『香嵐渓の新緑4月中旬~』『香嵐渓のかたくり群生3月中旬~』

<カタクリの花の見頃>
今年は、3月中旬が見ごろになると予想しています。
(その年の気候により変わることもあります。)
香嵐渓のカタクリの花は、香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約0.5haに群生地があります。
カタクリの花は、花が咲くまでに7~8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の規模になりました。3月中旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。

万葉集 大伴家持の一首にもこの花の名前が詠まれています。

『もののふの 八十娘子らが汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花』

この「堅香子」は、カタクリの古名です。長い冬が終わり、待ちわびた春の訪れとともに咲き始めた堅香子の花に、家持も魅せられたのでしょう。

花の姿が可憐で、スプリングエフェメラル(早春の妖精)ともいわれる彼女達にぜひ逢いにきてください。
ぽかぽか陽気の日には、早春の香嵐渓を散策してみませんか?
カタクリの花と同時期にキクザキイチゲも開花します。小群落を作っていますので、すぐに見つかると思います。
他にも、ヤマルリソウ、ニリンソウ、ナベワリ、ヒトリシズカ、初夏になればシャガの花・・・と咲き始めます。

<紅葉の新緑の見頃>
4月下旬~
・秋の真紅のもみじは全国的にも有名になっておりますが、新緑の若葉もみじもなかなかおつなもの。
この時期は人も少なく、ゆったりと森林浴が出来ます。
飯盛山の中腹の緑に囲まれた“香積寺”に参拝したり、川のほとりのテラス席でその名も“堅香子(かたかご:カタクリの古名)の自家焙煎コーヒーをゆったりと味わうのも良いですね(^^♪
木々からパワーをもらって、また明日から頑張ろう!という気持ちが沸いてきますよ。

このページを印刷する

令和3年 かたくりと新緑チラシ



一番近い駐車場は香嵐渓の西町第2駐車場で、そこから歩いてすぐの飯盛山斜面です。
午前中や、雨の日また天気の悪い日は花が開きません。
上り下りや凸凹がありますので、足元にご注意の上散策をお楽しみください。


見頃の時期の様子







ニリンソウ(二輪草)キンポウゲ科
根で増え群生します。3枚輪生した葉から2~3個の花が咲きます。


花が綺麗に開くのは午後1時頃です。
また、雨や曇りの日・温度の低い日は1日つぼんだままです。
そんな日は受粉を助けてくれる昆虫も活動しないためで、花を閉じたままで休養していると言われています。
無駄な体力は使わないという、植物たちの知恵ですね。



左手に足助八幡宮を見て、巴橋を渡ってすぐの信号を右に、西町第2駐車場から徒歩すぐに入り口があります。
散策路は安全のため、一方通行となっておりますので、ご協力お願いします。
登りが続きますので、歩きやすい靴でどうぞ。
特に、雨で通路が濡れているときには滑りやすいので十分お気を付けください。



ペットを連れての散策について


カタクリはとてもデリケートな植物で、ワンちゃんのおしっこ等による土壌の成分の変化にも影響をうけます。
また、散策路も狭いので他のお客様の迷惑になることもあります。
リードで一緒にカタクリの散策路に上がることはご遠慮ください。
小型犬であれば、抱っこで上がっていただく場合は大丈夫です。
※カタクリの斜面以外の園地はペットと散策をお楽しみいただけます。


その他の山野草たち~いずれも3月中旬から4月上旬
※この時期にみられる植物ですが、咲く時期に多少のずれはあります。


ショウジョウバカマ

シャガ

ニリンソウ

ヤマルリソウ

スミレ

キクザキイチゲ

ナベワリ

シャガ


  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram
  • 足助観光協会YouTube

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ