からさわてるふみ公開制作「足助次郎重範公屏風展」

岡崎市在住、長年にわたり足助の“中馬のおひなさん”や“足助祭り”ポスターの原画等を描いていただいております柄澤照文氏の実演製作をメインとした企画展示です。
■「範公展」~範公さん入門~ 同時開催

住所 愛知県豊田市足助町飯盛36番地
TEL 三州足助屋敷☎0565-62-1188
入館料 大人 300円   小人 100円
日にち 平成30年3月17日(土)~9月26日(水)
時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
開催場所 足助屋敷館内 萬々館
休館日 毎週木曜日
※5月3日と8月16日は開館します
※休館日が予告なく変更になる場合があります。

このページを印刷する

◆柄澤氏による製作実演:平成30年3/17(土)~6/27(水)
※製作が早く終われば実演は終了し、展示のみとなる場合があります。
◆製作した屏風の展示:平成30年6/29(金)~9/26(水)
◆「範公展」:平成30年3/17(土)~9/26(水)
  …道楽同盟が作製した巨大張りぼての重範公の展示、及び足助次郎重範に関する概略や年史等のパネル展示。
   足助次郎重範について、まずは知ってもらうための入門的な内容です。


まずは香嵐渓の三州足助屋敷までお越しください。入館料は大人300円です。


昔懐かしい遊びを体験したり、職人さんたちの実演を見ながらお話ししたり…(^^♪


アイドル牛のこはるちゃんもお出迎え。


水車を通り過ぎ、奥に進んでいきます。


柄澤氏が公開制作をしている会場、“萬々館(ばんばんかん)”はこちらです。


現在は下絵の作業中で、足助の知識人や研究者からの情報によりどんどん当時の風景に近づいているとおっしゃっていました。良く見ると、中之御所にいる二条良基や軍旗を掲げて行進する足助一族、塩問屋の様子も描かれ見ていてあきませんでした(^^)/


足助次郎重範公の巨大張りぼては大迫力です(道楽同盟作)
パネル展示は初心者にも分かりやすいものとなっております。


足助屋敷内、薫風亭周辺の歩道沿いのユキヤナギとミツマタが綺麗でした。


香嵐渓広場は春の装い。4年前に植えたトウカイザクラが咲いていました。


  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ