豊田市足助観光協会ブログ

2015.04.07

猫や、浦島や馬。花の名を覚えるのが楽しい季節。

一年の中で、キラキラと山が輝いている季節がある。

実は、「今」その表情を魅せてくれている。

香嵐渓は山野草の宝庫と言われているが、個性豊かな表情をした山野草が、若葉眩く輝くその直下で花をつけている。今年は桜の花吹雪と共に一気に姿を現した。


ネコノメソウ


ウラシマソウ。ちょうど釣竿を投げようとしているように見える。


ウラシマソウと姿は似ている、マムシグサ。いつの間にこんなにのびていたのだろうか。


キンポウゲは別名ウマノアシガタとも呼ばれている。足助で「馬」関連の花は親しみがわいてくる。


ジコクノカマノフタ。名前からして、その下には何があるのか。。。


オオイヌノフグリ


ムラサキケマン


ミツマタ


ホウチャクソウはあちらこちらに姿を現している。


シャガは例年より早く、咲き始めた。


タチツボスミレはあちらこちらに咲いている。こんなにも咲いていると華やかな気分にさせてくれる。


ヤマルリソウは色があせつつあるが、これもまたきれいな色となっている。


これらの山野草の名前が分るようになってきたが、これらの草花の名前の由来を話せるようになったら、より一層、山野草に親しみが持てるのではないか。少しずつ覚えていきたい。


桜は花吹雪となり、道行く人を楽しませてくれている。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424