足助観光協会ブログ

2017.02.08

いよいよ11日~♪足助の家々でおひなさんの準備が進んでおります

いよいよ、おひなさん初日が近づき、町の各所で準備風景が見られるようになりました。
ファンも多い、ペン画家の柄澤照文氏の展示場所が、西町から田町(中馬館まえ)に変わり、準備をされていました。なかでも会場いっぱいに広がる足助祭の屏風は圧巻!中に入って良く見ると、足助の町や祭りの様子の細かい描写がとても面白いですよ。





観光協会の御殿びなも今日から作り始めました。
バラバラの木の台を組むのは、パズルのよう…
でも、昔の技はすごいですね、凹凸がしっかりとはまり安定しています。
御殿の組立ては、まるで大人のおままごとセット?ちょっと童心に帰って楽しいです。
でも壊れやすいので、慎重に慎重に。
約120の家庭やお店でも今頃、家族総出で準備をされている事と思います。
毎年、楽しみに見にきてくださる皆さんを思って。ぜひ見にきてくださいね!



この小さくて可愛らしいおひな様。
昭和18年の初節句、戦時中に父親がお米と引き換えに手に入れてくださったそう。
子を思う親御さんの強い気持ちが伝わってきます・・・



1月31日と2月1日、観光協会にてAT21倶楽部とボランティアガイドによる、餅花づくりを行いました。
ピンク、緑、黄色に染めたお餅と白色のお餅をレンジで少し温めて柔らかくし、手に油を付けて足助の山で取ってきたねじ木や柳の木に綺麗なお餅の花が咲きました。


2017.02.07

中馬なごやか市 2月19日(日)9:00~14:00まで開催!


会場でこのチラシを見せて、手形をもらえば、お得にお買い物ができます
※11:00~正午まで


ファイルイメージ

PDFはこちら


今回は“中馬のおひなさん”イベント期間中の開催です。
スタンプラリーもあり、大変にぎやかになっています。
また、いつもは正午までですが、今回は特別に14時まで延長し開催します。
さらに、ご来場の方へのお汁粉の振る舞いも!
まだまだ寒い日もありますが、町の雰囲気と色々なお得なおもてなしがあります。足助にあったまりに来てくださいね。


2017.02.03

足助の和菓子店、「加東家」さんが住警器をモチーフに『ジューケーキ』を制作しました!


平成28年12月末に新潟県糸魚川市で発生した大火や、豊田市火災予防条例により住宅用火災警報器の設置義務化から10年を迎えたことをきっかけに、住宅密集地域である我が町を火災から守ろうと、足助地区の消防団員が住宅用火災警報器(略して住警器・じゅうけいき)をモチーフにしたカップケーキ「ジューケーキ」を開発しました。

足助の町並みは、安永4(1775)年に発生した大火により多くの人家や商家が類焼しています。

現存する旧家はこの大火の後に建てられたもので、
平成23年には愛知県初の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

現在も、香嵐渓と共に地元住民の手で美しい景観が守られている町並みの所々には、
大火の影響を感じるられるものが今も残っています。

まずは、町並みの入口前にある(以前は本町地蔵堂にあったもの)常夜灯の「秋葉山(あきばさん)」の文字に注目!
大火の約25年後に、火災防止の神として知られる秋葉山大権現を信仰する
秋葉講の人々が寛政7(1799)年に建立したものです。

足助商工会の屋根下にある波の模様も、安永の大火を教訓に
水で火を防ぎ二度と火事を起こさないという願いが現れているそうです。

そんな火災予防の歴史の残る足助の和菓子屋さんがつくった「ジューケーキ」。
住警器(住宅用火災警報器)をモチーフとしてつくられました。
お菓子でおかしく(たのしく)火災予防を呼びかけます。

気になるお味は、ホワイトチョコレートの甘さがほどよく、
ふわふわでとってもおいしいです!

2月11日(土)音楽隊40周年記念コンサート限定販売ですので、
この機会にぜひご購入くださいね。※価格は1個 140円(税込み)

足助の和洋菓子屋「加東家」3代目の加東泰幸氏は、現在、消防団の分団長として地域の防火・防災活動に取り組んでおり、このコンサートを盛り上げようと、このお菓子を制作されました。


足助の町並み入り口の常夜灯


足助商工会の軒下



2017.01.18

足助から2作品が受賞!第28回とよたビデオコンテスト


ご覧ください!
豊田市文化振興財団主催の第28回とよたビデオコンテストにて、
足助町の萩野小学校6年生足助中学校3年B組の皆さんの
作品が同時受賞されました。
このコンテストには豊田市内に限らず、全国から作品が応募されてくるそうです。
本当におめでとうございます!
観光協会は、足助の児童、生徒の皆さんが日頃から、先生方と地元について良く勉強され、
真剣に足助の将来について考えていらっしゃることに敬意を表し、こらからも応援していきます。
そして、大人達も負けずに頑張ろうと思います。


萩野小学校の作品はすでにYouTubeでご覧いただけます。
検索時に、「来てみりん、あすけ」や「来てみりん、ASK」といれればすぐ出てきますよ。

ちなみに歌や振り付けは全て自分たちで考えたそうです。
面白くて、思わず何回も見てしまいます!みんなで見て応援しましょう。
※足助中学校の皆さんの作品の公表については確認でき次第、情報を流します。


2017.01.11

あったか~い、足助村の「やいやい鍋(しし鍋)」が始まりました!


なぜ、猪鍋のことを「やいやい鍋」というのだろう、と不思議に思った方もいるのではないでしょうか?
「やいやい」とは、地元の人が驚いたり感動した時に使う言葉であるという理由から、この名前が付けられたそうです。
バンガロー貸し切りなので他に気を使うこともなく、囲炉裏の上には鉄鍋で煮えるあったかい
しし鍋をいただけます。
なんだか昔話の中の世界に入り込んだような、とっても良い雰囲気ですよ(^^♪
※駐車場は、香嵐渓の川見駐車場をご利用いただけます。

・営業期間:平成29年1月7日(土)~3月20日(月)※木曜休み
・申込み・問合せ:三州足助屋敷 0565-62-1188


RSS
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424