イベント・祭り

年間イベントスケジュール

1月

足助八幡宮七草粥※テイクアウトまたは屋外(境内にイスのみ設置)でお召し上がりいただけます。

令和4年1月7日(金)

1年間の無病息災を願い、七草粥の炊き出しが行われます。 どうぞお参りください。

>>>詳細はこちら

2・3月

3月中旬~下旬『香嵐渓のかたくり群生』※令和4年の見頃は終わりました。

かたくり群生:令和4年3月中旬から下旬※令和4年の見頃は終わり

<カタクリの花> 花の見頃は、その年の気候により変わりますが3月中旬~下旬。 香嵐渓のカタクリの花は、香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約0.5haに群生地があります。 カタクリの花は、花が咲くまでに7~8年かかるといわれており、香嵐渓では…

>>>詳細はこちら

令和4年3月20日(日)足健康祭(足まつり)※ぞうり神輿・太鼓の演奏を中止します

令和4年3月20日(日)※ぞうり神輿・太鼓の演奏を中止します

『足を助ける』とかいて『あすけ』。 南北朝時代(14世紀)に記された、『足助八幡宮縁起』には病気平癒の霊験訳があり、その中に足腰の治癒に関する事も記されています。 例えば、足を痛めた佐渡島の旅人を社人が手当てをしているところに八幡大神が出…

>>>詳細はこちら

第24回(2022年)中馬のおひなさん in足助 " Chuma no Ohinasan in Asuke 2022"

令和4年2月11日(金祝)~3月13日(日)Feb.11th fri.- Mar.13th.sun. 2022

「足助観光協会」「本町区民館(土びな会場)」「足助中馬館」を拠点として、街道沿いの家々に、衣装びなや土びななどが展示されます。公営駐車場や協力店舗に置いてある『おひなさんマップ』を見ながら、おひなさん巡りを楽しんでいただく足助に春を呼ぶイ…

>>>詳細はこちら

4月

令和4年4月9日(土)10日(日)足助春まつり(足助神社例祭・重範祭)

令和4年4月9日(土)10日(日)

足助神社は、足助八幡宮の東となりにあり、元弘の乱(1331)に、南朝・後醍醐天皇を守り、笠置山(京都府)で奮戦した足助次郎重範公(あすけじろうしげのり)を称える祭りです。かつては重範公の命日にちなんで5月3日に行われていましたが、最近は桜…

>>>詳細はこちら

5月

6月

令和4年6月25日(土)足助地区おいでんまつり 開催決定!!

令和4年6月25日

足助の夏の風物詩「たんころりん」100基に囲まれて踊るおいでんは格別です。 山々と川に囲まれた会場では、暗くなり条件が良ければ蛍の飛翔も見られるかも? 足助ならではの風情が味わえる会場にぜひ皆さんで遊びに来てください! 足助太鼓の演奏や、…

>>>詳細はこちら

たんころりんと竹灯りのキャンドルナイト~私たちのできること~★令和4年6月11日(土)開催★

令和4年6月11日(土)開催

省エネ・節電を呼びかけるイベント「100万人のキャンドルナイト」は、2003年より全国で行われています。現在、足助ではたんころりんを町並みに並べ灯しています。8月のイベントに先駆けて毎年、6月の夏至前後にあわせて一夜のみ行います。

>>>詳細はこちら

蛍の飛翔~ホタル観賞会のご案内

令和4年6月1日(水)~7月中旬

6月上旬から、7月中旬まで、豊田市下平町(しもだいら)地区ほかではホタルが見られます。 暗闇の中を飛び交う姿はとても幻想的で、とてもロマンチックです。 初旬はゲンジボタルが、7月くらいからはヘイケボタル、ヒメボタルが見られます。 体の大きい…

>>>詳細はこちら

7月

空席あり。ただいま予約受付中!!令和4年7月3日(日)開催『中馬街道足助宿~七夕ご朱印めぐり~』(^^♪

令和4年7月3日(日)午前10時~午後1時

平成23年に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され10周年を迎えた足助の古い町並み。ご予約いただいた100名様に、足助の中馬街道(古い町並み)に点在するパワースポット8ケ所の限定御朱印を集めながら町並み散策を楽しんでいただくものです。

>>>詳細はこちら

8月

『巴川鮎まつり』鮎釣り大会・鮎の即売会・鮎つかみ取り

令和4年8月7日(日)予定

日本特有の友釣りという伝統漁法により、多くの釣り人を魅了する夏の風物詩、鮎釣り。  矢作川最大の支流巴川も、解禁を迎えると大勢の釣り人がその醍醐味を求めて川に訪れます。

>>>詳細はこちら

令和4年8月10日(水)18:00~20:30『足助をどり』

令和4年8月10日(水)18:00~20:30

足助に伝わる盆踊りの曲を三味線の生演奏で踊ります。 みなさん自由にご参加ください。 ※演奏曲:香嵐渓音頭、足助音頭、あやど音頭ほか ※雨天時は足助トレーニングセンターで行います

>>>詳細はこちら

足助夏まつり/Asuke Summer festival 2022

令和4年8月13日・14日・15日

足助夏祭りの起源は、足助祇園祭です。 足助で祇園祭(ぎおんまつり)がいつ始まったかは定かではありませんが、本町の提灯入れの中に「安政3年(1857年)」との記述が残っていたので、それ以前から行われていたと思われます。 現在でも各町には提灯で飾ら…

>>>詳細はこちら

たんころりんの夕涼み★令和4年8/6(土)~8/15(月)まで開催予定★

令和4年8月6日(土)~15日(月)

たんころりんとは、竹かごと和紙で作った円筒形の行灯のことで、足助では毎年8月の夜に古い町並み(約1.5キロ)の街道沿いに並べ、和紙を通した火の灯かりで暗がりの町並みを照らし、夏夜の情緒を演出します。 『たんころりん』というかわいらしい名…

>>>詳細はこちら

9月

足助みたち栗園 栗ひろい

令和3年9月5日(日)~10月31日(日)

広大な栗園。 栗拾い(大人:約1Kg/子供:約0.5Kg) & 山菜栗弁当付き

>>>詳細はこちら

令和3年(第25回)香嵐渓月見の会 ※コロナ対策で中止

令和3年 ※令和2年に続きコロナ対策で中止

月見の風習は中国では唐の時代に、日本ではそれが伝わって、平安中期頃に始まったとされています。今日のように一般に行われるようになったのは江戸時代からで、その夜、小机の中央に三方をすえ、団子とともに枝豆、里芋、栗、柿などを盛り、花瓶にすすきと…

>>>詳細はこちら

10月

からさわてるふみ氏『昭和30年頃の足助の町並み図屛風展』開催!令和3年10月8日(金)~12月8日(水)毎日

令和3年10月8日(金)~12月8日(水)

昭和30年ころの足助の西町~新田町までの町並みの様子が描かれた八曲の屏風です。50名以上の町の人にお話を聞き、当時の記憶を基に足助の町が再現されています。昭和25年の町政60周年記念の仮装行列がメインとなっており「これあの人じゃないかん?」「この…

>>>詳細はこちら

令和3年10月9日(土)・10日(日)足助祭り(足助八幡宮例祭)

令和3年10月9日(土)・10日(日)

足助まつりは、足助八幡宮(白鳳2年創建)のお祭りです。 文正元年(1466年)再建の本殿は国の重要文化財に指定されています。遺されている文化財も多く、特に慶長17年(1611年)に奉納された「鉄砲的打図板額」(県文化財)は、東京オリンピック…

>>>詳細はこちら

令和3年度 百年草感謝祭※コロナ対策で中止

令和3年※コロナ対策で中止

新型コロナウイルスの影響により開催日未定ですが、日頃のご愛顧に感謝して開催を検討中です! 足助のグルメ、特産品、手作り品が勢ぞろいします。

>>>詳細はこちら

11月

令和3年度『第66回 香嵐渓もみじまつり』11月1日(月)~11月30日(火)

令和3年11月1日(月)~30日(火)★ライトアップ開催★Night illumination only November★

香嵐渓のもみじは今から400年前、香積寺11世の三栄和尚が経を唱えながら植えたのが始まりで、長い間“香積寺のもみじ”と呼ばれていました。昭和5年(1930)大阪毎日新聞の本山彦一社長により、香積寺の「香」、巴川をわたる爽涼とした嵐気の「嵐」から“香嵐渓…

>>>詳細はこちら

足助重伝建地区選定10周年事業『あつまれ じょうもんの土器』を開催!

令和3年10月23日(土)~12月8日(水)

本物の縄文土器が資料館を抜け出して、足助の古い町並みに飾られました。 突如、現れた縄文土器にびっくり!! まさに、足助の町全体が資料館です!!

>>>詳細はこちら

  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram
  • 足助観光協会YouTube

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ