、美しい新緑が望めます。ゴールデンウィークなんかは一番綺麗になってるんじゃないでしょうか。 この季節はどの時間も美しいですが、きりりと清清しい空気の朝が一番です。鳥のさえずりやまぶしい朝日がまだ覚めきらない身体を目覚めさせ、気分をリフレッシュさせてくれます。

20120421%20%281%29.jpg カタクリの群生地でよく見られる『ナベワリ』。舐めると舌が割れそうになるくらい苦いということから名前がついたといわれています。

20120421%20%282%29.jpg 『ヒトリシズカ』です。 先週までは白い花がついていましたが、今ではこんなに背が高くなり、葉っぱも開いてきました。 これのほか花が二つ付く『フタリシズカ』っていう花もあるんですが、まだ見かけてないなぁ。

20120421%20%283%29.jpg 『シャガ』です。その辺の野山に咲いていたり、庭に植えていらっしゃる方も多いので、割と珍しくない花ですが、香嵐渓にも群生地があります。 今はまだつぼみが多い状態ですけど、日当たりのいいところで一輪二輪咲いてました。

20120421%20%284%29.jpg 『アカネ』。 昔は染料として使われたそうです。小さな白い花がたくさん咲きます。

20120421%20%285%29.jpg 『ホトトギス』の新芽。 秋にまだら模様の花を咲かせます。今の時期はカタクリのように斑点のある葉っぱが生えています。 とっても瑞々しいのでおいしそうに見えますが、食べられません。

20120421%20%286%29.jpg 最後に、『ウラシマソウ』です。 鳥の頭みたいな形の花ですね。地味ぃな色と花びら?の先端がピュッと延びているので、特徴のある花です。この長い付属体を浦島太郎の釣竿に見立ててこの名前が付いたらしいのですが、なんで浦島太郎なんだか...わかりません。 グロテスクな色、形なので、近寄っただけでかぶれそうなイメージですが、大丈夫ですよ〜。 花期が短いので、見逃してしまうことが多いです。もし、この時期に香嵐渓にみえましたら、よーっく探してみてくださいね。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424