第24回(2022年)中馬のおひなさん in足助 " Chuma no Ohinasan in Asuke 2022"

「足助観光協会」「本町区民館(土びな会場)」「足助中馬館」を拠点として、街道沿いの家々に、衣装びなや土びななどが展示されます。公営駐車場や協力店舗に置いてある『おひなさんマップ』を見ながら、おひなさん巡りを楽しんでいただく足助に春を呼ぶイベントです。

住所 足助重伝建の町並み一帯と香嵐渓
日にち 令和4年2月11日(金祝)~3月13日(日)Feb.11th fri.- Mar.13th.sun. 2022
時間 午前10時から午後4時(お店、一般家庭の事情によって時間が違いますので、ご了承下さい)10:00~16:00
開催場所 足助重伝建の町並み一帯と香嵐渓 Venue/The Asuke Important Preservation District for Groups of Historic
料金 有料駐車場あり。

第24回(2022)中馬のおひなさんポスター
※絵:からさわてるふみ氏 ※観光協会と旧田口家で200円で販売

『私は誰でしょう??』クイズ
今年のポスターの中には、土人形と一緒に有名な武将が隠れています。
ちなみに・・・中央には、夫婦とその子どもたち、周りを囲むのは主君を守った名だたる武将たちです。
歴史好きな皆さんは、もう分かりますね??
おひなさん開催期間中、誰だか当てた人には観光協会と旧田口家にプレゼントがもらえます(^^♪
※一番上の段の黄色い背景に立っている人物の中で、一人以上当ててください。


中馬のおひなさんとは...? 

足助の古い町並みに並ぶ民家や商家に古くから伝わるおひなさんや土びな(土人形)を玄関先や店内に華やかに飾り、道行く人々に町並み散策を楽しんでいただこうと始まった足助の大きなイベントのひとつです。

平成11年から地域活性化を目的に地元住民が一丸となって行っており、令和2年で22回目となります。

~中馬とは何ぞや?~

中馬と書いて『ちゅうま』と呼びます。
江戸時代に、信州の馬稼ぎ人たちが作った同業者の組合のことで「賃馬(ちんま・ちんば)」、「中継馬」が語源と言われていますが、一般には、伊那街道(飯田街道)で物資の運搬に従事した全ての人々のことを指しています。
この中馬と呼ばれる人たちが行き来したことから街道は別名『中馬街道』とも呼ばれています。
そのため、街道の中継地点だった足助は、三河湾からの塩、信州からの米やたばこなどの山の産物が集まる交易都市として栄えました。


第24回(2022年)中馬のおひなさんin足助パンフレット※準備中【Event leaflet・・・in preparation now】


おひなさんマップ表面(地図)※準備中 ↓以下は昨年のマップです



イベント期間中の車両規制について


展示区域について歩行者の安全確保のため、イベント期間中の日曜に一部車両規制を行います。
地区住民や関係者以外の車両の通行はご遠慮いただいております。
警備員の指示に従ってくださいますようお願いします(^_-)-☆

【日時】令和3年2月13日(日)・20日(日)・27日(日)・3月6日(日)・13日(日)
10:00~16:00まで

≪ご来場の際のお願い≫

「中馬のおひなさんin足助」は、引き続き、新型コロナウイルス感染拡大予防を行った上で開催いたします。
密を避けるため、屋内展示会場では入場制限を行う場合もございます。

ご来場の際は、マスクの着用など感染防止対策を行っていただくとともに、各店舗などが実施する感染防止対策へのご理解ご協力をお願いします。
事前の体温測定を行っていただき、発熱や体調不良がある場合はご来場を控えていただきますようお願いします。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。

イベント内容について


お子さまとやお孫さんと、またお友達、家族とみんなで「今年はがんどうに行ってみようか?」「もち花を作ってみようか?」「着物を着て歩いてみよう!」など、町歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか(^_-)-☆
足助で素敵な思い出を作っていってくださいね♪
※イベント詳細は、下記「催事」をご覧ください。


【がんどう】
日 時:令和4年2月11日(金祝)
対 象:小学生以下(各店先着100名まで)
内 容:この地方に古くから伝わるおひなさんの行事です。こどもたちがおひなさんの日に「おひなんさん見せて」と言って家を回ると下記のお店にてお菓子などがもらえます。
協力店:風外、両口屋、加東家、川村屋

“Gandou”Feb.11th feb. 2022
It is a traditional event giving confections to children of elementary schoolchildren and younger. 
Please say “Show me OHINA-SAN!” ※Up to 100 children for each shops.


がんどう


【新田町のがんどう】
日 時:令和4年2月13日(日)、20日(日)、27日(日)、3月6日(日)午前10時~
対 象:小学生以下(各日先着50名まで)
内 容:新田町の『田町区民館』で引換券をもらい、『スズマン本舗』でお菓子と引き換えます。
※引換券は当日のみ有効となります。

“Gandou at Shintamachi” Feb.13,20,27,Mar.6 Sun.10a.m.~
  Get a ticket at first at Tamachi Kumin-kan, and go "Suzuman honpo" to get confections!
  ※For children of elementary schoolchildren and younger. ※Up to 50 children for each days.


【土びなの絵付け実演と体験】
コロナウイルス対策として、絵付け体験では入場制限を行います。
また、体験をされる皆さまには、受付で住所・氏名・ご連絡先のご記入にご協力をお願いしますm(__)m

日にち:令和4年2月19日(土)20日(日)・26日(土)・27日(日)・3月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)
実演時間:10:00~16:00※時間中随時
体験時間:10:00~15:00※予約不要、受付は14時30分まで
料 金: 1体 500円 
場 所:旧田口家(本町区民館すぐ近く)
内 容:三河大浜土人形作家・禰宜田氏による実演を見ながら、動物の型にアクリル絵の具で色付けします。
未就学児のお子様には保護者の同伴が必要です。体験時間は30分~1時間ほどです。
※絵付けする人形は、おひな様ではなく動物などの形から選んでいただきます。

Demonstrations of decorating clay dalls by Mr.Negita who is a clay doll artist.
・Date: Feb.19,20,26,27,Mar.5,6,12,13 sat. and sun.
・Time: 10a.m. ~4p.m. /Place: Former Mr.Taguchi’s house
Experience of drawing a small clay doll by tube colors.
・Same date. Time:10:00~3p.m./ Same place 500yen per doll/ No need of reservation

絵付け体験の受付は午後2時30分で終了いたします。ご了承ください。
【Notice】The entry of drawing clay doll finish at 2:30p.m.


絵付け実演

【中馬のおひなさんスタンプラリー】 ※主催:中央商店街
日 時:期間中毎日
内 容:足助商店街スタンプラリー参加店で、買って、食べて、
スタンプを集めると、平日は30名、土日は50名にオリジナルピンバッジをプレゼント。※先着順です、お早めに!!
台紙配布場所:スタンプラリー参加店と各市営駐車場、中央駐車場。
景品交換所は、中央駐車場のみ。
問合せ:足助商工会 電話(0565)62-0480≪平日のみ≫
“Stamp Rally” Get 3 stamps at participating shops to get original pin badge.
※Weekday:up to 30 people, Weekend:up to 50 people.


ピンバッチ

※オリジナルピンバッジのイメージ画像です。
足助の町並みが重伝建に選定されて10周年を記念したピンバッチです(^^♪


【よさこい演舞】
17代目晴地舞による、よさこい演舞
日 時:令和4年2月26日(土)※雨天時は2月27日(日)に変更
 第1部 13:00~    第2部 14:00~   
場 所:陣屋跡広場(豊田信用金庫足助支店うしろ)
「香嵐渓の春の新緑~秋の紅葉までを表現しました。
わたしたちが全身全霊で踊ります。パワーあふれる演舞をご覧ください。」


※町並みでのパレードは行いません。
足助陣屋跡広場にお越しください


晴地舞の演舞


【第4回 足助検定】≪予約は不要≫
日 時:令和3年2月26日(土)、27日(日) 10時~15時 ※受付は13時まで
受付場所:足助商工会
受検料 :100円

足助に関する“なぜ?なに?”のクイズを解きながら楽しく町歩き!
各町の案内所のスタッフに聞くとヒントがもらえるかも⁉
参加者には記念品をプレゼント^^


【重要文化財 旧鈴木家住宅の特別公開】
《事前申し込みが必要》
国の重要文化財旧鈴木家住宅の保存修理現場を特別公開します!
各回1組限定(4名程度)、保存修理工事の最前線の様子をご案内!
解説を聞きながら、重要文化財の修理現場をこれまで以上に間近でご覧いただけます♪
公開期間中、町並みでは中馬のおひなさんが開催されています(^_-)-☆
歴史あるおひなさんを見ながら町並み散策の際、是非旧鈴木家住宅にもお立ち寄りください。
(注:旧鈴木家住宅ではおひなさんの展示はありません。)
参加ご希望の方は、下記詳細をご覧の上メールにてご応募ください。
2月6日(日)締切、抽選結果は2月10日(木)までにメールでお知らせします。
東海地方随一の規模を誇る町家建築、重要文化財の保存修理の様子をぜひご覧ください!
お申込みお待ちしております!!


===特別公開応募方法===
〇日時:2022年2月14日(月)、21日(月)、28日(月)、3月7日(月)
各日2回①10:00~②15:00~(各回30分~1時間程度)
〇場所:旧鈴木家住宅(豊田市足助町本町20)
〇定員:各回1組限定(4名程度)抽選
〇内容:通常公開しない修理工事中の現場見学と解説。
〇参加費:無料
〇申込方法:必要事項を明記しメールにて申込み。
(1)申込期限:2月6日(日)まで
(2)必要事項:①代表者氏名、②住所、③連絡のとれる電話番号、④申込人数
⑤希望回(複数回の申込み可、ただし当選は1回まで)
(3)申込み先:豊田市文化財課足助分室
bunkazai-asukebunshitsu@city.toyota.aichi.jp
※抽選結果は2月10日(木)までにメールで返信します。

〇その他:
・新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、三密の回避、マスク着用、検温、消毒等の対策にご協力いただきます。
・現地には駐車場がありません。香嵐渓および周辺の有料駐車場をご利用ください。
・稼働している工事現場のため、安全の確保、作業の妨げとならないよう係員の指示に従って見学してください。
・動きやすい服装、靴でお越しください。工事現場のため、現場で用意するヘルメットの着用が必要となります。
・ヒールの高い靴など、安全が確保できないと判断される場合は、見学をお断りする場合があります。
・大きな荷物の持ち込みや、見学中の飲食はご遠慮ください。
・万が一事故等が生じた場合、市及び現場関係者は一切の責任を負いませんので、ご注意ください。
・当日の天気等により、やむを得ず開催を中止する場合があります。

3.問合せ先:豊田市生涯活躍部文化財課足助分室
(平日8:30~17:15)
電話:0565-62-0609(直通)
メール:bunkazai-asukebunshitsu@city.toyota.aichi.jp



過去の展示の様子


展示(藤屋)


土びな会場(本町区民館)



禰宜田氏による絵付け実演

個性いっぱいのおひなさん達(^◇^)

これはほんの一例です。見たことのないようなおひなさん達がお待ちしております。
あなたのお気に入りを見つけていってください!!


丸くて小さくて、可愛らしい木目込みのおひなさん。


市松人形の大きさにびっくり。
現代では着たまま売られていますが、昔は裸に産着を着たものを買ってきて、着せ替え人形として遊んだようです。


おひなマップに載っている土びなを発見!


2階を見上げると・・・こんな所に?!


いらっしゃいませをしたおひな様


竹で作られたおひな様


福助さんの後ろには、高砂~縁起物の土人形です


  • for foreigner
  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook
  • 足助観光協会Instagram
  • 足助観光協会YouTube

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ