第22回 香嵐渓月見の会

月見の風習は中国では唐の時代に、日本ではそれが伝わって、平安中期頃に始まったとされています。今日のように一般に行われるようになったのは江戸時代からで、その夜、小机の中央に三方をすえ、団子とともに枝豆、里芋、栗、柿などを盛り、花瓶にすすきと秋草を生けて、名月に供えるようになったといわれます。団子は12個、閏年には1つ増やしたようです。
豊田市内の食材を中心を使い、AT21倶楽部に所属する料理屋のメンバーが腕を振るいます。

住所 香嵐渓広場(足助屋敷前) 
※車は香嵐渓入り口の公営駐車場にて駐車。
TEL 0565-62-1272
FAX 0565-62-0424
日にち 平成29年10月4日(水)
時間 開場:午後6:00~(受付) 開宴:午後6:30~
開催場所 香嵐渓広場(足助屋敷前)
※車は香嵐渓入り口の公営駐車場にて駐車。
料金 おひとり 5,000円(先着100名)
参加人数 先着100名(1グループ最大4人まで申込可能)
内容 今年は地産地消の食材に加え、『全国まちづくり交流会』で交流のある、地域の食材も取り入れ、AT21倶楽部の料理人が調理をします。ご期待ください。
その他 雨天の場合は、やむなく屋内で催します。
あて先 足助観光協会 月見の会 係
〒444-2424 豊田市足助町宮平34-1
Tel: 0565-62-1272
Fax: 0565-62-0424
主催 AT21倶楽部

このページを印刷する

■ご予約された皆様へ■
 ご入金が確認できたお客様へ、近日中にチケットを郵送いたします。
当日はチケットを切り取らず、そのままお持ちください。
なお、チケットに記載の番号と、お席の番号とは違いますので、ご注意ください。


過去の様子


月夜の下、長野風月氏の尺八の演奏と美味しい料理に会話もはずみ、たくさんの笑顔がみられました(^^♪


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ