★受付終了しました★第4回ご朱印めぐり企画『足助の町並み伝建選定10周年記念 ご朱印めぐり』令和3年6月20日(日)開催

平成23年に足助の町並みが県内初の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され6月20日で10周年を迎えます。それを記念し、ご予約いただいた100名様に足助の中馬街道(古い町並み)に点在するパワースポット8ケ所の限定御朱印を集めて歩いていただくものです。

★6月1日午後1時をもって、受付終了となりました★
たくさんのお申し込みいただき、誠にありがとうございました(^^)/



内 容


足助八幡宮にある受付で名札と地図を受け取り、8枚のご朱印を歩いて集め、最終のお釜稲荷社で“KORANKEI FOR THE FUTUREピンバッチ”と“香嵐渓と町並みタオル”をもらいます。途中、柄澤照文ギャラリーで“元気が出る絵はがき”を受け取り、好きな時に足助の商品券を使ってお食事やお茶など休憩を取りながら、足助の町並み散策を楽しめます。


日 時

令和3年6月20日(日)午前10時~午後3時
※受付は午前9時30分~10時30分までに足助八幡宮境内まで
※雨天決行 

参加費

2,500円/人
(8か所のご朱印、柄澤照文氏の元気が出る絵はがき1枚、500円分の足助で使える商品券、完歩賞としてピンバッチ、タオルを進呈)

※市営駐車場は別途、有料500円 
※ご朱印の記帳はせず、別紙でお渡し

対 象

子どもから大人まで 
※お付き添いは自由です ※ペット同伴は不可

申込み・問合せについて

定員に達しましたので、受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込み、本当にありがとうございました(^^)/

問合せ:豊田市足助観光協会
電話:0565-62-1272
FAX:0565-62-0424

ご確認ください

※あらかじめ用意された別紙のご朱印です。
一部の社寺では、お持ちのご朱印帳に書くことも出来ますが、別途料金がかかります。
当日に各社寺にお伺いください。
※参加するには事前の予約が必要です。
※お連れ様やお子さんが一緒に歩かれることは自由です。
※性別や年齢制限はございません。
※ペット同伴は不可
※駐車場は宮町駐車場または足助支所駐車場が近くて便利です。(別途料金500円)

8+1のパワースポット(御朱印スポット8か所と元気スポット1か所)


御朱印スポット その①
■足助八幡宮:足を助ける足腰の守り神。
※受付の場所は、こちらです。



御朱印スポット その②
■足助神社:弓矢に長けた武将、足助次郎重範を祀る神社。武運の神様。



 御朱印スポット その③
■香積寺(飯盛山香積寺)こうじゃくじ:足助氏の居館跡に創建された曹洞宗の古刹。
香嵐渓のもみじの発祥地。



 御朱印スポット その④
■馬頭観音:動物の無病息災・旅の安全・午年の人には特に良しとされる。



御朱印スポット その⑤
■普光寺:“おびんずるさん”が祀られる。痛いところを治してくださる。



御朱印スポット その⑥
■本町地蔵堂:子供の無病息災




御朱印スポット その⑦
■慶安寺:立派な弥勒菩薩の石像がある。奈良町時代の須恵器が出土した遺跡としても知られる。



元気スポット その①
★柄澤照文ギャラリー(吉田邸):ここで“元気のでる和紙絵”をいただきます。
ご本人もいらっしゃいますよ(^_-)-☆



御朱印スポット その⑧
■お釜稲荷(足助山稲荷大社):商売繫盛・ご飯に困らない



新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3つの密の防止、マスクの着用等基本的な感染防止対策を行います。


旧・田口邸:江戸末期以前に建てられた、築200年の平入り型商家です。
江戸~明治の中頃までは製茶業、大正の中頃からガソリンスタンドを始めた。当時使用させた看板や地下タンクのマンホールが現在も残る。



同時開催:本町旧田口家では「THE・民具ショー」や文化財課職員による町並みの解説や展示が行われます。
この日より、旧田口家の公開が定期的に行われます。


  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram
  • 足助観光協会YouTube

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ