第62回 香嵐渓もみじまつり

*香嵐渓のもみじ*

 香嵐渓のもみじは約380年程前に香積寺11世住職の三栄和尚によって植えられたのが始まりで、長い間、香積寺のもみじと呼ばれ、親しまれていました。
その後、昭和5年に『香嵐渓』と命名され、多くの人に愛され続けています。

住所 足助・香嵐渓広場
TEL 足助観光協会 0565-62-1272
休館日 ライトアップは期間中毎日行います。
入館料 無料※香嵐渓広場に隣接している、三州足助屋敷への入館は有料です。
日にち 平成29年11月1日(水)~30日(木)
時間 9時頃~21:00まで(夜間ライトアップあり)※香嵐渓園内は常時開放
開催場所 足助・香嵐渓広場(愛知県豊田市足助町飯盛)
交通案内 ●公共交通機関
・名鉄名古屋本線 『東岡崎駅』から、足助行きバス 約70分 香嵐渓下車
・名鉄豊田線 『浄水駅』から、とよたおいでんバス百年草行き 約60分 香嵐渓下車
・愛知環状鉄道『八草駅』から、香嵐渓行き直行バス 約60分 ※11/11~30日まで
・名鉄三河線 『豊田市駅』より、名鉄バス足助行き 約45分 香嵐渓下車
※名鉄バス『東岡崎駅⇔香嵐渓』
※とよたおいでんばす『浄水⇔香嵐渓』
●車でお越しの場合
<関東方面から>
東名高速道路 『豊田JCT』から、東海環状自動車道 『豊田松平IC』下車、(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車)、県道39号を経由、国道153号を飯田方面へ約15キロです。
<関西方面から>
東名高速道路 『名古屋IC』下車、猿投グリーンロード終点 『力石IC』下車、国道153号を飯田方面へ約10キロ。所要時間40分。
ライトアップ期間 平成29年11月1日(水)~30日(木)
日没~21:00 
例年の見頃時期 香嵐渓のもみじは、例年11月中旬~11下旬が見頃です。

このページを印刷する

11/18(土)雨天のため、以下の催しを中止いたします。※18日正午現在
・猿回し
・午後6時~ お囃子(新町)
・午後6時~ 願掛けろうそく
・午後6時~ 竹灯りの香積寺


ファイルイメージ

print here


紅葉みどころマップ



ファイルイメージ

PDFはこちら


Korankei Momiji Matsuri 2017 ~Walking map~
紅葉みどころマップ(英語版)



ファイルイメージ

print here


平成29年度の催事



ファイルイメージ

PDFはこちら


Event Information
~Festival of colored maple leaves 2017~



ファイルイメージ

print here


開幕式セレモニー
内容:足助高校の生徒によるブラスバンド演奏
日時:1日(水)16時50分~
場所:香嵐渓広場
豊田市の観光PR大使も来場し、セレモニーを盛り上げます。

もみじまつり町並みパレード
日時:12日(日)13時~14時頃
場所:町並みの足助交流館横、トレーニングセンターにて演技の後、JAあいちの鳥居までの間を
豊田市ジュニアマーチングバンドが「もみじまつり期間」交通安全啓発のパレードを行います。

旧鈴木家住宅現場公開
日時:12日 10時~15時
場所:旧鈴木家住宅(豊田市足助町本町20番地)
   ※専用の駐車場はありませんので、香嵐渓周辺の有料駐車場をご利用ください。

竹灯りの香積寺&願掛けろうそく
日時:期間中の土・日曜と祝日 18時~20時45分
場所:香積寺山門内参道
内容『竹灯りの香積寺』:荘厳で静寂な香積寺への参道を竹灯り約1,000基を並べ、導きます。
内容『願掛けろうそく』:ガラスに入った蝋燭を巴橋近くの河原に800個並べ、願掛けろうそくを購入し、河 原に並べることも出来ます。
 
第2回JAZZナイトin香嵐渓
日時:3日・4日・5日、11日・12日 ※雨天中止
場所:香嵐渓広場ステージ 
ステージ1:17時30分~
ステージ2:19時00分~
内容:ライトアップを背景に本格的ジャズの演奏が、秋の夜長をシックに彩ります。
テーブル席も用意され、ゆっくりと特別なひと時をお過ごしください。
 ♪♪♪ 出演者♪♪♪
 3日(金祝) jaja(ジャジャ) 
 4日(土)  黒田和良バンド&鈴木陽香  
 5日(日)  原努バンド&宮本京子      
 11日(土)  椿田薫バンド&ランデル洋子 
 12日(日)  プリスカ・モロッツィ バンド        

<夕方の部>
日時:18日(土) 16時~17時 
内容:豊田市役所音楽部 シャルマンブラスによるジャズのステージ

猿回し
内容:日本伝統芸能の猿回し。人と猿の演技に喝采!
※毎日行う予定をしておりますが、天候、広場の催事やお猿さんの調子で休演もあります。
公演時間は決まっておりませんので、ご了承ください

日時:1日(水)~30日(木)随時 
場所:香嵐渓広場


第48回 香嵐渓もみじまつり茶会 
内容:茶席にてお茶会を行います(有料)。
色鮮やかな紅葉の下で本格的な茶席で一服どうぞ。
日時:12日(日)、19日(日)、23日(木祝)、26日(日)
   9時~16時
場所:助庵、東屋 

チンドンパレード(嵐・絆)
内容:「チンチンドンドンチンドンドン♪」町の有志のチンドン屋さんによる心楽しくなるパレードです。
日時:18日(日)絆 11時~14時
   26日(日)嵐 11時~15時
場所:香嵐渓一円


和太鼓の演奏
内容:威勢よく打ち鳴らされる太鼓の音色が秋の夜の香嵐渓に響き渡ります。
日時:19日(日) 陣中太鼓   17時~、18時30分~
   25日(土) 松平わ太鼓  11時~、13時30分~
   25日(土) 三州足助太鼓 15時30分~、17時~
場所:香嵐渓広場

棒の手
内容:豊田市内、棒の手保存会に所属する各町の代表者による勇壮な演武を披露。
日時:19日(日) 11時~、13時~
場所:香嵐渓広場

足助まつりお囃子
内容:毎年10月に行われる足助まつりのお囃子を披露します。激しく、雅やかな演奏をお楽しみください。
日時: ・18日(土) 新町 18時~
    ・23日(木) 西町 18時~
    ・26日(日) 田町 18時~、19時~
   場所:香嵐渓広場

飯盛山ライトアップ
内容:香嵐渓のもう一つの顔は夜。飯盛山が黄金色に染まり、待月橋の赤と巴川にライトが映る様は幻想的です。
11月1日(水)~30日(木)  日没~21:00 

『あすけの芸者さん』『あすけの白蓮さん』展
内容:昭和30~40年代、足助で活躍していた芸者さんと彼女たちが彩ったお座敷の文化について紹介します。
日時:11月1日(水)~30日(木) 9時~16時
場所:足助中馬館(足助の重伝建の町並み)※入場無料
※NHK朝の連続ドラマ「花子とアン」では、仲間由紀恵さんが演じた“柳原 白蓮”に関連の写真や展示物がご覧になれます。

インスタグラムフォトコンテスト
内容:あなたが見つけた足助の素敵な風景や人、グルメなど、お勧めしたいものの写真を#asuke_photo2017を付けてインスタグラムに投稿しよう!
※参加手順などは観光協会ホームページをご覧ください。

DJレスキュー
内容:市消防本部足助消防署の“DJレスキュー”が消防車の上から軽妙な話術で行楽客に事故防止を呼びかけます。
日時:11月5日(日)、7日(火)、9日(木) 13時30分~14時
場所:足助観光協会事務所前

足助deハイクスール
内容:校内でのワークショップ(授業)と高校生たちによる俳句バトルを行います。
日時:11月3日(金) 10時~16時 ※入場無料
場所:足助高等学校
   校舎の駐車場は使用できませんので、近隣の香嵐渓駐車場をご利用ください。
   宮町駐車場から徒歩3分。
【協力校】幸田高等学校、名古屋高等学校

<お問い合せ>
足助観光協会
 〒 444-2424 愛知県豊田市足助町宮平34-1
電話:0565-62-1272 FAX:0565-62-0424
アクセス方法、各イベントの詳細等のお問合せは上記までお問合せ下さい。
ホームページアドレス 
http://asuke.info/

インスタグラムフォトコンテスト


夜を彩るイベント☆


ジャズナイトin香嵐渓・竹灯りの香積寺・願掛けろうそく


ファイルイメージ

チラシ裏面


竹灯りの香積寺の様子

1000基の竹灯りが並びます。
香積寺本堂の7色に変化しているのにもご注目!
※雨天で中止の場合は、当日の13時時点で判断し、ホームページ上でお知らせします。



願掛けろうそくの様子

ろうそくは香積寺にてご祈祷してもらっており、500円で購入後、河原に並べて置くことが出来ます。
その後は持って帰っても大丈夫ですよ。



町並みでのイベント


あすけの芸者さん展


昭和30~40年代、拳母・足助で活躍していた芸者さんと、彼女たちが彩ったお座敷の文化について紹介します。
■展示期間
11月1日(水)~30日(木)
午前9時~午後4時
■展示場所:足助中馬館
■入場料:無料     



あすけの白蓮さん展


柳原 白蓮(やなぎわら びゃくれん)(1885-1967)

 本名を宮崎燁子(あきこ)といい、大正の三美人の1人といわれた歌人です。大正天皇の生母である柳原愛子の姪で、大正天皇とは従妹にあたります。日本独特のお家制度に翻弄され激動の時代を生きた人物で、NHKの朝の連続ドラマ「花子とアン」では仲間由紀恵がその役を演じました。歪んだ結婚生活の苦悩、孤独感
をひたすら短歌に託し発表し続けた燁子。白蓮という名前の由来は、和歌の師である佐佐木信綱が、その私生活を赤裸々に歌い上げる内容に驚き本名でなく雅号の使用を勧め、燁子が信仰する日蓮にちなんで「白蓮」と名乗らせたようです。
 白蓮と芸者さんの関連性は?といいますと、こんなお話があります。白蓮の2番目の夫、九州の炭鉱王である伊藤伝右衛門が相当な放蕩者で、それに苦しんだ白蓮でしたが、恋仲にあった宮崎龍介という社会運動家と駆け落ちする時に、博多花柳界で名高い芸者だった「舟子」を大金4千円で身請けして、自分の身代わりに伝右衛門の妾(めかけ)にしました。その罪の意識があり、その後に白蓮は芸者・娼婦の救済に尽力しました。
 白蓮さんは、昭和30年11月に足助歌の会の招きで3日間足助に滞在しています。香嵐渓にある香積寺にて歌の会を開き、指導を行っています。その時、参加者約80名に短冊や色紙を書いております。今回展示しておりまのがその一部です。また、彼女は太平洋戦争で子供を失っております。「悲母の会」を結成し平和運動家としても全国を行脚されており、その資金を得るために作品を販売されていたようです。

【香嵐渓を詠んだ句】
・さしかはす梢と梢もみぢばを錦と見する秋の日の色
・香積寺の石段の上ゆ見下ろせば紅葉はふかし重なる梢
・巴川を木の間に見せててるもみぢ山にと見れば谷底にあり


足助を訪れた時に香積寺で撮影された一枚です。


三州足助屋敷の催事


■山里三河 食の物産展(萬々館)
11月1日(水)~11月30日(木)
豊田市近郊で採れたこだわりのお米・梅干しなどの農産物、三河地方のお酒、和菓子、毎日の食事がオシャレで楽しくなる漆の箸などを販売します。

■手仕事庵・福々屋(足助屋敷長屋門前)  
クラフト作家が製作したオリジナリティあふれる手作り作品を展
示・販売します。
作家とおしゃべりしながら、作品を手にとってお買い物できる楽
しい展示会です。
11月1日(水)~12月3日(日)

■刀削麺の中国菜館
足助屋敷前、特設屋台の中国菜館では、本場中国南京市から来日した特級料理人による香嵐渓恒例の刀削麺、あつあつの小龍包、肉まんを販売します。
山里味の店では、百年草ZiZi工房の焼きたてフランクフルト、鮎のおにぎり、マツタケご飯、骨酒なども販売します。
11月1日(水)~11月30日(木)

<三州足助屋敷に関するお問合せ>
三州足助屋敷 電話:0565-62-1188

◎注意事項 ◎
やむを得なく、予告なく行事内容や日時等が変更の場合があります。
屋外の行事(太鼓やお囃子)は当日、雨天の場合、中止をいたします。
詳しくは足助観光協会に確認してください。


バス時刻表【名鉄バス・とよたおいでんバス・オーワバス】
~Bus time table~



ファイルイメージ

バス時刻表


平成29年度 
おでかけ情報(駐車場案内)・う回路案内マップ



公共駐車場
【駐車料金】
 普通車…1,000円/回 ※下記にある「香嵐渓おでかけ情報」のパーキング箇所※臨時Pあり
 観光バス(マイクロバスを含む)…3,000円/回
 ※混雑時は『宮町駐車場』をお客様の乗降の場とし、『多目的広場』へバスは回送となります。



ファイルイメージ

おでかけ情報・迂回路マップ



ファイルイメージ

バスルート


********************************
その他ご不明な点は公共駐車場を管理運営会社㈱三州足助公社のHPをご覧ください。
→ → → こちら ← ← ←
********************************


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ