カタクリ群生地

<カタクリの花の見頃>
3月中旬から4月上旬
(その年の気候によって見頃が早まる可能性があります)

●香嵐渓のカタクリの花
香嵐渓のカタクリの花は、香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約0.5haに群生地があります。例年開花は3月中旬頃で、4月上旬まで見られます(その年の気候により早まることもあります)。

カタクリの花は、花が咲くまでに7~8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の大きさになりました。3月下旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。

万葉集 大伴家持の一首にもこの花の名前が詠まれています。

『もののふの 八十娘子らが汲くみまがふ 寺井の上の 堅香子の花』

この「堅香子」は、カタクリの古名です。長い冬が終わり、待ちわびた春の訪れとともに咲き始めたかたかごの花に、家持も魅せられたのでしょう。

花の姿が可憐で、スプリングエフェメラル(早春の妖精)ともいわれる彼女達にぜひ逢いにきてください。
ぽかぽか陽気の日には、早春の香嵐渓を散策してみませんか?
カタクリの花と同時期にキクザキイチゲも開花します。小群落を作っていますので、すぐに見つかると思います。
他にも、ヤマルリソウ、ニリンソウ、ナベワリ、ヒトリシズカ、初夏になればシャガの花・・・と咲き始めます。

このページを印刷する

平成29年版ちらし



花が綺麗に開くのは午後1時頃です。
また、雨や曇りの日・温度の低い日は1日つぼんだままです。
そんな日は受粉を助けてくれる昆虫も活動しないためで、花を閉じたままで休養していると言われています。
無駄な体力は使わないという、植物たちの知恵ですね。


3月8日:一輪の開花が見られました。
昨年は3月12日でしたので、4日早い開花宣言となります。

3月12日:まだ全体の一割程度しか開花が見られませんが、蕾はたくさん付いております。

3月16日:良く陽の当たる斜面では5~6割の開花が見られます。

数日前からカモシカが目撃され、カタクリの葉や花を食べているのがわかりました。
カタクリを守るため、オオカミの尿を取り付けるなどの対策をとっております。
それでも多くの観光客の方による目撃情報があり、別の対策がないか検討中です。
※20日の中日新聞朝刊にも掲載されました

3月22日:朝は少し冷え込みましたが、今が見頃と言えますので
この3~4日の間にお越しいただけると良いと思います。
それ以降も見られますが、咲き終わりの株も出てくると思います。

新たなカモシカ対策として新兵器を設置しました。
視覚に作用するものが一番良いとの専門家よりのアドバイスです。
撮影時に邪魔になったりすることもありますが、ご理解ください。
後ろに映っているものは、ペットボトルに入れた狼の尿です。(これも鹿対策)

3月26日:今が見頃です。来週からは終わりの花も出てきます。

3月28日:終わりの花も見られますが、たくさん咲いております。
これからは下り坂に入ってくると思われますので、ご予定の方はお早目に!

3月30日:見頃が過ぎたもの枯れたものも見られますが、まだたくさん咲いております。お早めに。

4月2日:だいぶ終わりの花が目立つようになりました。

4月4日:香嵐渓のカタクリは終息となりました。
今年は昨年よりも早いペースで咲き始めましたカタクリですが、
天候に恵まれた事もあり、昨年度よりは長い期間楽しめたと思います。
たくさんの皆さんにお越しいただき、ありがとうございました。
今回は間に合わなかった皆様、来年またお待ちしております!

詳しい様子は、トップベージの「お知らせ」欄、またはブログで見ることが出来ます(^^♪


ショウジョウバカマ

シャガ

ニリンソウ


ヤマルリソウ

スミレ


キクザキイチゲ

ナベワリ


シャガ


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ