足助観光協会ブログ

2017.04.04

カタクリの状況~4月4日現在

登りの斜面は、早くから開花していたものの中には枯れているのが見えます。
下りの斜面は、遅く開花していますのでまだ元気に咲いています。
マルバコンロンソウと、あまり見たことがないピンク色のヤマルリソウを見つけました。~画像準備中~
また、足助屋敷は開館しておりますが、桧茶屋と、足助屋敷の売店は下水道工事のためお休みをいただいております(4月11日まで)。ご了承ください。



北側斜面の様子~遅くから咲いたので、まだ元気で見頃です。



南側斜面の様子~開花が早かったので、中には終わりのものが見られます。



花びらの中に、また花の模様があります。まるで桜の花びらのよう。
受粉をしてくれる虫たちを引き寄せるための模様なのでしょうか?


マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)
葉は奇数の羽状複葉で丸みがある。茎の上部に花を数個つけます。


ヤマルリソウ(山瑠璃草)
全体に毛が多い。ワスレナグサに似た花が次々と咲いていきます。
通常は淡い青紫色ですが、ピンク色を見つけました。


~カタクリ観賞に便利なもの~
手鏡をお持ちの方は、合わせ鏡で花弁の中を覗いてみてください。
とっても綺麗ですし、中身が良く見えます。お花にも触れることなく、便利です(^^♪

2017.04.02

カタクリの状況~4月2日現在

4月2日:日当たりの良い斜面では、一面がうす紫色の花で埋め尽くされ、訪れた方からも感嘆の声が聞こえました。ただ、一週間以上たつものもあり、花びらが開いてはいるけれど、カタクリ独特の反り返った形になっていないものもありました。
下りに入る、北側の斜面の方は、まだ咲き始めで生き生きしており、蕾もあります。
今日がピークとして、綺麗な時期が短いので、ご予定の方は早ければ早い方が良いです(^^♪


出口の方に、ニリンソウが咲いていました。


2017.03.28

カタクリの状況~3月28日現在

3月28日:今日は気温も上がり、陽当たりの良い斜面は一気に咲き出し開花が7割程に増えました。昨日までは空気もつめたかったので迷っていたカタクリ達も元気に咲き、とても賑やか。陽当たりの悪い所は咲き始めといった所です。










2017.03.25

かたくりの開花状況~3月25日現在

3月25日:日当たりのよい斜面では、3から4割が開花していました。
雨が降ると、散策路が滑りやすくなっておりますので十分お気を付けください。





飯盛山(いいもりやま)の全景です。車が止まっているのは西町第2駐車場です。
カタクリの斜面から三州足助屋敷方面に歩いていくと、香積寺に登る階段があります。
曹洞宗の古刹“香積寺(こうじゃくじ)”は香嵐渓の原点であり、その25世住職には書画に長け全国で作品展も開かれている「風外本高(ふうがいほんこう)」がおり、密かなパワースポットだといわれています。
また、三州足助屋敷では26日(日)に生業祭が行われ入館無料となっております。
香嵐渓に来られたなら、こちらにも行かないと損だと思いませんか?(^_-)-☆


2017.03.25

3/26(日)は三州足助屋敷の生業祭※入館料無料


カタクリ観賞にお越しのお客様も、歩いて3分ですので是非お立ち寄りください!


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424