紅葉の色づき情報(11月6日現在)

この数日間の朝晩の冷え込みにより、割合でいうと3割程度の色づきになっております。
午前中は、飯盛山が陰になっており暗くなりますね。
午後からの方が太陽の光が当たって明るく撮影できます。



待月橋より下流を写したものです。



待月橋のたもとの五色もみじ。上部の先端部分が枯れているのは、夏の早い時期から赤くなっていたためだと思っています。種類としてはオオモミジの木で、香嵐渓ではこの木を含む数本が一本で葉がオレンジ、黄色、赤、黄緑、緑などの五色の色が見られるため“五色もみじ”と呼ばれています。



香嵐渓広場より足助屋敷を超えて、吊り橋(香嵐橋)に向かう途中の風景です。
手前で折り返して帰ってしまう方が結構いらっしゃいますが、吊り橋手前の木の方が綺麗に色づいている気がします。



吊り橋から撮影しました。雨降り後以外は、流れが穏やかなのでお天気が良いと水鏡を見ることが出来ます。
この時は11時近くでしたが、朝早い方が綺麗に見えます。


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424