足助夏まつり/Asuke Summer festival 2021※14日・15日は雨のため中止

足助夏祭りの起源は、足助祇園祭です。
足助で祇園祭(ぎおんまつり)がいつ始まったかは定かではありませんが、本町の提灯入れの中に「安政3年(1857年)」との記述が残っていたので、それ以前から行われていたと思われます。
現在でも各町には提灯で飾られた“屋台(やたい)”が街道の頭上高くに建てられます。※飲食する屋台の事ではありません。

祇園祭の由来は今からおよそ1,100年前、平安時代に京都で流行した疫病を鎮めるため、「祇園社(ぎおんしゃ)」(※現在の八坂神社)にて66本の鉾をつくり疫病の退散を祈願したのが始まりです。

住所 足助の重伝建の町並みと香嵐渓
An old townscape and Korankei gorge.
日にち 令和3年8月13・14・15日※14日・15日は雨で中止
交通案内 <交通機関> <Access>
●名鉄豊田線浄水駅下車、とよたおいでんバス 百年草行 香嵐渓下車 徒歩3分
Take Toyota Oiden bus bound for “Hyakunenso” from Josui sta. of Meitetsutoyota line, get off at “Korankei”. Walk 3 min.
●名鉄豊田線豊田市駅下車、名鉄バス矢並線足助行 香嵐渓下車 徒歩3分
●名鉄東岡崎駅下車、名鉄バス足助行 香嵐渓下車 徒歩3分
※バスの路線図、時刻表はみちナビとよたをご参照下さい。

<マイカー>
■東海環状線豊田勘八IC下車、国道153号飯田方面へ15キロ(香嵐渓へ)
もしくは、
■猿投グリーンロード力石IC下車、国道153号飯田方面へ10キロ(香嵐渓へ)
香嵐渓周辺駐車場をご利用下さい。
足助川万灯まつり 8/14(土)のみ開催※雨で中止
日没~21:00
花火大会 ※コロナ対策で中止
地蔵まつり・灯篭流し ※増水のため中止
8/15日(日)18:00~ 
地蔵祭り・灯篭流し受付開始
灯篭流し…18:30~20:00(香嵐渓・巴川河畔にて)
金魚花火 ※地元のみで開催
越中八尾おわらin足助 ※開催なし
地区の盆踊り ※開催なし
六地蔵公園法要 8/14(土)18:00~
※地元のみで開催
六地蔵前で読経・祈願法要

このページを印刷する

足助川万灯まつり~5000 Candles along the Asuke river
※令和3年は8月14日のみ→雨のため中止


14日に予定しておりました万灯まつりは、雨予報のため中止となりました。

8月14日 18:00~21:00頃(足助川遊歩道にて)
足助川の護岸と遊歩道を作るために行われた河川改修工事が実施されたときに、本町の足助川沿いに江戸時代に祀られた六地蔵と無縁墓地があり、これを“地蔵公園”として整備しました。
「足助川万灯まつり」は、この無縁仏の供養と、川に感謝する気持ちで1995年(平成7年)から始まった行事です。
おそらく江戸時代、この中馬街道を行き来した旅人が何かの理由で行き倒れ葬られたのではないでしょうか・・・。
新町~田町にかけての約1.3キロほどの足助川右岸に約5,000個のろうそくが並べ灯される様子は大変厳かで幻想的な風景です。
浴衣を着て涼やかな風が通る足助川沿いの遊歩道をのんびり歩いてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆



地蔵まつり・灯篭流し・金魚花火(15日のみ)←雨による増水のため中止



花火大会~Fireworks ※令和3年はコロナ対策で中止



15日は香嵐渓の巴川にて地蔵まつり・灯篭流しが行われます。
そのほかに盆踊りや金魚花火(水上を走る花火)もありますよ。


街道沿いでの演舞のようす※過去の様子
※令和3年はコロナ対策で中止




越中八尾おわらの踊りは曲を変え、隊列を変え、沿道に集まった観客の間近で行われました。
沿道に集まった多くのお客様は、古い町並みを背景に披露された気品漂う雰囲気に見入っていました。
中には、感動されて涙を流している年配の方も見えるほどでした。


  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram
  • 足助観光協会YouTube

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ