足助祭り(足助八幡宮例祭)※コロナ対策で中止

足助まつりは、足助八幡宮(白鳳2年創建)のお祭りです。 文正元年(1466年)再建の本殿は国の重要文化財に指定されています。遺されている文化財も多く、特に慶長17年(1611年)に奉納された「鉄砲的打図板額」(県文化財)は、東京オリンピックで射撃競技のプログラムの表紙に使用されました。
1700年代中期以前より、現在に近いの形のお祭りが行われていた様です。西町、新町、本町、田町の4台の山車が有り、町内を引き回します。
かつては、5日間かけて行われていましたが、現在は2日間に縮まり、土曜日を試楽祭、日曜日を本楽祭と呼んでいます。土曜の夜は御神輿渡行もあり、町内を御輿が巡行されます。

本楽祭・宮入り(日曜日お昼前後)


八幡宮の境内を1周する「引き回し」のあと、夜のハイライトである『梵天投げ』があります。
日曜(本楽)には、山車から高くのびた竹竿の先端を飾っていた梵天を、各町の若い衆代表である「年行事」が、それぞれの祝詞をあげ、八幡宮の神前で投げます。
町内では、家内安全等のお守りとして誰もが欲しがり、時には取り合いの喧嘩になるくらいに大変人気があります。
「梵天取り」の後は、各町へ山車が帰っていきます。勇壮さと、幻想的な光景を一度にお楽しみください。
山車が宮入する日曜の昼前後と、夕方からが見頃です。

住所 足助八幡宮周辺
日にち 令和2年※コロナ対策で中止

このページを印刷する

「令和2年度 足助祭り」行事の中止について

誠に残念ではございますが、足助八幡宮の例大祭「令和2年度 足助祭り」は、新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から山車やお神輿行列、火縄銃の発砲を含む、神事以外の全ての行事を中止することに決定いたしました。

皆さまには、コロナ予防や熱中症対策などで何かと気の休まらない毎日ではありますが、お体に気をつけてお過ごしいただき、来年の「足助祭り」でまたお会いできることを願っております(^^♪

足助八幡宮では、月替わりのご朱印や、足の形の絵馬、アマビエのお札などがあります。
密にならないよう、個々でのご参拝で足腰の健康祈願など御祈願にお越しください(^_-)-☆

【お問合せ】足助八幡宮 ☎0565-62-0516


【例年の日程】
 10月第2土曜日 試楽祭行事


PM2: 00  山車各町内曳廻し(お祓い)
PM6:00 神輿渡御(足助町内巡行)
警固 神社外指定場所にて発砲


10月第2日曜日 本楽祭行事


AM 7:00 山車 西町立場出発
AM 8:00 山車 田町立場出発
AM10:00 山車 宮入に向け出発 神前にてお囃子奉納
PM12:00 警固 中渡し(切渡し)鉄砲隊・棒の手奉納
PM 3:00 神輿渡御出発
PM 4:00 警固 総渡し(追込み)
PM 6:20 山車 曳廻し 神前にて梵天投げ
PM 7:10 山車 引き上げ(帰り車) 


本楽祭の交通規制について

午前10時前後と、午後3時前後、午後6時~7時の間に足助八幡宮前の国道153号の一部交通規制があります。ご了承ください。








今年の祭りポスターのハガキが完成!
過去6年間のポスターが葉書になり、観光協会にて発売中です(^_-)-☆


6枚入り1セット500円 原画:柄澤照文氏
豊田市 足助観光協会で販売しております。申し訳ございませんが、郵送などは行っておりません。
【問合せ】豊田市 足助観光協会 0565-62-1272


What is “Asuke Matsuri”?


ASUKE MATSURI
■Asuke Hachimangu shrine■
Asuke Hachimangu Shrine is known for that it answers the prayers of people for healthier feet. This is because Asuke used to be an important stopover place where people could rest their feet. The main chamber of the shrine is a National Important Cultural Property. People can buy healthy feet amulets and un unique foot-shape votive tablet in the shrine.
■Asuke Matsuri■
The Asuke Matsuri is an annual autumn festival of Asuke Hachimangu Shrine.
It is held on the 2nd Sunday and the day before in October every year.
They keep the traditional style of the festival which has been continued since the middle of 1700’s.
On Saturday morning, the separated parts of the festival floats are built up by men. Then 4 festival floats start to parade inside each town area at 2p.m. After that, the Mikoshi a portable shrine will start to parade at 6p.m. Matchlock gun teams will fire up(blank shot) outside the shrine. There are 11 gun teams in Asuke now.
There are more than 200 gun shooters gather in this festival. These gun teams originally exist to guard their horse to dedicated to the god of a shrine. ※Matchlock gun= a gun introduced from Portuguese.
On Sunday, the floats are pulled out from each town toward the shrine.
People can watch hundreds of gun shooting in the Asuke Hachimangu shrine area,
Bounote (the military art) with wooden weapons, and listen to the traditional Japanese
instrumental music. When the night comes, the 4 festival floats which are decorated with
many lanterns across the Tomoebashi bridge and go back to each town.
■Highlight■
 On Sunday at 10a.m., when the festival floats gather and enter the shrine, the young men holding fans are dancing on the front stage of the floats. They comically lean to the right and left and call out “Osa-Osa”.
On Sunday at 6p.m., a leader of young man gives a congratulatory, then throw away the secret baton with white Japanese paper called “Bonten”. Everybody wants to catch it because the god give a good luck and the safety of their family to the catcher. Also, festival floats which are decorated with lantern are very beautiful and attractive.
■Dashi of Asuke-festival float■
Height 6.3~6.6 meters(20’8” – 21’8” inches), Weight 4 tons.
There are 4 stories. The 1st floor is for “Ohayashi” music players, the 2nd floor is for dancers,
and the 3rd floor is for Buddhist alters. A wooden float decorated with gorgeous embroidery and
engraving arts. Dozens of villagers wearing traditional costume pull it with 8 ropes.
It is very unique because there is a front stage. Now young men are dancing on stage,
but in the old days, they had the Kabuki play instead.
■Mikoshi of Asuke-portable shirine■
The shrine god is carried around the town in its portable mikoshi. It’s like a one of catering service by the shrine.
People can wish to get the bless from the god for safety and health without visiting the shrine. The young people who are selected to carry the mikoshi must be born in Miyamachi where the shrine is located.


Issued by TOYOTA ASUKE tourism association http://asuke.info


  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram
  • 足助観光協会YouTube

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ