カタクリ群生地~現在の様子はこちら

<カタクリの花の見頃>
3月中旬から4月上旬
(その年の気候によって見頃が早まる可能性があります)

●香嵐渓のカタクリの花
香嵐渓のカタクリの花は、香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約0.5haに群生地があります。例年開花は3月中旬頃で、4月上旬まで見られます(その年の気候により早まることもあります)。

カタクリの花は、花が咲くまでに7~8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の大きさになりました。3月下旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。

万葉集 大伴家持の一首にもこの花の名前が詠まれています。

『もののふの 八十娘子らが汲くみまがふ 寺井の上の 堅香子の花』

この「堅香子」は、カタクリの古名です。長い冬が終わり、待ちわびた春の訪れとともに咲き始めたかたかごの花に、家持も魅せられたのでしょう。

花の姿が可憐で、スプリングエフェメラル(早春の妖精)ともいわれる彼女達にぜひ逢いにきてください。
ぽかぽか陽気の日には、早春の香嵐渓を散策してみませんか?
カタクリの花と同時期にキクザキイチゲも開花します。小群落を作っていますので、すぐに見つかると思います。
他にも、ヤマルリソウ、ニリンソウ、ナベワリ、ヒトリシズカ、初夏になればシャガの花・・・と咲き始めます。

このページを印刷する

平成29年版ちらし



花が綺麗に開くのは午後1時頃です。
また、雨や曇りの日・温度の低い日は1日つぼんだままです。
そんな日は受粉を助けてくれる昆虫も活動しないためで、花を閉じたままで休養していると言われています。
無駄な体力は使わないという、植物たちの知恵ですね。


3月1日:葉っぱが出始めました。(撮影時間:午後2時半頃)
今後も温かい日が続くと、芽を出す株も増えていきそうです。
ちなみに、昨年の最初の一輪が咲いたのは3月8日で、5割以上に増えたのは3月15日、ピークは3月20日前後でした。


3月6日:つぼみが見つかりました。まだ数えるほどです。
だいぶ葉が大きく育ってきました。

公園管理さん達が、キツネノカミソリの駆除を行っておりました。
綺麗な花ですが、繁殖力が強いのでカタクリの群生地で増えてきている為です。


3月14日:あと少しで花が開きそうなのですが・・・。


ひときわ鮮かな黄緑色の葉っぱを見つけたら、それは白いカタクリのものです。
探してみてくださいね(^^♪



風外碑近くに、ショウジョウバカマが咲いています。


3月17日:やっと、一輪だけ花が咲きました。
なお、最初の一輪の花の場所はカタクリの遊歩道ではありません。
西町第2駐車場より「通称:もみじのトンネル」を歩いて足助屋敷方向に向かって歩く時に、山側の谷間に咲いています。探してみてください('_')
昨年より9日遅いペースですので、18~20日の週でどれくらい増えるかはお天気次第です。3月末に見頃を迎えるのではないかと予想しております。


3月19日:全体で15~20個ほどの開花を確認しました。
温かい日が続けば、この2・3日でどんどん数が増え、次週末には半数以上が開花するのではないでしょうか。
3月末、桜が咲くころと同時期にカタクリのピークを迎えることになるのでは?
また、現在の所、カモシカによる被害は見受けられません。

蕾がたくさんついております。



左手に足助八幡宮を見て、巴橋を渡ってすぐの信号を右に、西町第2駐車場から徒歩すぐに入り口があります。
散策路は安全のため、一方通行となっておりますので、ご協力お願いします。
登りが続きますので、歩きやすい靴でどうぞ。
特に、雨で通路が濡れているときには滑りやすいので十分お気を付けください。


キクザキイチゲが咲いていました。まるでカタクリを応援しているようです(^^)/
【菊咲一華 キンポウゲ科】 
花が菊に似ていることから名がつきました。


3月24日:つぼみが出そろって、温かい太陽を待っている、という状態です。
咲いているものもありますが、全体でいうとまだ1~2割です。
天気は良いのですが風がまだ冷たいせいか、開花が遅れております。
群れで咲いているというよりも、パラパラと咲いているという印象です。



この日の撮影時間は11時半ごろ。花もまだ、うつむいて咲いています。



白いカタクリの花が咲いていました。探してください!



蕾が膨らんでいます。暖かい日差しがあれば、すぐにでも咲きだしそうです。


ミツマタの木が咲いています。(場所は足助屋敷横の散策路)下の写真は蕾です。
うつむくように下を向いて咲く花には芳香があり、小さな花が集まっています。
この小さな花には花弁はなく、花弁のように見えるのは筒状の萼の先端が4つに裂けて反り返ったものだそうです。枝は3つに分枝し、これが「ミツマタ」の名前の由来となっています。


カタクリの斜面から、もみじのトンネルを通って足助屋敷に向かう道すがら、その他の可愛い山野草がみられます。写真はタチツボスミレ。「山路きて何やらゆかし菫草」に歌われるスミレといわれています。


3月25日:日当たりのよい斜面では、3から4割が開花していました。
雨が降ると、散策路が滑りやすくなっておりますので十分お気を付けください。





飯盛山(いいもりやま)の全景です。車が止まっているのは西町第2駐車場です。
カタクリの斜面から三州足助屋敷方面に歩いていくと、香積寺に登る階段があります。
曹洞宗の古刹“香積寺(こうじゃくじ)”は香嵐渓の原点であり、その25世住職には書画に長け全国で作品展も開かれている「風外本高(ふうがいほんこう)」がおり、密かなパワースポットだといわれています。
また、三州足助屋敷では26日(日)に生業祭が行われ入館無料となっております。
香嵐渓に来られたなら、こちらにも行かないと損だと思いませんか?(^_-)-☆


ペットを連れての散策について


カタクリはとてもデリケートな植物で、ワンちゃんのおしっこ等による土壌の成分の変化にも影響をうけます。
また、散策路も狭いので他のお客様の迷惑になることもあります。
リードで一緒にカタクリの散策路に上がることはご遠慮ください。
小型犬であれば、抱っこで上がっていただく場合は大丈夫です。
※カタクリの斜面以外の園地はペットと散策をお楽しみいただけます。


その他の山野草たち~いずれも3月中旬から4月上旬
※この時期にみられる植物ですが、咲く時期に多少のずれはあります。


ショウジョウバカマ

シャガ

ニリンソウ

ヤマルリソウ

スミレ

キクザキイチゲ

ナベワリ

シャガ


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ