足助観光協会ブログ

2017.03.25

かたくりの開花状況~3月25日現在

3月25日:日当たりのよい斜面では、3から4割が開花していました。
雨が降ると、散策路が滑りやすくなっておりますので十分お気を付けください。





飯盛山(いいもりやま)の全景です。車が止まっているのは西町第2駐車場です。
カタクリの斜面から三州足助屋敷方面に歩いていくと、香積寺に登る階段があります。
曹洞宗の古刹“香積寺(こうじゃくじ)”は香嵐渓の原点であり、その25世住職には書画に長け全国で作品展も開かれている「風外本高(ふうがいほんこう)」がおり、密かなパワースポットだといわれています。
また、三州足助屋敷では26日(日)に生業祭が行われ入館無料となっております。
香嵐渓に来られたなら、こちらにも行かないと損だと思いませんか?(^_-)-☆


2017.03.25

3/26(日)は三州足助屋敷の生業祭※入館料無料


カタクリ観賞にお越しのお客様も、歩いて3分ですので是非お立ち寄りください!


2017.03.24

3/26(土)豊田市防災学習センターで加東屋特製『ジューケーキ』を販売します

ワークショップを楽しみながら、火災予防について考えるイベントで、足助のお菓子屋さん『加東家』特製『ジューケーキ』の販売があります。ぜひお立ち寄りください!



こちらが火災報知器をイメージしたお菓子です。
ホワイトチョコでコーティングされていて美味しいですよ!


2017.03.24

かたくりの花の開花状況~3月24日現在

3月24日:つぼみが出そろって、温かい日差しを待っている、という状態です。
咲いているものもありますが、全体でいうとまだ1~2割です。
天気は良いのですが風がまだ冷たいせいか、開花が遅れております。
群れで咲いているというよりも、パラパラと咲いているという印象です。(ただいま画像準備中・・・)



白いカタクリの花が咲いていました。探してください!



この日の撮影時間は11時半ごろ。花もまだ、うつむいて咲いています。



蕾が膨らんでいます。暖かい日差しがあれば、すぐにでも咲きだしそうです。



ミツマタの木が咲いています。(場所は足助屋敷横の散策路)下の写真は蕾です。
うつむくように下を向いて咲く花には芳香があり、小さな花が集まっています。
この小さな花には花弁はなく、花弁のように見えるのは筒状の萼の先端が4つに裂けて反り返ったものだそうです。枝は3つに分枝し、これが「ミツマタ」の名前の由来となっています。



カタクリの斜面から、もみじのトンネルを通って足助屋敷に向かう道すがら、その他の可愛い山野草がみられます。写真はタチツボスミレ。「山路きて何やらゆかし菫草」に歌われるスミレといわれています。


2017.03.20

香嵐渓の吊り橋(香嵐橋)が復旧しました。

昨年の11月末より、一部破損が見つかり通行できなかった香嵐渓の吊り橋が工事を終え、本日(平成29年3月20日)渡れるようになりました。長い間、ご迷惑ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。新しい吊り橋を渡り、川を渡る爽やかな風を浴びに来てください(^^♪


赤い吊り橋は、足助屋敷と一の谷(落部駐車場方向)の間にあります。
川見駐車場からは、すぐ近くです。



偶然お会いした、観光客の方にモデルになっていただきました。
「今日から開通なんて、ラッキーです!」と素敵な笑顔で応じていただき、本当にありがとうございました♪



RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424