平成29年 足健康祭(足まつり)

『足を助ける』とかいて『あすけ』。
南北朝時代(14世紀)に記された、『足助八幡宮縁起』には病気平癒の霊験訳があり、その中に足腰の治癒に関する事も記されています。
例えば、足を痛めた佐渡島の旅人を社人が手当てをしているところに八幡大神が出現し、数珠にカラスの羽を添えて患部をなでると、たちまち足が治り立つことが出来たとあります。
足助八幡宮は創建以来武運長久・家内安全・病気平癒のみならず、足腰の健康・災難除け・交通安全などの御神徳顕著なる神社として篤く信仰されていました。
その八幡宮で、神事『除災足まつり神事』を行います。

住所 足助八幡宮 豊田市足助町宮ノ後12番地
TEL 0565-62-0516
FAX 0565-62-0516
日にち 平成29年3月19日(日)

藁(わら)で編んだ大ぞうり神輿が初登場!
力自慢の足助高校の生徒さんが担いで、足助中学校の生徒さんも行列に加わり、掛け声をかけながら足助の町中を練り歩きます。
豊田森林組合を8時半に出発し、足助の町並みを通って9時半ころには足助八幡宮に到着します。
皆さん、応援お願いします!!


昇殿参拝の様子(一般参加可)
※3月19日(日)午前11時より


十種競技でリオデジャネイロ五輪に出場した中村明彦選手(スズキ浜松アスリートクラブ所属)や、トヨタ自動車ヴェルブリッツのラグビー選手も来場し、足腰の健康と今後の活躍を祈願します。
足のスポーツで頑張っている皆さん、この機会をお見逃しなく!!


拝殿に上がり、草履祓・足踏・お守授与を希望される方が足を置きます。
黒く描いてあるのは、伝説に出てくるカラスの羽だそうです。
昇殿参拝の料金は大人1名 1,000円 (お守り付)中学生以下無料(お祓いのみ)



これは“ぞうり竹”です。
よく見ると、てっぺんに藁草履が縄で結んであるのがわかります。
足助重伝建の町並み各所にすでに設置する予定です。
ここに願い事を書いた布を結びとめると、この“ぞうり竹”と一緒に八幡宮に奉納されます。
“願い布”とサインペンをご用意いたしますので、この竹を見つけたら一般のお客様もぜひご参加ください。
(設置期間は3月18日(土)まで)
足助八幡宮でもご用意いたしますので、社務所にお申し付けください。
ぞうり竹奉納は3月19日(日)の午前9時半より


“願い布”です。ここに願い事を書いて結びつけます。


  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ