豊田市足助観光協会ブログ

2011.07.08

夏がやってきました

今日は、昨日の大雨と打って変わって、朝から蒸し蒸しギラギラの天気。 気象庁によれば、今日から梅雨明けしたそうです。暦の上でもちょうど小暑。 これから本格的な夏がやってきます。

さて、夏といえば、涼しい香嵐渓の巴川の風景を写してしまうんですが、今日は真弓橋から足助川の風景を撮ってきました。

20110708.jpg 町並みの奥、新田町・川の上流の風景です。 朝のまぶしい光、山の緑、涼しげに流れる川、そして家並み。 やはり、こういう風景の中で夏を過ごしたいですよね。視覚だけでも涼しくなれますからね^^

ところで、左側に続いている遊歩道(上の段)は、かつての中馬街道です。 奥に架かっているあゆみ橋のもっと奥まで道は続いていて、最後には国道153号と合流して長野県塩尻まで続いているんですよねぇ。

20110708%20%281%29.jpg 橋の反対・下流側を撮りました。 香嵐渓の飯盛山がバックに家々が川に沿って並んでいます。 石垣が綺麗ですね。こっちの遊歩道は中馬街道ではありませんので、お間違えなきように^^

8月13日14日の夜には、足助川万灯まつりが催され、約7000個のロウソクがこの遊歩道沿いに並べられます。 街道のたんころりんとは違った雰囲気を味わえますので、是非、遊びに来てくださいね。


2010.09.16

『マチナミリョク大作戦』マチナミリョク探検隊

 やっと秋らしくなってきましたねぇ。空にはトンボがたくさん飛び交い、蝉の声もミンミンゼミに変わり、夜の虫の声もうるさくなってきました。 今朝は香嵐渓の川原で、彼岸花らしき赤い花を2、3輪見つけました。 「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うものの、今年は10月まで暑いんじゃないかと言われていましたが、秋はやっぱり来ていたようです。まだ日中は暑いですが、朝晩がウソのように涼しくなり、薄着でいると風邪を引いてしまうほどです。 季節の変わり目ですので、みなさん体調管理には気をつけましょうね。

さてさて、9月はイベントのてんこ盛り。 今年は、『マチナミリョク大作戦』、『芸術さんぽ』、『香嵐渓・月見の会』と日がかぶってイベントが開催され、足助の町中がとてもあわただしくなっています。 昨日は、『芸術さんぽ』のお知らせしましたが、今日は、『マチナミリョク大作戦』のマチナミリョク探検隊のご紹介をします。

tankentaiimage2.jpg マチナミリョク探検隊とはなんぞや? っというのが一番気になるかと思いますが、要は町並みでクイズラリーを行うものです。 どなたでも参加でき、予約は要りません。

開催日時は、9月中の土日祝 <9/5(日)、11(土)、12(日)、18(土)、19(日)、20(月祝)、23(木祝)、25(土)、26(日)> 10:00〜16:00(最終スタートは15:00です)

詳しくは以下のホームページを参照してください。 http://www.mirai.ne.jp/~asuke/machinamiryoku/tankentai.html

machinami-qc.jpg まずは、このQカードなるものを入手してください。 入手場所は、宮町駐車場、西町第2駐車場、足助観光協会、田口邸(ゴール)です。

machinami-qcmap.jpg 開くとマップになっていて、クイズのゾーンが記されています。

taguchike.jpg ここがゴールの本町にある田口家です。Qカードはここでももらえます。

kanban.jpg こんな看板が立ってます。

takarabako.jpg クイズを解き、中へ入ると宝箱がありますので、クイズから導き出された番号を使って錠前をはずし、箱を開けます。中にコインが入っていますので、それを入手してください。 スタッフがいますので、詳しいことはこちらで聞いてくださいね。

chusen.jpg コインをもって隣の抽せん器へ!! ガラガラとまわしてお宝をゲットしてね。

クイズラリーは16時まで(ゴール)となっておりますので、15時までにはQカードをゲットして参加してね。 詳しくは、足助観光協会 電話0565-62-1272

たくさんのご参加お待ちしております。


2010.08.06

足助の町並みに新たなお店ができました

 こんちはっ、毎日暑いですねぇ。山里・足助でも毎日、30度以上を越える日が連日・・・。 もう外を歩くのも嫌になります。

さて、今日は、皆さんに耳寄りなお知らせがあります。実は、足助の町並みに新しく洒落たお店ができたんです。

shioza20100806-1.jpg みなさん、田町という場所はわかりますか? 中馬館や赤い大鳥居がある町なんですが、ちょうど通りの真ん中付近に『塩座』さんというお店ができました(中馬館の近くですよ)。

 かつて、足助が中馬街道の中継地、宿場町として栄えていた頃、ここは塩問屋を営まれていました。当時は、三河湾で取れた塩、産地の違う塩をブレンドし(足助直し)、馬で信州までの険しい道のりを運んでいきやすいように荷を積みなおしたそうです。

 しかし、時代の流れとともに中馬街道も鉄道や車などの交通機関の発達により衰退し、塩の流通の形も変わっていきました。それにより塩問屋も閉じられ、長い間、商売もお休みされていました。

 ところが、今回、建物の修復に合せて、お店を再開されました。

shioza20100806-2.jpg  中に入ると、出来立てホヤホヤの土壁の香りがします(このにほひ大好きです)。 入口を入ってすぐのところに、商品がズラリと並べられています。 もちろん、置いてある商品も塩問屋だったということで、塩が売られています。 看板商品は、復刻版「足助直し」!! 当時の製法にできるだけ近づけて、今回復活しました。昔ながらの足助の味。 この時期、スイカや枝豆などで是非、ご賞味ください。 

shioza20100806-3.jpg 塩だけでなくて、昔懐かしいお菓子やお漬物、籠や洗濯板など、昔の道具も売ってます。

shioza20100806-4.jpg お店の奥は、ちょっとしたギャラリーになっています。 町並みの写真かなぁと思ってよく見てみると、実は精密に描かれた絵がずらりと並んでいました。 座敷もありまして、囲炉裏のようなものがありましたが、どう利用するか検討中だとか。 これからどんなお店になるのか楽しみです。

shioza20100806-5.jpg この日はたんころりんのイベントがありましたので、夜も営業されていました。

shioza20100806-6.jpg お店の軒に座って眺めるのもなかなか風情があります。なんか新鮮です。 みなさん、田町にお越しの際は是非、塩座にお立ち寄りくださいね。

●『足助まいど商店・塩座』● <住 所>豊田市足助町田町10番地 電話0565-62-1205 <営業日>金・土・日・月 午前10時〜午後5時 ※但し、「たんころりんの夕涼み」イベント期間中(8/7〜8/15)は、無休です。   時間も午前10時〜午後9時まで延長します。   お向かいの、不思議で奇妙なかわいい小物屋『ひつじ堂』にも寄ってみてくださいねぇ〜。


2010.06.27

足助の町にオープンカーの行列ができたよ

今日は、雨が降ったりやんだりと本当に梅雨らしい天気。 おまけにものすごく蒸し暑い。一年の中でも本当に嫌な季節です。

さて、今日は、先週、催されました『コッパ・ディ・東海』のイベントのようにオープンカーが足助の町を通りました。 と言っても、前回のように大々的なイベントでなく、個人でオープンカーを所有している方々が集まって町の中を横断したものですけれど、十数台もの車両が列を成しているのはなかなか見ものでした。

20100627-1.JPG 車種はよく確認できませんでしたが、赤い外車...。かっこいいですねぇ。

足助にいると普段、見ることがないオープンカーがこんなにもたくさん通るので、子どもたちが大はしゃぎ。あとを走ってついていく子も何人かいましたよ。

20100627-2.JPG 古い町並みとオープンカー、結構、似合いますね。 ただ、これだけ並んでいるとイベントを知らない住民の方が見たら、「何事が起こった!?」と思ってしまうでしょうね^^


2010.06.09

「体育とスポーツの図書館」へ行ってみよう!!

asukesl-1.jpg 今日は、足助の町の中にある「体育とスポーツの図書館」をご紹介します。 この図書館は、一見、普通の民家のように見えますが、体育、スポーツ、健康教育に関する専門書や雑誌、様々な記録などが集められた図書館で、今年2010年2月に開館しました。 建っている場所も個性的で、町の北側にある観音山の周辺にあり、ここから見る町並みは香嵐渓・飯盛山から見る町並みとは違った感じがしてとても新鮮です。日当たりもよく、風も気持ちよいです。 ただ、高台にあるため、駐車場もなく、街道から小さな路地を上って歩いて行かなければならないので不便ですが、ちょっと目線を変えて、町の路地を見ながら歩いていくのも面白いですよ。こんなところがあったのかと新たな発見があります。

・・・っということで、まずは行き方から。

mejirushi-0.jpg とりあえず、お釜稲荷と赤い大鳥居がある新田町(しんたまち)まで行きましょう。 田町交流館をちょっと通り過ぎ、『丸一志賀商店』(酒屋)さんの隣に路地がありますので、そこから上っていきます。

mejirushi-1.jpg そこには看板がありますが、見過ごしてしまわないように気をつけてください。

mejirushi-3.jpg 看板のとおりに上っていき、途中で防火水槽に突き当たったら、ここにも看板がありますので、看板のとおりに右へ。

mejirushi-5.jpg すると、図書館の軒先にこんなものが吊るされています。足助まつりの鉄砲隊のお守りのしめ縄です。結構大きいものですね。とりあえず、これを目印にしてくださいね。

exhibit1.jpg 早速、中に入りますと、玄関右手に本場イギリスのゴルフの古いクラブとボールが展示されていました。なかなか洒落ています。

exhibit2-2.jpg そして、左手には今週末から開催される展示会のサッカーのユニフォームが飾られていました。その傍らにはカーリングストーンが!!・・・はじめて見ました。 そういえば、カーリングの発祥はサッカーの発祥地でもあるイギリスでしたねぇ。

slinside.jpg そのままつかつかと中へ入ると、施設の方たちが今週末の展示会の準備をされていました。お邪魔しないように中の様子を伺っていると、準備の手を休めて図書館代表の成瀬さん、講師の吉田先生がサッカーについて展示の案内してくださいました。

exhibit4.jpg 例えば、この写真にあるサッカーボールの歴史や

exhibit3.jpg ボードに貼られたいろんな写真をもとに本場イギリスのフットボールの様子をちょっとですが、聞くことができました。

slinside2.jpg

townscene.jpg 先生方のお邪魔をしてはいけないので、あとは自分で館内を見ていると目に付くのは、ここから見える町並みの景色。早速、縁側に行ってみました。 山の斜面には建っているものの、周りに大きな木がないので、飯盛山から見る町並みよりも視界が広く、はっきりと家並みが見えました。しかも、今日は天気が良かったので、とても気持ちが良かったです。秋には、隣の観音山の紅葉がきれいでしょうねぇ。

slirori.jpg 取材も終わり、帰ろうとしたところ、成瀬さんに「事務所でお茶でも飲んでって」とお誘いが!!・・・・ずうずうしくもお茶をいただいてしまいました(笑)。 ふと、事務所の奥を見るとその奥には囲炉裏部屋がありました。成瀬さんに聞いてみるとこの部屋は会議室に使っているんだとか(会議室の利用は事前に予約要)。すごい図書館だ。

asukesl-2.jpg とにかく、この図書館を利用する目的でなくとも景色だけでも結構です。町並み散策コースの一部として取り入れてみるのもいいですね。

詳しいお問合せは、NPO法人「体育とスポーツの図書館」電話0565‐62‐3500までお問合せ下さい(休館日:日・月・火曜日・祝日)。


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424