黍生城(きびゅうじょう)

平安末期、標高374メートルの山頂に、尾張国の山田重長が築いた山城です。
足助に居住後、足助氏を称し、以後、足助氏がこの地を治めるようになりました。
重長は足助氏の始祖とされています。

住所 豊田市近岡町字西キビウ

このページを印刷する

  • 足助観光協会ブログ
  • 観光パンフレット
  • 交通案内 アクセス情報
  • 三州足助観光ボランティアガイド
  • 足助フォトギャラリー
  • 足助のみどころ香嵐渓
  • 足助のみどころ重伝建
  • 足助観光協会について
  • 足助観光協会会員一覧
  • 足助観光協会会員向けページ
  • 足助観光協会Facebook

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1

電話:0565-62-1272(木曜定休)

fax:0565-62-0424

ページ上部へ