豊田市足助観光協会ブログ

2019.06.29

6/29(土)足助おいでんまつりの開催について

【6/29足助おいでんまつりの開催について】
足助おいでんまつりは、予定通り開催いたします。天気の急変などによっては予定を変更することもございますので、ご了承ください。必要な方は雨具をご持参ください。


2019.06.25

蛍ツアーのご案内~山の魚屋さん『まる八』より


6月上旬から、7月中旬まで、豊田市下平町(しもだいら)地区ほかではホタルが見られます。
暗闇の中を飛び交う姿はとても幻想的で、とてもロマンチックです。
初旬はゲンジボタルが、7月くらいからはヘイケボタル、ヒメボタルが見られます。
体の大きいゲンジボタルは光も強く、遠くからでもよくわかります。
またヘイケボタル、ヒメボタルは、光は弱いのですが群を作っているので、とてもきれいです。

「民宿まる八」では、今年もホタル観賞会を行います。
まる八でお食事をしていただいて、その後ホタルを見に出かけます。
ホタルの意外な生態からエピソードまでよく分かるエコガイド付きです。

【問合せ】(民宿まる八)0565-63-2811


2019.06.25

たんころりんの夕涼みは8/3~15日まで。お楽しみに(^^♪


「カナカナカナ・・・・」とヒグラシが鳴き、
通りのあちこちでゆうげの仕度の匂いが漂い始める夕暮れ時に灯される”たんころりん”。
ゆっくりと日が落ちて空が暗闇に染まる頃がとても綺麗に映えます。
”たんころりん”の和紙を通したひょうそくの炎の揺らめきが何ともいえない。
懐かしさと安らぎを見る者に与えてくれます。
※演奏スケジュールは調整中です。


2019.06.14

足助アートエリア鼎より、企画第3弾 記憶のモニュメント『石黒鏘二資料館』について


普段は閉館しております。見学希望の方は事前にお電話ください。
電話:名和090-5036-0007

  • 【日時】2019年4月14日(日)~7月21日(日)11:00~16:00
  • 【場所】足助アートエリア鼎:旧御内小学校跡 〒444-2411愛知県豊田市御内町滝沢1

2019.06.14

蔵の中ギャラリー「Sind インドからの風」6/15(土)~7/16(火)まで


インド各地の村々から集められた、手紡ぎ・手織りのシルクの布。その布に、インドの職人達と伝統的な手法の染色を施し、日本古来の『柿渋染め』を重ねて生まれる「sind」の布の表情は、いつ見ても新鮮な驚きと、ときめきを感じさせてくれます。
蔵の中のコレクションと共に、初夏のしつらえをお楽しみ下さい。
深見 寿美子・冨紗子
※マンリン書店 蔵の中ギャラリーからのハガキより引用しました※

【問合せ】マンリン書店 0565-62-0010 
木曜定休・水曜不定休

マンリン書店ホームページ
マンリン書店facebook


RSS
  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424