足助夏まつり

たんころりんの夕涼み、足助川万灯まつり、花火大会、地蔵まつり・灯篭流し 

住所 足助の重伝建の町並みと香嵐渓
日にち 平成29年8月5日(土)~15日(火)
交通案内 <交通機関>

●名鉄豊田線浄水駅下車、とよたおいでんバス 百年草行 香嵐渓下車 徒歩3分
●名鉄豊田線豊田市駅下車、名鉄バス矢並線足助行 香嵐渓下車 徒歩3分
●名鉄東岡崎駅下車、名鉄バス足助行 香嵐渓下車 徒歩3分
※バスの路線図、時刻表はみちナビとよたをご参照下さい。

<マイカー>
■東海環状線豊田勘八IC下車、国道153号飯田方面へ15キロ(香嵐渓へ)
もしくは、
■猿投グリーンロード力石IC下車、国道153号飯田方面へ10キロ(香嵐渓へ)
香嵐渓周辺駐車場をご利用下さい。(注意:夜間営業、8月13日・14日は8:00~20:30まで営業500円/回。20時30分以降は係員が不在となりますが、常時開放しております。)
たんころりんの夕涼み 8月5日(土)~15日(火)
日没後~21:00 ※小雨決行
足助川万灯まつり 8月13日(日)・14日(月)
13日(日)18:00~21:00
14日(月)18:00~21:15(足助川遊歩道にて)
花火大会 14日(月)
20:30~21:00 足助町内
地蔵まつり・灯篭流し 15日(火)
17:00~受付
18:00~21:00(香嵐渓・巴川河畔にて)

このページを印刷する

たんころりんの夕涼み


8月5日(土)~15日(火)
日没後~21:00 ※小雨決行
足助の古い町並みにて足助の夏の風物詩のひとつとして親しまれるようになりました”たんころりん”。
今年も街道沿いに並べ灯します。
また、町の各所にてギターや三味線、落語などのミニ演奏会を催します。※スケジュール調整中









地蔵まつり・灯篭流し(15日午後6時より)



ご参加を希望される皆さまへ


一般の方、どなたでもご参加いただけますが、
600円で灯篭を購入していただく必要がございます。
事前の予約は受付けておりませんので、当日現地にお越しください。
■場所 西町第2駐車場からすぐ、お地蔵さんの前
■日時 15日のみ 午後5時より受付、午後6時半より9時頃まで

少雨決行いたしますが、上流で雨が降るなどし河川の増水などがあった場合は中止することもございます。
ご了承ください。


足助川万灯まつり


8月13日・14日
18:00~21:00頃(足助川遊歩道にて)
足助川万灯まつりは、足助川の河川整備工事の際に出土した多数の無縁仏を供養しようという目的で始まった行事で、毎年行なわれています。無縁仏が供養されている本町区の六地蔵公園を中心に約1.3キロほどの足助川の遊歩道に約5,000個のろうそくが並べ灯されます。約5,000個ものロウソクが川の両岸に並ぶ様は大変、厳かで幻想的な風景です。



よろず願掛けに参加されたい皆様へ

8月13日(日)・14日(月)午後6時から8時頃まで
願いをガラス瓶に記入し、六地蔵公園の前に飾ります。
その後は記念として、持ち帰る方も多いです。
本町 旧田口家で受付を行っております。





花火大会(14日のみ)


8月14日(月)午後8時30分~9時
町の高台にある足助グラウンドより打ち上げられますので、足助の町のどこからでも見ることが出来ます。特に川の遊歩道、橋の上からは良く見えます。この14日は、川の万灯、街道のたんころりんが両方灯されるので、足助の町が光で一杯になり、たくさんの方で賑わいます。



15日は香嵐渓の巴川にて地蔵まつり・灯篭流しが行われます。そのほかに盆踊りや金魚花火(水上を走る花火)もありますよ。


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ